2017年07月14日

西陽の射す部屋

週間予報を見ると広島も雨マークがなくなり、どうも梅雨明けの気配濃厚でありますな。
早速今日は33度なんて気温を叩き出しまして、いよいよ夏も本番って感じです。
しかし毎度言っていますが。

私、夏は嫌いよ。

とにかく暑いのはほんとダメなんです。
しかも日本の夏はジメジメした空気が鬱陶しいわ、水周りにすぐカビは生えるわ、何かっていうと臭いがするわ、虫は湧くわでいいことなんてありゃしません。

春からすぐ秋になればいいのに。

これでも子どもの頃は嫌いじゃなかったんですよ、夏。
やっぱ夏休みって存在はデカイ。
プールだ海だ、スイカだ花火だ、と、そりゃもう小学生の頃の今時分なら楽しみで毎日ウキウキでしたね。
これが嫌いになったのは多分、中学生くらいからだと思う。

私が幼稚園に入ったと同時に、我が家はそれまでの県営団地から木造の一戸建てに引っ越しました。
最初は自分の部屋なんてありませんが、中学生になった時に2階の一部屋をあてがってもらったんです。
で、この部屋がもろに西向きでして。
当時の倉敷は(今もですが)とにかく田んぼばかりで高い建物なんてありゃしませんから、夕方になると西陽直撃。
秋から冬にかけては「わぁ、夕陽が綺麗!」で済む話でも、夏ともなれば本当にシャレにならない暑さです。
15時を過ぎると壁自体が熱を持って触ると熱かったですからね。
家自体が安普請だったってのもあるんですけど。

言うまでもなく、エアコンなんてないですよ。
あるのは扇風機だけで、後は窓から入ってくる自然風が頼り。
ところがさらに腹立つことに、この西陽の射す窓のすぐ外にエアコンの室外機があるんです。
何で我が家で唯一無二のエアコンの室外機が、よりにもよって家で最も暑いスポットに設置されているんだ?
太陽に熱せられた屋根瓦を通ってくる風に、室外機の熱風がプラスされ、そこはもうタクラマカン砂漠。

よくそんな部屋で高校卒業まで6年間も我慢したな。
さすがにぐうたらな俺も夏にあの部屋で昼寝はできんかったもんな。
40を超えた今ならマジで命に関わるところだ。

で、多分ですけど、その時の嫌な思いが心に深く刻まれて、夏が嫌いなんだと思います。
夏なんかどっかいけ。
悲しくなるから。
posted by Kei at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

徒歩と自転車

昨日、一緒に島に行く友人から連絡があって、なにやら体調が優れないとのこと。
そんなわけで今週末の島歩きは微妙な情勢になってまいりました。
まぁ病気なら仕方ありません。

それでも腹に溜まった脂肪を燃やすために今朝もせっせと歩く私。
なんか、梅雨入りしたとか言いながら今朝も快晴ですぜ。
やっちまったか、気象庁?

今日は1時間ほど歩きました。
だいたい6キロですかね。
もうちょっと長いか。
しかし、こうして毎日の様に1時間も歩けるのは無職の特権ですな。
働いていたらこうはいかないものなぁ。

そう考えると、子どもの頃は自然と歩いてましたね。
小学生の頃は最低でも学校への往復で毎日3キロ。
休み時間や帰宅後は走り回って遊んでましたから、それだけでかなりの運動量ですよ。
中学に上がると自転車通学でしたが、私は一年生の一学期の途中で自転車を盗まれてしまったので、それ以降はずっと往復5キロを歩いて通っていました。
せっかく買ってもらった自転車の管理が甘かったことに対するみそぎの意味で。
子供心にも、親に「もう一回買って!」とは言えませんでしたからね。

そう言えば、確か二年生の時に担任の先生に「Keiちゃん(本当にそう呼ばれていた)は本来自転車通学なのに歩いて通ってんだぞ!」みたいなことをクラス中に大々的に発表されたことがありまして。
今になって考えてみると、事情を知らないクラスメイトの中には「わ!こいつ、ひょっとしたら貧乏でチャリ買ってもらえなかったんじゃねーか?」と思ったヤツもいたと思う。
絶対に。
さすがに「こいつ、実はチャリ乗れねーんだろ」とは思われてないと信じたいが。
断言はできんよな。

うひょ〜、悲しいね〜。

自転車と言えば、高校生になった時に改めて買ってもらった自転車も、さっそく一年生の二学期に車に跳ね飛ばされて一瞬にしてスクラップにしてしまいました。
こんなんばっかりやん…。

高校までは10キロ近くあったので、さすがに歩くわけにはいかず新しいのを買ってもらいましたが、今と違って当時は自転車も高かったですからねぇ。
すまん、母ちゃん。

考えたら、私って自転車に対して色々とついてないんですよ。
これまでで合計4台も盗まれてますし。
「お前みたいな者は自分の足で歩け」って神に言われているんでしょうか。
posted by Kei at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

O君、それはないわ〜。

結局、鼻の方は翌朝には何もなかったかの様にスッキリとしていました。
やはりペットショップでダニなどのダストを吸ったに違いない。

まぁ鼻が治ったと言っても別にすることもなく、Huluで海外ドラマなどをダラダラ観る毎日です。
最近はHuluも観たい作品のラインナップが少ないのではまり込むこともありませんが。
韓国ドラマなんて要らん。

しかしネットで観たい作品が観たい時に観られるなんて便利な世の中ですねぇ。
私なんて、レンタルビデオがようやく普及し始めたのが中学を卒業しようかという頃ですから。

それで思い出した話があります。
続きを読む
posted by Kei at 03:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

刑事達の思い出

先日、CDショップの前を通ったらワゴンセールの中に『太陽にほえろ!』のサントラが混じっていました。
懐かしいですね〜、『太陽にほえろ!』。

私は子どもの頃から刑事ドラマが大好きで、小学校に上がる前から『太陽にほえろ!』は観ていました。
小学生時代は他に『Gメン’75』とか『西部警察』とか。
特に『太陽にほえろ!』は、私の地域では平日午後4時から毎日再放送があったので、金曜午後8時のレギュラー放送と合わせて週に3〜4本は観ていた感じですかね。

『太陽にほえろ!』の舞台となる七曲署捜査一係は、日本一殉職率の高い部署でして、若手の刑事が入っては死に入っては死に、というのが一種のパターンとなっていました。
続きを読む
posted by Kei at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

ごめんねO君

今日は買い物があったので、久しぶりに岡山の市街に出てみましたが、都会はやはり暑いですな。
家の周りは、夕方にはそろそろ涼しさも感じ始めつつあるのですがね。

で、目的のモノを探している間、たまたま模型コーナーがあったので覗いてみました。
男ならば子どもの頃には誰しもが作ったことのあるプラモデル。
特に私の世代は『ガンダム』のプラモデルが空前のブームでしたし。
私の場合はミリタリーものが多かったですが、特に中学生の時には、仲間内で漫画『エリア88』が流行っていたこともあり、戦闘機のプラモにはまっていました。
1/72シリーズのヤツ。
今もあんまり値段変わらないですね。

まぁそれはさておき。
その仲間の中に、O君と言う、ちょっと変わった子がいまして。
彼は当時の子どもとしては金持ちだった割に、他人には妙にケチ臭いところがあって、ある日彼の家に集まった時に、中の一人の「喉が渇いたな〜。なんか飲ませてくれよ。」との頼みに対して「外の鶏小屋の横に蛇口があるよ。」と言い放ったことが。
あの時の、その場を一瞬にして支配した凍り付く様な殺気は今でも忘れられません。
また、一度彼が怒ったのを見たことがあるのですが、その時の彼は「うががが。うががが。俺は怒ったぞ!」と唸りながら、一万円札を数枚握りしめて新品のプラモデルの箱を鬼神の様に蹴り飛ばしていました。

金持ちは怒らせると怖い。

さて、そんなO君。
続きを読む
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

赤いスタジャン

ここ一ヶ月ほど、耳の調子が悪くて耳鼻科に通っています。
通っているのは、家から歩いて2〜3分の所にある個人医院。
近いから、という理由だけで選んだのですが、結構評判が良いみたいで割と流行っています。
特に夕方などに行くと、お母さんに連れられた子ども達で一杯で、最初は間違って小児科に来てしまったのかと思ったほどです。

で、待っている間に思ったのですが、最近の子どもは良い服着てますなぁ。

私が子どもの頃はロクなもん着てませんでしたからね。
買ってもらえる服は、なんて言うの?トレーニングウエア?
アレが定番でした。
今で言うジャージなどでは決してない。
青とか緑とか原色の生地に真っ白いラインが2本ほど走っているのがお決まりで、裾の部分に足の裏に引っかけるベルトが付いているヤツ。
生地が薄いし扱いの激しい子どもですから、すぐに膝の部分が破けて、そこにツギを当てているのは当たり前の風景でした。
中にはライオンのアップリケなんかで膝当てしている子もいたりして、お母さんのセンス炸裂って感じです。
続きを読む
posted by Kei at 03:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

いつかの土曜日

今日は懐かしの『まんが日本昔ばなし』が特別に放送されていましたね。
オープニングの竜の子太郎の無表情さ加減も久しぶりでした。

『まんが日本昔ばなし』と言えば、私が子供の頃、土曜日は欠かさず観ていたものでした。
遊びから帰って来て、まずは『タイムボカン』シリーズ、それから『まんが日本昔ばなし』→『クイズダービー』→『8時ダヨ!』→『Gメン'75』っていう流れが黄金パターン。

いやぁ、あの頃はテレビが楽しかったですなぁ。
テレビしか娯楽がなかったってのもあるんですが。

いやいや、子供の頃の思い出ってのは楽しいもんです。
posted by Kei at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

時は移ろう

昨日、別邸でしばらく過ごした後、ちょっと小腹が空いたので、自宅に戻る途中に『すき家』へ寄りました。
『すき家』、初めて行ったのですが、なかなかコストパフォーマンス高いですな。
キムチ牛丼を食べて、そこそこおいしくて、そこそこお腹が膨れて、それでいて400円しないとか。
これなら変なラーメン食べるより全然良いじゃない。

さてさて、本題はそこではなく。

その『すき家』の駐車場の横に用水路があって、小学生が釣りをしてたんですが、これがバス釣りとか。
しかも立派なロッドに当然ルアー付けて。

いや〜、私らが子どもの頃、釣りと言えばフナでしたけどねぇ。
駄菓子屋で買った300円だかの『釣りセット』でね。
竹の竿に浮きとか針が付いているアレ。
それで近所の用水路に行って、ウドンとかソーセージを餌にして糸を垂れるんですけど、結構釣れたんですよ、マブナが。

本当に極たまにコイとかかかると、もうその道具立てじゃ歯が立たなくてね。
糸を切られたり、竿をへし折られたり。
それでも一日中遊べましたな。

最近は用水路にもフナがいないんでしょうかね。
例の特定外来生物ってヤツ?
あのオオクチバスが幅をきかせているんでしょうか。

まぁ、キャッチアンドリリースという意味ではフナもバスも変わりはしませんが。
(中学生の時、フナ釣って食った事ありますけど)
キャスティングロッドでヒュンってやる釣りと、竹の竿でのた〜っとやる釣りでは、同じ子どもの遊びでもずいぶん趣きが違いますね。
posted by Kei at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

赤いスポーツカー

iPhotoを整理していたら懐かしい画像が出てきたので、ちょっとここへ載せてみます。
っても、かなり昔のブログにも載せた気がするんですが…。

10071401.jpg
ほんの6年ほど前まで乗っていた私の愛車、フェラーリホンダCR-Xデルソル。
電動でルーフが開き、自動的にトランクに収納されてタルガトップオープンに変形するという、実にバブリーなギミックが搭載されたスペシャルなマシンでした。
(画像ではルーフを開けています)

この車は楽しかったですね〜。
オープンになるという仕掛けもさることながら、何と言ってもエンジンが素晴らしかった。
当時、市販車では世界最高と言われた1.6リットルのDOHC VTEC。
低回転のトルクは薄かったですが、アクセルを踏めば踏んだだけギュンギュン回る。
そして高回転側のカムに切り替わってからは、まるでレーシングカーの様な「アーン!!」というサウンドを奏でながらレッドゾーンの8000回転まで一気でした。
このエンジンで高速の合流路を全開加速するのは、一種官能的な喜びでしたね。

車重はオープン&変な仕掛けのせいで多少重かったですが、ホイールベースが短くて、タイトなワインディングに持ち込むとクルクルと曲がってそれなりに速かったです。
多分、私のテクだとバイク乗るよりデルソル乗った方が断然速く走れると思います。
ただ、ルーフを開けるとボディ剛性が一気に低下して、無理すると怖かったですが。

写真のロケーションは、宮崎の日南海岸。
社会人になって最初の会社を辞めて数日後の一人旅の時です。

…あの時も無職だったか…。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

獄門車

今日は「雨だ」なんて言いながら昼間は良い天気でござんした岡山県南部地方。
どこぞにでも行っておけば良かったですね。
今は打って変わって雨が降り続いております。

こういう雨の夜には、ふと思い出すことがあります。

あれは大学1年の事でした。
私は元々年上に可愛がられるタイプなので、当時は同級生よりもサークルの先輩方ばかりと遊んでいました。
で、その頃の若者の楽しみと言えば、男は何と言っても車やバイク。
今より確実にみんな貧乏だったはずなのに、車やバイクを持っている学生も多かった時代です。
多分、他にお金を使うところがなかったんでしょうね。
まぁ乗ってる車ときたら、どれもセコハンもいいところでしたが。

その夜も、バイト終わりに部室に3人ほど集まったところで「ちょっと走りに行くか?」ってなことになって、先輩の車で出かけたわけです。
行き先はもう覚えていませんが、大分方面で山の方でしたから、ひょっとしたら耶馬溪経由で壁湯にでも行ったんじゃないかな。
河原に温泉の露天風呂があって、当時は無料で入れたんですよね。
続きを読む
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする