2010年06月11日

回せ〜

首相が変わっただけで内閣支持率が急上昇って、どういうことなんでしょうね。
参院選でも民主が勝つんですかね。
個人的には、死刑制度の反対論者が法相を務めてる時点でアウトだと思うんですが。
これって、職責放棄じゃありませんこと。

まぁ、それはそれとして、非常に遅まきながら今回は例の事業仕分けについて思うことを書いてみましょう。

事業仕分けが取り上げられる時は、常に天下り職員の厚待遇が責められますな。
まぁ、他人を羨むのが大好きな日本人らしい一面だと思います。
仕分判定で大声でヤジ飛ばしてる傍聴者なんて最たるもんでしょう。

でもね。
そんな支出なんて、大きな問題じゃないと思うんですよ。

国が税金を使って何か事業をやる。
その発注先は民間企業なんですよね。
例えば「○○の製作に○億円が使われた」とか「調査費用として○千万が計上された」とか言いますけど、別にその金は蒸発して消えた訳じゃないんですよ。
ちゃんと企業の売上となって、社員の給料となって、消費に回る。
社の利益は法人税として半分近くがまた納められるわけです。
要は金を回して経済の活性化にちゃんと貢献していると思うんです。

国主導の大規模な公共事業は、そりゃあ汚い部分も多くありましたけど、戦後の高度経済成長を支えたのもまた事実でありましょう。

で、昨今の政治主導の経済対策ってのは、とにかく“マイナスの発想”なんですよねぇ。
なんでもかんでも、削れるものは削っちゃえと。
それで一時は楽になるかもしれませんが、今度はその後の成長の要素がない。
ただで金をばらまくのは、単なる“施し”であって、決して成長には繋がらない。

今政治がやるべきことは、一時的にであれ、法人税を大幅に減額して、企業がその活動に資源を投入できる機会を与えることです。
高速無料化なんて子供騙しはもうよろしい。
今は国を支える企業にガツンとカンフルを打つことが望ましい。

なんてことを、ワールドカップで世界中が盛り上がってる最中に書いたりなんかしているんですが、皆様どうお考えですかね。
posted by Kei at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

一つの提言

以前、書いたことありますが、私はグリコの『パナップ』が大好きです。
もう出た時から好きです。

最近では、盛んにCMも流れてますな。
ミルフィーユ仕立てでパリパリ感を訴求したとか。
昔からのファンでも、これはこれで新鮮で、なかなかに嬉しいリニューアルです。

今日も、所用で外出した際にコンビニで二つほど買って参りました。
落ち込んだ時には甘い物を食べるのが一番でございます。

が。

…コンビニの店員、こんなスプーン付けやがった(怒)。
10041601.jpg

「CS」という言葉があります。
衛星放送のことではありません。
「Customer Satisfaction」=「顧客満足」という意味です。
いかに顧客に対して商品やサービスで満足してもらえるかを追求し、それによって売り上げの向上を図る、というマーケティングが叫ばれて久しい昨今でございます。

で、スプーンの話に戻ります。
何がいけないかと申しますと、ほとんどの方がお気付きの様に。
10041602.jpg
届かねーんだよ! 物理的に!

まったく、バイトとは言え、何を考えて仕事しているんでしょうかね〜。
ちょっと考えれば分かることでしょうに。

私がなぜこんなに怒っているのか?
それは、「アイスは木のスプーンで食うのが一番美味いんだよ!」ってこってす。

アイスにキンキンの金属スプーンは似合わんのです!
舌に対する刺激が強すぎるのです!
その点、木のスプーンは口に優しく、また冷たいアイス食しタイムにあって、ほのかな木の温もりが子どもの頃の郷愁を思い起こさせ、結果的にそれがアイスの味をより美味に感じせしめる重要なファクターとして十二分な働きを担うのです!

…ぜぇぜぇ。

まぁ、あれです。
百歩譲って、家では代わりのスプーンがあるから良しとしましょう。
じゃあ、買ってすぐ屋外で食べる人はどうすんの?って話ですよ。
届きもしないスプーンで、イソップ童話のキツネよろしく底の方のアイスはあきらめるのか?
蜂蜜を舐めるクマみたいに手をベトベトに汚しながら無理くり短いスプーンで底までかっさらうのか?

…ぜぇぜぇ。

ともかく。
全国のコンビニ、並びにスーパーのレジ係の皆さん。

「パナップには長い木製スプーンを忘れず付属させること!」

これを肝に銘じて業務にあたっていただきたい。
posted by Kei at 03:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

附子

最近、このブログに毒がないと感じられたあなた。
正解です。

いや〜、極力、そういうのは避けてたんですよね。
やはり読んでいて、あまり気分の良いもんじゃありませんし、世の中には違う考え方の人も多いわけです。
実際、生きていると周りには腹の立つことばかりですから、せめてブログぐらいは、毒とか愚痴とか、そういうネガティブな要素をなるたけ排除して、楽しくやっていこうじゃないかと。

本当は色々と書きたいこともあるのです。
今日だって、国の保安のトップにいながら危機管理意識ゼロの腐れ役立たずについて一席ぶち上げてやろうかと思ってましたし。
後は、仕事をしようとしない税金泥棒の法の長とか。
だいたい、政権が交代して何か良いことありましたかね?
日米関係を悪化させてトヨタを苦しめたぐらいですよ。

いや、いけません、いけません。
このままでは、またぞろ暴走特急になってしまいます。

しかしまぁ、結論としましてはですね。
「政治がしっかりしないと、国民は楽しくブログも書いてらんねぇよ」ってことです、はい。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ザッツアメリカ

私と直接知り合いの方は、私がアメリカ嫌いだというのはご存じかもしれません。

いや、嫌いっていうわけじゃないんですよ。
好きな所はあります。
広い国土、小さな事にこだわらない大らかさ、自己防衛の哲学。
それに、コカコーラ、Mac、レイバン、ジッポー、マールボロ…。
私の大好きな物をたくさん産み出してくれました。
(レイバンはイタリアに叩き売っちまいましたが)

しかし、昨今のトヨタいじめはどうですかね。
ちょっとあからさま過ぎやしませんこと。
私はトヨタ好きじゃありませんが、自国の企業がここまでやられると、さすがに腹立ちます。
お前らアメリカが、どんだけ立派で安全な車作りをやってるのか、と。

あと、なんですかね。
イルカ漁を盗み撮りしたエセドキュメンタリーにアカデミー賞ですか。
本当、くだらない話です。

だいたい、ハリウッドのパニック映画なんて観てごらんなさい。
主人公の周りの人間はバッタバッタ残酷に死んでいくのに、飼い犬だけはひょろっと無事に生還したりして。
んで、エンディングでは、死んでいった人達の冥福を祈ることもなしに、主人公とヒロインが笑ってハッピーエンド。
なーんて偽善の極みなんでしょう。

ま。
トヨタの件は、某特定アジア友愛政権の責任も大きいと思いますがね。
その件については、またいずれ。

ともあれ、アメリカって国は、つくづく怖い国ですよ。
未だかつて、人様の頭の上に原爆落とした国は、アメリカしかありません。
それに特定産業を守るためには、自国の大統領まで殺す国ですから。
あ、これって、アメリカ人にとっては触れられたくないところでしたっけ?
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

そいつぁいけねぇよ

「自民党は22日、民主党の小沢幹事長らの国会招致などを求め、2010年度予算案に関する一般質疑と、経済・外交をテーマにした集中審議を欠席した。」

これはいけませんねぇ、自民党。
これでは前政権時代の野党とやってることは同じですよ。
子どもと一緒。
こういう時こそ、「俺たちゃ、野党になっても一味違うよ」っていうのを見せつけないと、次の参院選もまたぞろ怪しいことになっちゃいますよ。

散々、現政権を批判している私ですが、こと「お金の問題」に関しては全然腹が立たないんですなぁ。
資金提供?どうぞどうぞ、ってな感じ。
まぁ、さすがに脱税はまずいとは思いますが。

だって、どっちにしたって、政治にはお金がかかるもの。
余程人道にもとることをしない限りは、政治家が政治資金をかき集める行為には比較的寛容なのです、わたくし。
民主党だろうと自民党だろうと他の政党だろうと、どうせ似たり寄ったりに決まってるし。
要は、その金を使ってどう国を動かしていくかの方が重要であって、金の出所を巡って政治家同士が足の引っ張り合いをしている姿なんぞ見たくもない。
そんなことよりも、この国全体を救うことの方が先決なのです。
ママから金もらおうがどうしようが、そんなこたぁ構わんのです。

で、自民党。
ここは一つ、キチンと審議に参加していただきたい。
国会中のヤジも厳に慎んでいただきたい。

私があなた方に期待しているのは、もっともっと崇高な、国を憂う政治家としての姿なのですよ。
posted by Kei at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

酷い話

私はヒゲが濃いので、ヒゲ剃りはもっぱらウエットシェービングです。
愛用しているカミソリは、シックのプロテクター3Dというヤツ。
もう10年ぐらい、この銘柄を指名買いしているんじゃないかしら。

今日、ホームセンターへ替え刃を買いに行ったら、何やらパッケージにこんなシールが。
01102401.jpg

ふむふむ。
Webに連動させたキャンペーンってヤツですな。
私の場合、こういうのに当たる可能性はほとんどゼロなのですが、まぁ興味半分で内容ぐらいは見てみましょうかね。

なんて思いながらシールの中面をはがすと。
続きを読む
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

敵艦イチ、大破!

どこぞの狂信テロリスト集団のお船が、日本の船にちょっかい出した挙げ句、自爆した2010年1月6日。

これ、半分わざとだろ。
絶対に。

こういう輩は相手にしないのが一番だが、こっちが相手しなくても向こうから絡んで来るから始末が悪いですな。

オーストラリアも、これをネタに一層、圧力をかけてきそうな雰囲気。
心配しなくても、今時の日本人は牛肉の代わりにクジラをどんどん食べようなんて思ってないってば。
“おーじーびーふ”とやらの輸入量が減ることなんてないんだから、さもしいことして欲しくないね。

しかしあの船、報道によるとアメリカの富豪が寄付した金で買ったとか。
あれだけ犯歴のある団体のサポートするって、どういう神経なんでしょうね。
常識が疑われますね。
世界はアングロサクソンの天下ですか?

ねぇ、パタゴニアさん?

ディスカバリーチャンネルさん?
posted by Kei at 23:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

常套句

例えば、革ジャンを見にお店に行くとする。
品定めをしていると、店員が近寄って来て「どうぞ、試着して良いですよ〜」とにこやかに話しかけてくる。
ちょっと気になるのがあったので、試着してみる。

ふ〜む。
ちょっと窮屈だな。
今はワイシャツだけだけど、下に厚手のトレーナーとかフリースとか着たら厳しいかな?
もう一つ大き目のサイズないの?
なんて思っていると、必ず店員が言うセリフがある。

「革ジャンはタイト目がカッコ良いですよ! それに革は伸びますからね!」

そう、そこのアナタ。
言われたことありませんか?
ありますよね?

いやいや、でもそんなに伸びるわきゃねーだろ、と。
馴染んで柔らかくなることがあってもさ。

タイト目が良いっていうのは、まぁ言っていることも分からんでもないが、それは人それぞれ。
真冬でもやせ我慢してでも「革ジャンの下は白いTシャツしかありえねーよボーイ」ってパンクな人もいるだろうし、「ただでさえ断熱性の低い革ジャンに重ね着しないで年が越せるか」って人もいる。

そこんところ、店員には個々のニーズに合わせて的確なアドバイスが欲しいと思うわけである。
その言葉に乗せられて高価な革ジャンを買ったは良いが、後になって激しく後悔ってなパターンは意外に多いんじゃないかしら。
特に革って、なかなか融通の利かないヤツだからして。

なんでこんなこと書いてるかと言うと、昨日、ふらりと立ち寄ったお店で前述のセリフを言われたわけ。
それがね、これまで革ジャンを見に行った全てのお店で、だいたい同じ様なセリフを聞かされた経験があるのだ。

頼むから、服ぐらいは自分の感性で選ばせてくれよ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

亡国の足音

さて。
いくら鈍い日本国民でも、そろそろ気付いてきた頃じゃあるまいか。

民主党の特定アジアへの売国政権の恐ろしさに。

大勢を引き連れての中韓謝罪行脚に陛下の政治利用。
そして外国人参政権の国会提出。

相当マスコミも頑張って偏向報道してきたけど、限界はあるだろ。

もうどうにもなりません。
そういう政権を選んだのは国民です。
このまま国益も、国家としての尊厳も全て売り払われ、日本はアジアの二流国家と成り下がっていくわけです。
戦後教育万歳ってなもんです。

このブログは確かに“右寄り”な発言が多い。
しかし客観的に見て、本当に今の政権が“国の未来”の為に活動しているとは思えないのである。

「戦争で悪いことしてごめんなさい。日本は過去の文化も尊厳も全て捨てて、改めてあなたたちに尽くします。気に入らないのなら、国旗も国歌も全て変えても良いです。だから仲良くしてください。
ガス田?そんなもの差し上げますよ。それとうちにもどんどん来てください。なんなら参政権も与えますから。その代わり、私たちに投票してくださいね。」

そう言っているのと同じではあるまいか。
本当にそんな姿勢が、国家と言えるのか。

やれやれ。
景気回復どころじゃないな。
国自体が奪われていくよ。。。
posted by Kei at 03:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

我慢ならん

この国の首相は、とうとう陛下まで親中路線への道具に使い出したぞ。

ガス田の件はどうするんだよ?
知らぬ存ぜぬか?

あと、なんだ?
「クジラの肉は大嫌い」だ?

お前だけは絶対に首相とは認めん!
俺は選んでないからな!

ここまで総理大臣に敵意を抱いたのは生まれて初めてだ。

これで参院選まで民主が獲ってみろ。
俺は心底、この国に失望するぜ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする