2013年04月05日

今年も変わらぬタイガース

いつの間にやら新年度を迎えまして、私も新しい無職生活を送っております。
もはやなんのフレッシュさもありませんな。

プロ野球も開幕しましたね。
我がタイガースはここまで6試合で被完封率5割という、前評判を大きく覆す体たらくぶり。
しかも「全試合出る!」とか豪語していた西岡某は5試合目ですでに腰をいわしてスタメン落ちとか笑わせます。
今年はやるだろうと期待させた4番新井良太は得点圏に滅法弱い去年までの弱点が何も克服されておらず、オープン戦で成長を見せつけた伊藤隼太は出番なく二軍落ち。
相変わらずチーム作りの迷走ぶりはお家芸ですな。

メンバー的に打線はこのまま低調だとは思いませんが、優勝は今年もないでしょう。
和田政権も今年までか…。
星野さ〜ん、帰って来て〜。
posted by Kei at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

さらばブラゼル

今シーズン、あまりプロ野球に関して色々書くことはしませんでした。
調子が悪くて書く気が起きなかったというのもあるのですが、なんかタイガース自体に魅力がなくなってきたというか…。

今期のストーブリーグでもなんか色々やらかしそうですねぇ。
西岡と福留のダブル獲得を狙っているとか、正気とは思えません。
それより鳥谷の慰留に全力を尽くすのが本道だと思うんですが。
あと、捕手育成のプランをさっさと推進しろと。
そもそもGMに中村さんを起用した時点で暗黒臭がプンプン。
本当にファンの心理が分からない球団です、今も昔も。

ファンの心理が分からないと言えば、和田監督もちょっと期待外れでしたね。
ブラゼルをレフトに挑戦させたり、誰が見ても成長が期待できた大和を使わなかったり、明らかに身体が悪い新井兄を使い続けたり。
やはり和田さんはバッティングコーチが似合う。

で、かなり前から分かっていたことですが、ブラゼルとの契約を結ばない旨、本日発表されました。
惜しい…。
惜しすぎる。
仮にも今シーズンのチーム本塁打王ですよ。
出場試合数も少ないのに。
恐らくは来シーズン、どこかの球団が契約するでしょうが、多分、現オリックスのバルディリスみたいに活躍するんでしょうな。
いや、活躍して欲しい。
そうして頭の悪い阪神首脳を見返してやりましょう。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

ただ、音が聞こえる

大好きな野球観戦なんですが、今年も多チャンネル環境がないので、阪神戦はラジオで聴取しています。

まるで山田太郎のお父さんですな…。

それはさて置き。
ラジオの場合、当然ながらリアルタイムで試合の状況を把握できるわけではなく、実況アナウンサーの言葉を待たねば理解できません。
この辺りのタイムラグ、少々イライラしますな。
球場が湧いているのが分かっても、その理由が分からない。

唯一分かるのが打球音。
これの強弱で、打球の勢いだけは想像がつきます。
ゴロかフライかは分かりませんけども。

先程、新井選手がホームランを打ったんですが、その際の打球音はさすがに大きく響きましたよ。
ただ、これも甲子園、しかも阪神のチャンスともなると大声援にかき消されてなかなか聞き取ることも難しくなります。

はあ〜。
やっぱりスポーツは映像で観たいですなぁ。
もっと贅沢言えば生なんでしょうけれど。
posted by Kei at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

さらば高濱

1月の書き込みでこんなことを書いていたのですが。

奇しくも予想通り、小林投手の人的補償で、期待の若手がロッテへ移籍することに。
まぁ、なんとなく分かってましたけどね。

この件に関しては、阪神ファンの間でもフロントに対して非難囂々なのですが、私はこれはしょうがないかと。
常勝を期待され続ける球団として、実績のある即戦力獲得に走りがちなのは致し方のない部分。
本来は、若手をじっくり育てたくても、周りがそれを許さない空気がありますからね。

まぁ、高濱選手に関しては、いくらドラ1だったとしても、ここ数年はケガで鳴かず飛ばず。
今春のキャンプも二軍スタートで、ここ半月ほどで急にブレイクしただけ、ともなればプロテクトされていなかったことの方が自然です。
ましてや一軍の内野陣には、新井、鳥谷、平野といった不動のレギュラーが居並ぶわけで、これはかえってロッテに行った方が出場機会に恵まれて本人の為には良いのでは、とか思ったりも。
赤松だって、広島に行ったからあそこまで活躍できているのでしょうし。

まぁしかし。
タイガースももう少し自前で選手を育てることに重点を置いた方がよろしいのはよろしいでしょうなぁ。
ファンも含めて。

阪神ファンって、勝たなきゃ勝たないで文句垂れますからね。。。
posted by Kei at 12:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

また補強?

なんか知らぬ間に、小林のタイガース入団が決まってますね。

ここ近年のタイガースはやたらと外部から選手を引っ張ってますが、これに関しては色々とファンも意見があろうかと思います。
私個人の見解としては、「必要な補強をすることに対しては全く異論は無い」というスタンスなのですが、かといって何でもかんでもってのも節操がない気はしますな。
ちなみに昨年から今年については、小林に関してはまぁ賛成半分反対半分ってところですが、「藤井はないよなぁ」というのが正直なところ。
人気球団故に資金も潤沢なのでしょうから、外野が文句を言う筋合いはありませんけどね。

しかしなんかこう、“なりふり構わなさ”が際だっている気もしないでもない昨今ってな感じですな。

一番怖いのはアレですよ。
ロッテが人的補償を求めて、将来が期待される若手選手が流出ってなことになると、ファンとしては寂しいですねぇ。

それより元日ハムの坪井。
オリックス入り決定ですか。
いや〜、良かった良かった。
坪井、好きなんですよね。
posted by Kei at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

夏の終焉

いよいよ本格的に夏も終わりましたな。
と同時に、我が阪神タイガースのペナントレースもほぼ終わったわけですけども。

いやいやいや、ここのところの勝負弱さが実にタイガースらしい。
絶対にトップにはなりきれないチームという真骨頂でございます。
「ここを乗り切れば」「ここで勝っておけば」というところで、ことごとく転けるのが阪神ですなぁ。

この結果はね。
分かってたんですよ。

『新ダイナマイト打線』なんて持ち上げられていましたけれど、そりゃ夏場でバテた格落ちの投手を打ち込んだだけの話で、相手が一線級だとそうそう打てるもんじゃないでしょう。
ましてや投手の駒不足、外野守備力の弱さなどなど、いずれもドラゴンズの方が一枚も二枚も上手でした。

巷では散々言われていますが、私は素人なので、監督の采配批判などするつもりはありません。
チームとしてもう一つだった、ということでしょう。

さて来年は。
もっと若返りを進めて欲しいですな。
特に外野手。
藤川俊以外にもう一人ぐらい出て来ませんかね〜。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

中日?

日々、自分以外の事で忙殺されている毎日でして、なかなかブログまで手が回りません。
どうも今年は、ずっとこんな感じで終わりそうな気がしています。
ま、一生のうちに一年ぐらいはそんな年があっても良いのかも知れませんな。
つっても、私のこれまでの人生は回り道、立ち止まりの連続ですが。
いや、むしろ、着実に前進することが珍しかったりして。

さてさて。
そんな生活において数少ない楽しみの一つが、プロ野球なわけです。
嬉しいことに今のところ首位ですわ、阪神タイガース。
今のところは、ですけど。

プロ野球中継がお茶の間のブラウン管から消えて久しい昨今。
今夜は珍しく巨人vs阪神戦が地上波で放送してましたな。
現在、BSもCSも観られない私としては、久しぶりのプロ野球観戦にござったのですが、事前の予想通りタコ殴りになって負けしてしまいましたね〜。

ピッチャーいませんもんね〜、阪神。
出場選手登録されている投手で一線級と言えるのは、先発・中継ぎ・抑えも含めて5人ぐらいでしょうか。
外野の守備力でも一試合あたり2点ぐらいはハンデがありますから、そりゃもたないでしょうよ。

そうなるとやはり優勝候補は中日ですかね。
羨ましいですな〜、あの投手力は。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

一級品

オールスターでのイチローの活躍は見事でしたな。
ニュース映像で見ただけですが、打撃は無論のこと、やはり守備が素晴らしい。
新庄もそうでしたが、良い外野手の守備は、それだけでお金を払って見る価値があると思わせます。
ランナーがいる時にそこへ打球が飛ぶとワクワクしますもんね。

やはり外野手とはあああるべし。

ああ、羨ましい。
阪神の外野守備も、もうちょっとこう、どうにかしようがありそうなんですが…。

おじさんは期待しているよ、藤川俊。
来年は何としてもレギュラーを勝ち取ってくれ。
posted by Kei at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

とうとうきたか…

阪神ファンには寂しい日となりましたね、昨日は。
金本選手の連続試合フルイニング出場の記録が止まってしまいました。

今シーズン、色々な所で金本バッシングが続いていても、私はこのブログでは沈黙を貫いてきました。
正直、先の巨人戦での浅い犠牲フライへの守備なんかを見ていると、「もうダメかな」という感じはありましたし、狩野捕手の外野手へのコンバートも、桜井との競争と言うよりは、“左翼手として”の意味合いの方が大きいと思っていました。

多分、1500試合を達成したらスタメン落ちするんだろうな、と。
同時に、でもそれまでは、恐らく相当の犠牲を払ってでも出場し続けるはずだと信じていました。

記録も、あそこまでいくと、もはや個人だけの問題ではないですからね。
ぶっちゃけ、1500試合記念のセレモニーやグッズ(出版物やDVDなどソフトも含む)の準備は相当進んでいたはずですし、当然、それらには大勢の人が関わっているわけです。
使われたお金だって、少額ではない。
それが全部無に帰すんですから。

そういうことを考えると、巷の無責任なファンが言う様に「さっさと決断しろ」ってわけにはいかないでしょう。
責任感の強い金本選手ならなおさらだと思います。
とにもかくにも何とか1500試合までは、と歯を食いしばって出ていたのだろうと想像されます。
ですから、今回のスタメン落ち直訴に際しての心情は、推して余りある。

確かにプロ野球は勝負の世界です。
何より勝ち負けが優先されてしかるべき。
しかし、それだけで人々に感動や勇気が与えられるか、と言えば否でありましょう。
そこに個人の情念や愛、そういった何かが含まれていなければ。

その視点で言わせてもらいますと、昨今はネット上の阪神ファンにも随分失望させられます。
昨日までは「金本いらん」だったのに、今日は今日で「よくぞ決断した」「さすが兄貴」と持ち上げ、果ては真弓監督に対して「監督が決断しなくてどうする」ですよ。
私なら監督には「よくぞ今まで金本を守った」と感謝したいぐらいですが。

なんですかね。
一言で表現すると、「気まぐれで愛がない」。
とにかく勝てば上機嫌、負ければ不機嫌。
分かりやすいと言えば分かりやすいんですが、人間的にはあんたどうよ、って感じです。
まぁ、ネット上に限った話ですけどね。

いらぬことを書きました。
ともかく、寂しい出来事でした。
なんか最近、楽しい嬉しいニュースが少ないですな…。
posted by Kei at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

オープン戦開幕

いよいよ、我が阪神タイガースもオープン戦突入。
オープン戦とは言え、いよいよ対外試合が始まったわけでして、否が応でも気分が盛り上がろうというものです。

さてさて、今年のタイガース。
結構強いんじゃありませんこと?

何より、打線が昨年から比べるとぐっと期待できそうですな。
城島の加入も大きいですが、私の予想では、今年は新井が爆発しそうな予感。
これまで散々叩いてきた、心ないファンを見返してやりましょう。

問題は外野の守備力と走塁ですか。
まぁ、こればっかりは仕方ない。
先発陣も今年は良さそうだし、贅沢を言ってはいけません。

しかし、たった1年でチームもガラリと変わるもんですな。
プロ野球ってのは怖いですな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする