2009年07月27日

驚天動地

いや〜、びっくりした。

何がって、某政党の選挙公約ですがな。

「子ども手当支給」
「高速道路無料化」
「高校の無償化」

さあて、立派なことです。
実現すれば、さぞや家計も助かりますでしょう。

で。
その肝心のお金はどっから出てくるんだよ、おい!

そりゃ、俺だって夢や理想はたくさんあるし、それを周りに語ったりもしますわよ。
しかし自分が稼げるだけのお金で実現できないことは、それは本当に単なる夢であってだね。

またぞろ、若年層や独身者からたっぷりとお金を搾り取った挙げ句に、「だって高速タダになったでしょ?」とか言われそうだ。
ああ、恐ろしい、恐ろしい。

恐ろしいって言えばだ。
今日、自動車保険の更新のお知らせが届いたのだが。

なんで、このご時世に保険料上がるんだよ、こら!

若年層の車離れ?
小型車へのシフト?

はん!
どの業界もこの不況の中、収益下がっても必死で頑張ってるんだぞ。
値上げなんて単純な選択を軽々しくするんじゃないっての。
保険料が上がったらますます車離れが加速するじゃないか。
それどころか無保険車が街に溢れたらどうしてくれる?

あー、もう!
あー、もう!
あー、もう!
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

政治家は国を守れるか?

なんかもう、牛乳拭いて三日たった雑巾みたいに非常にグデグデになってしまっている日本の政治ですけれども。
なんだこりゃ、いったい。
何をどうしたいのか誰か説明してくれ。
俺の頭じゃ、もう理解できないぞ。

ただ許せないことが起きているのは確かである。
このゴタゴタで、「肝炎対策基本法」と「北朝鮮船舶の貨物検査特別措置法案」が廃案になりそうだとか。

こら!民主党!
審議拒否だと!?
あほか!
ちゃんと仕事せい!
そういう態度だから俺はお前らを支持せんのだ。
国民の生命財産を守ろうという姿勢が全く見えない。

自民党ももっと手を尽くせよ。
政権担当として第一義は、国と国民を守ることが最優先ではないのか。

相も変わらず、よく分からんグチャグチャをやってるから、税金は無駄になるし、弱者は守られないし、国際的な評価はどんどん下がるし、ろくなことにならない。

いっそ未曾有の危機が訪れた方が、団結力が発揮されて良いリーダーも生まれるのかも知れないな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(1) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

深夜のニュース鑑賞

いやぁ、昨今は本当にくだらないニュースが多いですな。
たまには毒を吐いてみたくなりますよ。


●「トヨタ、F1開催から撤退」

いや、企業だから利益追求は分かるんですよ。
この想像以上の不景気だもの。
ただ、「儲かったからやる」「儲からなくなったからやめる」って、そんな簡単にひょいひょい手のひらを返して良いものか。
単なるスポンサーじゃないんだからさ。
自動車メーカーがモータースポーツを開催するってのは、そんな低レベルな話じゃいけないだろうと。

ま、勝手にすれば良いんだけどね。
トヨタの車なんて一生買わないから。
だいたい、プリウスとインサイトとの比較広告の時から腹が立ってたわ。
(その時の気分でF1参戦を決めるホンダの姿勢も確かにどうかとは思うけどね)


●「北海道警釧路方面本部は、カキの殻むきナイフの一部が、改正銃刀法で所持を禁じた規制対象の剣にあたる恐れがあると発表」

これも本当にくだらんニュースだよな〜。
そもそも改正銃刀法ってヤツ自体が愚にも付かんくだらん法律なんだが。
だいたいこういう法律を作る連中ってのは、生活や文化を守り育てていく思考が無いのかね。
この法律で殺人事件が減ったのかよ、まったく。
それより、何の役にも立たない『危険運転致死傷罪』を早くどうにかしろと言いたいね。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ああ、暗黒の時代が…

基本的に、私は素人風情でプロ野球の監督采配についてどうこう言うのは好きではないのだが。

しかし昨日のゲーム運びはどうかと思いましたよ、さすがに。

フルイニング出場を続ける鳥谷への代打は、あちこちで叩かれているけれど、これは仕方ない。
そういう手段もあって良いと思う。
プロなんだから。

でも神経質なウイリアムスを走者を背負ったイニング途中から登板させたり、対左防御率の悪い江草を松中にぶつけてサヨナラを食らうのはどうかなぁ〜。

そのどちらも、阪神ファンであれば知っているタブーだと思うのだが。

それにしてもあれですね。
連日に渡って「1点もやれない場面」でばかり投げさせられている中継ぎ投手陣の苦労は並大抵ではないだろう。
そのうちタガが外れるんじゃないだろうか。

なにやら、暗黒時代再来の予感が…。。。
posted by Kei at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

子どもか…

2009年度補正予算案と、関連6法案のうち税制改正法案は13日夜の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決、参院に送付された。野党は「審議が尽くされていない」と反発。共産党を除く民主、社民、国民新の3党は本会議を欠席した。







議員として選ばれてるんなら、状況がどうあろうと義務を果たせよ、まったく。
国会を運営するのだってタダじゃないんだぞ。
思い通りにならないから欠席するって、小学生じゃあるまいし。

参議院では審議の引き延ばしを画策してるそうだが、だから景気回復をテコ入れしなきゃならん時に無駄な税金を使わせるんじゃないっての。
posted by Kei at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

モノには限度が…

今日、某コンビニにてカレーを買って帰った。
普通のコンビニとは違い、弁当は買った時にご飯を入れてくれるシステムの所だ。

で、家に帰って














09021701.jpg

飯場か!?


どーゆープロセスを経てこうなるんだ?
『まんが日本昔話』じゃあるまいし、ご飯だけこんなに食えるか。
(画像では分かりにくいかもしれないが、2合近くのご飯が布団圧縮袋状態で強引に詰め込まれている)

どうりで、ニヤついた店員から袋を受け取った時に妙に重いと思ったわけだ。
もったいないから何とか全部食べたが、カレーのルーが半分で無くなったわ。
食べ終わるまで30分もかかったし。。。
posted by Kei at 22:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

恐ろしい流れ

元厚生次官の連続殺傷事件。

これについて、Webニュースのコメント欄や色んな所に書き込まれている内容が非常に恐ろしい。
ハッキリと「ざまあみろ」とは言わないまでも、それに近いニュアンスの書き込みが圧倒的に多いのだ。

おいおい。
いつから日本はテロリズムや凶悪犯罪を容認する国になったんだよ。

年金問題があるから?
本当にそれだけ?

どの書き込みを見ても「公務員は楽して金もうけして」だの「税金を使って身内を守って」だの、卑しい嫉妬心丸出しの下心が透けて見えるものばかり。
別に私は公務員の肩を持つわけではないが、「公務員」というだけで敵視する風潮は理解できない。
ハッキリ言って、中央省庁のそこそこのポストにいれば、そんじょそこらのサラリーマンよりよっぽど働いてるぞ。
だいたいその地位を手に入れる為に、他の連中が遊んでいる間にどれだけ勉強して努力したか。
確かに今の不況を考えると恵まれたポジションだとは思うが、努力が報われるのは当然だと思う。
大した努力もしないで批判だけするなら誰にでもできる。
(そもそも昼間っからニュースのコメント欄に書き込みしてるぐらいだから、その仕事ぶりたるや、推して知るべしとでも言おうか)

まぁ、それは良い。
それよりも、人が死んでるというのに、それを容認しようとする思考はどうだろう?
自分の嫌いな人種が殺されたら良い気味なのか?
自分の家族が被害者だったら?

あ〜、なんか空恐ろしい空気になってますよ、この国は。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

知〜らんぞ〜

アメリカの新しい大統領が決まったらしい。
で、日本では「名前が似てる」というくだらない理由だけで浮かれ騒いでいる連中もいる様だが…。

彼は日本なんかより中国を見てるんだぞ。

だいたい民主党の大統領というのはカーターしかりクリントンしかり、親中派と相場が決まっている。
そんなことも知らないで、「黒人でがんばってる」「親の死の涙に感動した」挙げ句には「名前が似ている」などとどうでも良い理由で彼を応援する日本人の脳の構造というのは、一体全体どうなっているのだ。

アメリカの大統領だぞ。
そこいらの演歌歌手じゃないんだぞ。
混迷する世界情勢のキーマンだぞ。

まったくもってバカバカしいにもほどがあるわい。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

優先順位

「こんにゃくゼリー、メーカーに激励の声殺到」

おかしなことがまかり通る昨今だが、たまにはまっとうな考えが主流になることもあるもんだ。

だいたい、何でもかんでもすぐに規制しようとする安直さがおぞましい。
何か起こればすぐに「ダメ!」と断罪するのでは、何の成長もないではないか。
そこに文化は生まれるのか?

亡くなった子どもは可愛そうだが、防げた事故である。
もしメーカーが潰れた時、社員の生活を国が面倒見るわけでもあるまい。

それよりも、中国からの輸入に頼る日本の食糧構造を根本から叩き直す方がずっと先決だと思うぞ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

高齢化社会

今日、見かけてビックリしたもの。


紅葉マークを付けた個人タクシー。


…いやぁ、厳しい時代です。
色んな意味で。
posted by Kei at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする