2017年06月26日

グローブ洗濯中

じわじわと、しかし確実に気温が上昇している6月下旬。
これからしばらくはメッシュグローブの出番となりますので、収納前に春秋用のグローブを洗濯しました。
17062502.jpg

このグローブ、マジェスティSを買った時に購入して、真冬と真夏以外は通勤で毎日使用。その後R3でも引き続き使っていたのでかなり汚れていたのです。

使った洗剤は、グローブのメーカーが出しているレザー専用ソープ。
17062501.jpg
近所のナップスで500円でした。

洗い方は洗剤の説明書きにある通りで、洗剤を少量投入したぬるま湯にグローブを15分ほど浸しておき、それからもみ洗いをしてしっかりとすすぐ、と。後は形を整えてから陰干しです。
だいたい乾いたらラナパーを軽く塗って、再度陰干しして完了。
秋にはまた快適に使えるでしょう。

ちなみにこのJRPの春秋用グローブ、手のひら側にディアスキン(鹿革)が使われている高級品。
JRPと言えば国産にこだわるグローブ専従メーカーで値段もそこそこするのですが、使用感はさすがにとても良くて、私は夏用のメッシュも真冬用もJRPで統一しています。
個人的意見だと、バイクに乗っている時の気持ちよさというのは、バイクそのものよりも、むしろヘルメットやジャケット、グローブやブーツといった細々した身につける物が左右する場合が多いように思います。

良いものを適正な値段で購入し、手入れしながら長く使う。
今の日本で失われかけている大切なことなのではないかしら。
posted by Kei at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

BOAはイイ

以前から持っていたアルパインスターズのライディングシューズが経年劣化でボロボロになってしまった話は以前しましたが、それでも頑張って何度かツーリングに使いました。
しかし使う度に甲の表皮がドンドンはがれていって、最終的には内張りがむき出しに。
風通しの良いことこの上もなく、おお、まさしくこれが本当のエアスルー感覚!

って。
さすがにこりゃもうダメだわ。
機能性や安全性もさることながら、見た目がみすぼらしすぎる。

てことで結局、ライディングシューズ買いました。
RS TAICHIのドライマスターBOAライディングシューズ。
17050301.jpg
大学生になるまで箱に入った靴なんて買ったことなかったから、今でも箱から新しい靴を出すときはワクワクします。
続きを読む
posted by Kei at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

ありゃ。

CRF250 RALLY。
意外とするなぁ。

狙ってたが諦めよう。
posted by Kei at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

俺はSHOEI頭だったのか?

世のバイク乗りの間には、俗に「Arai頭」と「SHOEI頭」という言葉があります。
日本(そして世界)を代表するヘルメットメーカーであるAraiとSHOEI。
この非常に優秀で信頼できる二社のヘルメットのうち、どちらの内装がより自分の頭にフィットするか、という意味で「Arai頭」とか「SHOEI頭」とか表現するわけなんですね。
実際のところ、両社とも製品によってフィット感は変わりますし、どっちもそこまで大きな差はないみたいですが。

で、私はバイクに乗り始めてからずっと、Araiのヘルメットを被っていました。
今使っているのも、Araiの『RAPIDE-IR』というフルフェイス。
最初に教習所で借りたのがAraiで、そのフィット感がとても良好だったので、そのままAraiを続けて購入、という単純な理由からなんですが、夏前にふと気まぐれでSHOEIのオープンフェイスも買ってみたのです。

16090501.jpg
SHOEIの『J-Cruise』。

通勤で毎日被る物ですから、汗をかく夏は替えのヘルメットがあった方が良いし、オープンフェイスならフルフェイスより風通しが良くて少しは涼しいのでは?と思って品定めしている時に、ネットショップで安売りしているのを見つけましてね。
スモークバイザーが任意に使えるタイプを探していたので。

16090502.jpg
このように、戦隊ヒーローのごとく、まぶしい時には「シャキーン!」と内臓スモークバイザーを展開。
私は目が弱くて、まぶしいと目を開けていられないのですが、これがあればサングラスをかける手間も要りません。

で、一夏使ってみた印象なのですが、これ、良いです。
ぶっちゃけ、私の頭には、こっちの方が合っているような。
てっぺんで支えるAraiに側面から包むSHOEI、といった感じ。
微妙な違いなんですがね。
それとやっぱりオープンフェイスって視界が広いわ。
いざという時の防御力は、そりゃフルフェイスの方が上ですが、視界が広い分、アクティブセーフティに関してはオープンフェイスの方が有利なのでは?
メーターも視線移動だけで確認できますし。

ただし、意外にも『RAPIDE-IR』の方が涼しい。
シールドが全面を覆っている『J-Cruise』に比べ、『RAPIDE-IR』は口元にベンチレーションが装備されているからでしょう。
あと、オープンフェイスは口が外から見えてしまうのがいけませんね。
私はバイクを運転中、よく独り言を言うのですが、それが丸分かりです。

今の所、街乗りは『J-Cruise』、ちょっと距離を走る時は『RAPIDE-IR』という使い分けをしています。
が、まぁ気分次第かな。
posted by Kei at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

500キロ(ようやく)突破

マジェスティSの走行距離が500キロに達したので、点検とオイル交換に行ってきました。
それにしても500キロまで到達するのに2ヶ月以上ですよ。
この調子だと、1年で何キロいくやら…。
ま、暖かくなってきたら少しは距離も伸びるでしょう。

点検は購入したバイク屋さんで。
作業待ちの間に色々と見て回っていましたが、やっぱYZF-R25は格好良いですね。
もう少し予算があったら買ってたんだが。
(本当はR3が欲しい)

点検・交換費用は、購入時にショップの会員になっているので、800円ちょっと。
安い!
そして交換後は、一気にエンジンがスムーズになりました。
何と言うか、これまで時々感じられた角が取れて、スーッと穏やかにつながった感じ。
あまりの心地よさに、寒さを忘れて50キロほど走ってやりました。
16022101.jpg

500キロを超えたので、回転数の上限を上げました。
これでバイパスの速い流れにも乗っていけます。

155ccのくせによく走りますよ、こいつ。
特に60キロから70キロの気持ちよさは特筆モノ。
車格からは想像できないほど、ピタッと安定していて、なおかつエンジンの活発に回っている感も感じられる。
それ以上の速度域になると、やはり車体が軽いので横風の影響を強く受けますが、スクリーンの効果もあるので正面からの走行風自体には飛ばされそうな怖さはありません。
多分、VTRに乗っていた時より快適。

乗り心地はまぁ相変わらず良いとは言えません。
でも考えてみたら、ホイール径がたかだか13インチなので仕方ないのかな。
その割に足着きは悪いのだが…。

ブレーキは良く効きますし、コントロール性も良いです。
たまにネットで「リアがロックしやすい」なんて意見を目にしますが、私はロックさせたことはありません。
(クラッチと間違って思い切り握ってしまった時を除く^^;)
制動力はフロントをメインに、リアは姿勢を安定させるため、というセオリー通りのブレーキングをしていればそうそうロックはしないと思います。

ブレーキと言えば、意外だったのは、エンジンブレーキが結構効くこと。
スクーターだから効かないと思っていたら、スロットル戻すだけで「ひゅーん」ってみるみる速度が落ちます。
で、回転が落ちると当然、自動的にクラッチが(突如)切れるので、駆動力を失ってヨタってなったり、再加速がワンテンポ遅れたり。
そういう点では、やはり駆動力を自分で操作できるマニュアル車の方が断然コントローラブルですね。
こればかりはどうしようもないので諦めるしかありませんが。

さてさて、実家からシートバッグも持ち帰ってきたし、春になったらテント積んでキャンプツーに行くぞ!
posted by Kei at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

やっと慣れてきた

マジェスティSが我が家にやってきて3週間。
一昨日の日曜日、やっと2回目の給油をしました。
(1回目は納車直後)

通勤以外でほとんど乗らなかったですからね。
燃費の方は正確には計算していませんが、だいたいリッター30Kmぐらい。
まだ慣らしも終わっておらず、しかも片道4キロ程度の街乗りばかりですから、まぁこんなもんでしょう。
私は燃費自体にはあんまりこだわらないのですが、もうちょっと航続距離があるといいかな。
まだ燃料計のどの辺りに針が来たら本当にヤバイ状態なのか分からないので、安全策で給油している部分もあるんですけど。

車体にはだいぶ慣れてきました。
(最初こそ無意識にブレーキング時にアクセルをあおったり、リアブレーキレバーをクラッチレバーと勘違いして危ないことになったりもしましたが…。)
ショックを吸収する術も少し覚えましたし、コーナリングもなんとかスムーズにできるように。
ちなみに前回触れたライディングポジションは、自分なりに色々探りつつある状況ですので、これについてはまた書きたいと思います。

そして何より、やっぱスクーターって便利。
決して広くないとは言え、シート下にヘルメットやグローブ、雨具やロックなど、遠慮せず放り込めるのはVTRの頃にはなかった感覚で新鮮です。
服や日用品の買い出しにも全然普通に使えます。
(もちろんシート下に入る程度に品目は考える必要はありますが)
仕事帰りにパンや弁当買ってもレジ袋ごとフックにぶら下げておけばOKですし、靴や服装もバイクほど選ばない。
純正では最小サイズのスクリーンとナックルバイザーも意外にいい仕事してくれて、この季節ならほとんど寒くない。

正直、最初はスクーターには偏見があったのですが、通勤を中心とした日常使いにはいいですね、これ。
年内には少しだけ足を伸ばして、どこか行ってみたいと思います。
posted by Kei at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

マジェスティSの第一印象

さてさて、不肖私めの足となったマジェスティSですが、一応、どんな生い立ちなのか軽く紹介しておきましょう。
てか、そもそも私も契約してから調べたんですけど(遅)。
15112403.jpg

まずは国産ではなく台湾製の世界戦略車です。
もうバイクの世界では当たり前になりましたな。
で、かの地ではマジェスティSという名前ではなくSMAXという名前で売られています。
ヤマハにはTMAXという、よく出来た大型スクーターがあるので、その子分というイメージ戦略なんでしょう。

ここからはネットの聞きかじりなんですが、このSMAX、タンデムでの使い勝手を主眼に作られているらしい。
台湾といえば、道路を埋め尽くす小型バイクの映像がよくテレビにも映りますな。
日常の足として「荷物も積むし、二人乗りも毎日普通にやるよ!」ってな国での走行性能が開発のベース。

という訳かどうか、日本で売られているマジェスティSも「そう言われると、そうだな」ってところがちらほら目に付きます。
サスが固かったり、シート高が高かったり、ホイールベースに比してライダーのスペースが狭かったり。
こういう諸々は、多分、後ろにもう一人乗った時に最適になるようにチューニングされているんじゃないかしら。

だがしかし。
俺の人生に「タンデム」という言葉は無縁だ!
なので、私には何のメリットもなかったりするんですが、まぁそこは事前に調べなかった私が悪いので割り切ります。

で、具体的にどこがどうか、初めて乗った者の印象として書いてみませふ。
走りに関しては、まだ新車同然ですし、所詮は155ccのスクーターですから、また時間が経った後にでも触れてみたいと思います。

●足着き性
よくないです。
私の身長は日本人男性平均値である172センチ。足は長い方ですが、それでも座った状態で片足の土踏まずまで着きません。車体が軽いので不安はありませんが、停車の度に足を頑張って伸ばすので、ちょっと疲れます。あと、路面が濡れていたり砂利があったりする時は注意した方が良さそう。それを思うとVTRは楽勝だったな。体重がもっとあれば沈み込むのだろうか?

●ライポジ
これもネット上で必ず言われますが、下半身が窮屈です。シートに段差があり、自由度が小さいので自分で最適なポジションを得られないんですね。もっと後ろに座れるとかなり改善すると思うんですが。
やっぱあれか?
タンデム重視だからか?
あとこれは足着き性に関わる話ですが、停車の度に足を伸ばすので、気付いたら座る位置が左にずれています。走り出すたんびに「よいしょっ!」てな感じで座り直すのがめんどい…。

●乗り心地
あんまりよくないです。
路面の凹凸を越える度に体がポンポン跳ねます。私の車体だけかもしれませんが、スロットルの操作抵抗がえらく軽いので、体の上下に合わせて意図せずスロットルが動いてしまい、なおさらギクシャクに拍車をかけます。
揺さぶられっ子症候群になってしまうよ。
サスが馴染むと少しは変わるのかな…。

●ユーティリティ
シート下の荷室は可もなく不可もなし、と言った感じ。前後はそこそこあるのですが、上下が低いので、ヘルメットの収納も余裕がありません。
15112401.jpg
アライのラパイドIR(57-58)で結構無理矢理。多分、閉めた時にはメットか上蓋に負荷がかかっていると思う。
ちなみにシートは、イグニッションに挿したままのキー操作で自動的に「ぱこーん」とオープンします。
これは便利!

メーターは近代的で視認性も高いです。
15112404.jpg
だがしかし、位置が低すぎる。被っているのがフルフェイスということもあり、走行中にスピードを確認するためには、意識して頭ごと下を向かなければなりません。

テールランプとブレーキランプはLED。ウインカーは通常のバルブ。
15112405.jpg
このリア周りのデザインは格好いいと思う。
ちなみに、ヘッドライトは流行りのLEDではなく通常のハロゲン60/55Wの1灯ですが、下道を常識的な速度で走る分には充分に明るいです。
ヘッドライトとは別に、フロントにはLEDのポジショニングランプも灯ります。

とまあ、こんな感じであんまり褒めてはいないような気もしますが、日常の足としてはかなりよく出来ていると思いますよ。振動も思ったより全然少なくて、ミラーの視認性も良い。アクセル中開度でも「ダラララララ〜!」と結構勇ましい音を奏でながらそこそこ走ってくれる。
だるい朝晩の通勤でも、これに乗っていると少しだけ元気になれます。
やっぱバイクはいいなぁ。

●おまけ
スクーターのラジエターって、こんなとこにあるんだね。
15112402.jpg
posted by Kei at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yellow Yellow Happy

長らく報告が遅れましたが、買った車両はコイツです。
15112302.jpg
ヤマハのマジェスティS。
(ヤマハ発動機創立60周年記念モデル)
ピカピカの新車だじぇ。

いや〜、ぶっちゃけ契約は出合頭ですよ。
公私ともに良いこともなく、「もう後先考えず、単車でも買うかな〜」という投げやりな気持ちでバイク屋に。
とはいえ低所得者の私には予算もないことで、最初はクロスカブを見るつもりだったのです。
通勤と、たまのプチツーに使うぐらいですからね。
んで、原付二種を中心に見ている時に「最近、これも売れていますよ」とバイク屋に紹介されたのがホンダのPCX150。
確かに広島には原付通行不可のバイパスがあるので、150ccあると便利は便利なんですな。

ふむ、確かにそういう選択肢もあるか。

と思い始めた時に、そのPCXの横にあったのが赤のマジェスティS。
スクーターなんてハナから興味なかったので、それまで全く知らない車種で、正直、最初はPCXと見分けがつかなかった。
「こちらは、最近マイナーチェンジされたばかりでね。限定車も出てますよ」とバイク屋さん。

ふーん、そうなの。

みたいな感じでメーター周りを見比べていたのですが、そのバイク屋さんが「これです、これ」と持ってきた黄色を身にまとった限定車のチラシ。

…キましたね。
(黄色だけに…)

その瞬間、秒殺で買うことを決意。
値段?
装備?
既存ユーザーの評判?
そんなもんは知らん!

てことで、その場でローン組んで契約して、二週間後には我が手元に。
まさか私がスクーターに乗るとは思わなかったですが、通勤がメインの用途となると、チェーンメンテが不要でシート下に多少の荷物が積めるスクーターの方がどう考えても有用なんですよね。

乗り始めた感想ですが、正直、まだ怖いです。
ニーグリップもくるぶしグリップもできないので、車体との一体感が取れないし、コーナーでどうやって倒したらいいのかも分かりません。
まあ、毎日乗ってればすぐに慣れるでしょ。

オプションはハンドルマウントの小さめのスクリーンとナックルガード。
15112301.jpg
これからの季節、通勤で朝晩乗ることを考えたら絶対にあった方がいいと思って付けました。
スクリーンは、最初「こんなもんでも多少は役立つかな?」ぐらいの気持ちだったのですが、結構効果大きいです。
やっぱネイキッドのバイクとは違う。

詳しいインプレは、またしばらく後にでも。
とりあえず車体とライダーの慣らしをしないと、ですね。
15112303.jpg
posted by Kei at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

お、俺のヘルメット!

15110701.jpg
ヘルメットが届きました。
これが意味するものとは…。

そう、ついに二輪生活の再開です。

みんな!
俺は帰って来たぞ〜!!

とかテンション上げて言ってますが、買ったのは通勤スクーターなんですけどね。
来週納車です。
何を買ったかは、またその時に。

通勤スクーターなのに、ヘルメットは高級品だぞ。
15110702.jpg
アライのラパイド。

これ、「プロシェード」という状況によって可変できるシールド兼バイザーが付いているのですが、デザインも相まって、なんと言うかジャッジドレッド的と言うか…。

スタローンもびっくり。
15110705.jpg

ちなみに、どう可変するかというとですね。

明るい時。
15110703.jpg

暗くなった時。
15110704.jpg

とまぁ、こういう風に、外側に重なっているスモーク部分が上下するわけです。
最近は、スモーク部分をヘルメットのおでこ部分に内蔵して、まぶしい時にシャキーンと下に降ろすタイプが流行っていますが、アライはそれを外に出してきました。
内蔵するとその分、帽体が大きくなりますからそれを嫌ったんでしょうかね。
まぁ、戦闘機のパイロット用ヘルメットも、米軍あたりは今は内蔵式から外装式になっていますけど。

実際の使い勝手は、またいつか。
なんせ肝心の車両がないので。。。
posted by Kei at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

次期愛車妄想

久々にバイクネタでも書こうと思ったりするのですが、実際に乗ってもいないヤツが脳内妄想で何か書いたところでなぁ、なんて感じでまたほったらかしにしておりました。

とりあえず、ホンダさんからカタログを2冊取り寄せまして。
クロスカブとSh mode。
14012001.jpg

本当は400クラスのバイクが欲しいのですが、私の現在の経済状況と使用用途から考えるに、これから買うなら原付二種クラスが最適。
多分、通勤がメインになるでしょうから。

で、多分、私を知っている方は「クロスカブは分かるけど、Sh mode?」と思われるはず。
そう、私はスクーターがあまり好きではないのです。
でも通勤で使うとなると、やっぱりスクーターって便利だよなぁ、と。
中でもSh modeはちょっとヨーロッパ的なテイストがあって乗ってみたくなる。
フロントは16インチで不安もないし、クロスカブに箱付けたら金額的にもそう変わらない。
チェーンメンテも不要。

とまぁ、買えもしないのに色々と考えてはおるのですよ、実際。
ちなみに、通常のマニュアルミッション車は靴を含めた服装を選ぶ点でちょっと候補落ち。
KTMのDUKEなんて欲しいですけどね。

うーむ。
夏までにはなんとかしたいなぁ。
夏の自転車通勤は死ねる。

あ、その前にFitの車検だ。。。
posted by Kei at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする