2007年06月09日

普通二輪免許取得への道-4<

今日は400ccのスクーター、いわゆるビッグ・スクーターの体験である。
スクーターなんて楽勝と思えばさにあらず、コイツがなかなか手強い。

まず重い。
いつもの教習車のCB400と排気量は同じなのだが、ずいぶん重く感じる。
帰って調べてみたら、50キロも重い。
センタースタンドを立てるのが相当難儀であった。
それから、当たり前だがニーグリップができず、バイクとの一体感を得るのが難しい。
なんかこう、尻の座りが悪いんだよな〜。
みんなどうやってバランスとってるんだ?

そしてなにより、「言うことを聞かん!コイツは。」

自動遠心クラッチゆえに、トルクのコントロールが思うようにいかないのだ。
スピードが乗ってしまえば楽なのだろうが、教習所ではゆっくり走ることがメインなので、これは非常に難しい。
S時などで速度が落ちフラつきそうになると、当然スロットルを若干開ける。
ところがそこからトルクが出始めるまでにタイムラグが結構ある。
その間にも速度は落ち続けているから、「ヤバイ」とばかり、転倒を防ぐ為に足を出す。
そのあたりで「ぐわっ」とトルクが立ち上がるものだから、大焦りだ。
私は一度、これで「自分の運転するバイクの後輪に自分の足を踏まれる」という荒技を演じてしまった。
指導員の方も苦笑。

ちゃんと運転できる人はスロットル開度を一定に保ちつつ、後輪ブレーキを上手に使ってコントロールするんだろうが、今の私にはそれはちと無理難題というものである。
だいたい、急に左のレバーが後輪ブレーキだって言われても、身体が追いついていかん。
ああ、あの重たいクラッチが恋しいわぁ。

結局、慣れぬまま時間は過ぎてしまったが、基本的に「ビッグ・スクーターの特性を体験する」というのが趣旨みたいなので、特にお咎め無しで終了。
思えば、私は車もずっとマニュアルだし、やはりこういうタイプとは相性が悪いのかもしれない。
便利そうだとは思うけど、おそらく今後乗ることはないであろう。

今日は3時間後にもう1時間。
前回の続きで8の字を練習。
しかし、一週間も間が開くと、なかなか前回の調子を取り戻すのが難しい。
間にスクーターなんて乗っちまったし。

地面の白線での練習に慣れたら、広場の境目ちょっと内側に立てられたコーンをクリアすることが最終課題となる。
境目との距離があまり無いので、見た感じかなり難しそう。

ええぇぇ、こんな狭い所を曲がるの???
自転車でも躊躇しそうな狭さなんですけど。。。

と、思わず怖がってなかなかトライせずに広場をぐるぐる回っていたら、指導員に「さっさとこっちをやれ!」と言わんばかりに指を差される。
確かにこれをやらんことには次に進めない。

リアブレーキを弱めにかけながら、おっかなびっくりでコーンに接近。
ここでは半クラッチは使わせてもらえないので、エンストしそうな速度までは落とせない。
どんどんコーンが近づく。
前輪がコーンを超えたぐらいで、「えいやっ!」と車体を左に傾ける。
タイヤがずりずりずりっと音を立てる。
何とかクリア。
しかし、これでは終わらない。
引き続き車体を傾け続け、反対側のコーンへ8の字を描く様にアプローチ。
リアブレーキで速度を調整しつつ、今度は車体を右に切り返す。

やべ、曲がり切れるかな?

とは思ったが、コーンはもう目前。
今さら後には引けない。
ええい!ままよ!とばかりさらに倒し込む。
前輪が、広場境目の段差に触れそうなぐらいスレスレを通過。

おお!
まぐれとは言え、よくやった!

だが、指導員は「続けてもっとやれ。」という顔でこっちを見ている。
私は基本的に素直な人間なので、一度抜けかけた緊張を再度立て直して再挑戦。
結局、それから4周ぐらいして、8の字はOKとなった。
その後はコースに出て、S時、スラロームの練習をして終了。

だが、今日はイマイチ、「バイクに乗れてる」という感じがなかったなぁ。
ずっとしっくり来なかったと言うか、一体感が掴めないままだったと言うか。
ま、そんな時もありますわな。
posted by Kei at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 普通二輪免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

普通二輪免許取得への道-3

本日は4時間目と5時間目。
天気予報では雨を覚悟していたのだが、何とかもってホッとする。
もちろん、雨でも教習は行われる。
レインスーツが用意されているのだが、見るからにゴム引きのカッパなので、蒸れること必至。
まぁ、ハードに使われる教習用だからゴアテックスというわけにもいくまいが、できれば避けたかったので良かった良かった。
(しかし、これから梅雨に突入していくから、いずれは降るであろう。。。)

今日もいつもの様に「前回の復習から」と言われたのだが、バイクを出そうとしていたら「やっぱり新しい課目に入りましょう」となって、いきなり後席に。
メニューは30キロ加速からの3段ブレーキとスラローム、そして極低速。
要領を教わって乗車するが、1週間ぶりなので、最初はクラッチがぎこちない。
ともかく、この時間はずっとこればっかりを繰り返すことに終始した。
スラロームは、本当は8秒以内で通過しなければならないのだが、今の段階では時間は気にしなくても良い。
コーンを倒すと自分で直さなければならないので、当てないことだけに注意して進む。

マイナスポイント。
・調子よく加速していたら「40キロ出てますよ!」と怒られる。
・停止から右への合流でコケる。(右にコケるのは危険)
・1速に落とすつもりが、たまにニュートラルに入っている。

5時間目は、これまた「前回の復習」をしようとしたら、「さっき乗ってるので次に進みましょう」となった。
坂道発進と急制動。
また後席に乗って要領を教わる。
普段、マニュアルの車に乗っているので、坂道発進はそんなに難しくなかった(まぁ、教習所内の坂は緩やかだし)。
リアブレーキが思ったほど効かないのでそれだけ注意する。
急制動も、最初は恐怖感があったが、30キロであれば思ったより「急」でなくても充分停まれる。
むしろ、停止位置をコントロールする方が難しい感じ。

これを繰り返していると、次は小回りの練習へ。
広場に移動し、地面に描かれた8の字の中をなるべく小さく回る。
ギアはセカンド、クラッチは使わず、速度はリアブレーキで調整。
まだやり始めなので、とにかくニーグリップと視線だけに主眼を置いて、徐々に小さく回れる様にひたすら繰り返す。
やっているうちに、少しずつバイクが寝かせられる様になり、ハンドルもロック位置まで切れる様になってくるが、なかなかそれをコントロールし続けるのが難しい。
特に左に回り、次に右へ、という時の切り返しがスムーズにいかず、結局回転半径が大きくなってしまう。
ハンドルも大きく切ると片腕が伸び切ってしまってつらい感じ。
5時間目はこれをずっと続けて終了。
ちょっと目が回りそう。。。

今のところは指導員の方にも「これまでは良い感じできてますよ。」と言われるが、そろそろハードルも高くなり始めるので、気を引き締めてかからねばなるまい。
次回は大型スクーターの教習である。

それにしても、今日は女性の教習生が多かった。
半分くらいが女性だったんじゃないかなぁ。
見るからに私より年齢の高い女性が大型に挑戦していたり、片足がようやく地面に着くぐらいの小柄な子が普通二輪に挑戦していたりする。

む〜、俺も負けられんぞ!
posted by Kei at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 普通二輪免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

普通二輪免許取得への道-2

本日やっと2回目の教習。

正直、前回があまり良くなかったので、“あまり行きたくない感”が結構あったのだが、お金を払ってしまっている以上、行かないわけにはいかない。
例によって、プロテクターを装備して緊張の面持ちで開始を待つ。

今回の最初は前回の復讐、…じゃなくて復習。
広場までバイクを押して行き、そこで発進→シフトアップ→ブレーキ→シフトダウン→停止、までの動き。
始めこそ、なかなか上手に発進できなかったが、思い切ってバイクに身体を預ける様にするとだんだんとスムーズになってきた。
この一週間、ヒマな時に頭の中で動作の確認やバイクの挙動をイメージトレーニングしていたのが功を奏した形。
バイクのアクセルは四輪に較べてとても俊敏なので、そこに慣れるのが第一だと感じた。
ちょっと煽ると「どひゅ〜ん!」という音が股下から響いて、回転が「びゅん!」と上がるので、最初は怖い。
だが、クラッチを上手く使えばそんなに危なくはないらしい。

それから指導員の後席に乗って、外周を回りながら次のステップを習う。
スタート→シフトアップ(2速)→ブレーキング→左コーナー→加速→シフトアップ(3速)→加速→ブレーキング→シフトダウン→左コーナー→加速→ブレーキング→左コーナー→ブレーキング→シフトダウン(1速)→停止。
それから短い距離で何度か発進・停止を繰り返し、また外周に出て行く。

外周を回るのはそんなに難しくないが、短い直線で30キロを出すのは思ったよりも怖い。
また、私の場合は短い距離での発進・停止がヘタな様である。
ここでもちゃんとアクセルを開いてクラッチを上手く使うのがコツらしい。
そんなこんなで2時間目は終了。

今回は連続教習で予約していたので、次の時間も乗れる。
いつもの様に最初は前回の復習。
このあたりから怖さがとれて、代わりに段々と楽しさが芽生えてくる。
狭いコース内とはいえ、やっぱり風を切って走るのは爽快だ。
3時間目は、前回にプラスして左ウインカーと信号停止、一時停止などの練習。
また指導員の後席に乗って要領を教わる。

ここでまた四輪との違いが。
バイクの場合、半クラッチを結構多用するみたいで、直角のコーナーなどは基本的に半クラッチで速度を一定に保つ。
四輪は走り出してしまえば、よっぽど低速でなければ半クラッチは使用しないものだ。
3時間目は2時間目よりも狭い周回コースを走るので半クラッチ多用なのだが、おかげで左の前腕が相当疲れてきた。

しまった。
1時間、間を空けて予約をとれば良かった…。

ともかく、若干不安定な部分もありながらも、自分としてはまずまず上達している感じ。
前回の様な挫折感もなく、教習終了。
これまでの課題は
・怖がらずにアクセルを空ける。
・左足のつま先をちゃんと締める。
・停止をスムーズに。特にリアブレーキ(右足)をちゃんと使う。
ということらしい。

今日は一回も倒さなかったし、何とか教えられたことの8割はできたかな。
だんだん次が楽しみになってきたぞ。

pu.jpg画像は、山用に使っていた軽作業用手袋。
今や、二輪の教習専用グローブになってしまった。

posted by Kei at 18:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 普通二輪免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

普通二輪免許取得への道-1

今日が教習所の入校日&技能教習1回目。

入校にあたっては、お決まりの事前説明とか写真撮影、適性検査の類いの細々としたものを淡々とこなす。
会社に行くよりも早い時間に起きなければならなかったが、これはまぁ、今日だけのことなので仕方がない。

そしていよいよ昼からが技能教習。
1回目は、生徒全員が入校したばかりの人のみの一斉教習である。
指導員の方々はみんな揃ってガタイが良いのが目に付く。

まずはゼッケンを身に付け、ヒジとヒザのプロテクターを装着し、グローブをはめる。
なんだかサバイバルゲームを始める前の様な錯覚を覚えるが、それはおそらく私だけだろう。
それから自分に合ったサイズのヘルメットを探して被るのだが、これはちょっと汗臭くて不快である。

そしていよいよ、指定されたバイクの所へ行き、いきなしスタンドを上げてコース内側の広場まで引き回す。
教習車はホンダのCB400。
400ccとは言え初めての身にはやはり重く、こかさない様に緊張しながらえっちらおっちら押して行くと、この時点で既にガマガエルの様に脂汗が大量に浮かぶ。
それから左右にわざと倒して、引き起こしの練習。
教習車は前後に太いパイプのバンパーが付いているので何とか起こせるが、ここで腰に鈍痛が…。
大丈夫かぁ。。。

それからセンタースタンドを起こした状態でバイクにまたがってエンジンをかけ、クラッチ操作やギアの操作を一通り試す。
それにしても400でも十分デカイ。
特に足の間のタンク。
圧倒されそう…。

そしていよいよスタンドを上げ、クラッチをつないで短い距離を進む。
想像していたよりも低回転のトルクがあり、アイドリングでスタートできるのだが、私は低速のバランスが全然とれない。
フラフラして安定せんぞ。
やはりもうちょっとアクセルを…。
ああっ、イカン!速度が出過ぎた!
即座にクラッチを切ってブレーキ。
ヨタヨタヨタ…。

ゴトリ…。

転倒。。。

ありゃあ、いきなりやってしまった。
スマンCB…。

その後、メインスイッチを切って、痛い腰をおして引き起こし、再度エンジンをかけてトロトロ進んで停まり、またニュートラルに入れて跨がったままズリズリ後ろに下がり、また前に…。
を繰り返すが、どうもうまくいかない。
他の人は2速に入れるとこまでできている人もいるのに、私はクラッチレバーを全部離すのも一苦労。

いかんなぁ、このままでは。。。
と思って焦っているところでタイムアップ。
げげげ。
全然できんかった。。。

という訳で、初日から若干凹み気味の教習は終了。
もう一時間、キャンセル待ちをしていたのだが、空きが出ずに無念の帰宅となってしまった。
明日の日曜日も予約がいっぱいだったし、来週は土曜出勤なので、次は来週の日曜日しか予約ができない。

ん〜、最初は少し詰めてやりたかったのになぁ。
1週間以上も空くと不安だぞ。。。
ま、ゆっくりとやりますか。
posted by Kei at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 普通二輪免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする