2010年07月22日

『プレデターズ』

…を観に行って来ました。
映画なんて久しぶりです。

まぁ、映画というものは観る人によって感想が千差万別ですので、“私個人の印象”と限定して書きますと。

結構面白かったですよ。

と言うか、『エイリアンvsプレデター』なんて亜流を除けば、『プレデター』シリーズって三作とも何気に全部面白いですな。
個人的にはダニー・グローバー主演の二作目が一番好きですが。

今作の舞台は(他惑星の)ジャングルということもあり、テイストとしては一作目に近い感じでした。
人間側のメンバー構成も、使用する武器とか含め、なんとなしに似たような…でしたし。
ただ今回は、人間間の描写に重点が置かれていて、あんまりプレデターの怖さを前面に押し出していない印象を受けました。
前二作の方が怖くて強かった。

とまあ、くだらない個人感想はこの辺りにしておきますが、最後に一つ。
人間側のメンバーに、日本のヤクザが一人入っているのですが…。
日本人からすると、アレはヤクザというよりサムライだよ。
posted by Kei at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ワイヤレス時代

昨日、用事で福岡に行ったついでに、大好きなヨドバシカメラへ寄りました。

いや〜、楽しかった。
ヨドバシ大好き。

気になっていたアナログ式のプロトレックやデジタルカメラ、レンズ、携帯電話などなど、全て現物チェックできたし、伸びていた髪も15分で切ってくれる。
まったくもって素晴らしいスポットですな。

さてさて。
見ているばかりでは悪いって訳ではないんですが、一応、買い物もいたしました。
10032701.jpg
Appleのマジックマウス。

Bluetooth接続のワイヤレスマウスです。
時代は、何もかもから電線を省こうとしてますな。

早速、自宅に帰って導入してみたのですが。
うーむ、なかなか戸惑うことの多いマウスです。

まず、重い。
単三電池2本も入っているんだから当然ですが。

あと、薄い。
格好は良いんですが。

サイドボタンがなくなった。
Exposéを割り当てて使っていたので、ちょっと不便。
(このあたりから、Macユーザー以外を置いてきぼりです)

なんかこう、これまでのマウスとは根本的に違う握り方を要求されているような感じです。
2本指フリックとか便利な機能が備えられているので、後は慣れ次第でしょうかね。

余談ですが、私がこれまで使ってきたマウスの中で最も手に馴染んだのは、初代iMacと同時に発表された通称『丸マウス』なのですが、この話をすると誰もが「うそ〜!」と言います。
少数派のMac派にあって、私のマウス感性はさらに少数派のようです。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

秋の夜長

…それにしても暑っち〜な〜、おい。

現在、午前0時36分。
なのに、Tシャツ1枚で窓は全開である。
もう11月も半ばになろうとしているのに。
やれやれ。

さて。
こんな秋の夜長は、虫の音を聞きながら革ジャンのお手入れでもして、来たる冬に思いをはせましょう。
まぁ、我が家では目の前の国道を通るヤンキー車の爆音しか聞こえませんが。

使用するケミカルはこれ。
09110701.jpg
ニコラスのレザークリーニングオイル。

革ジャンのメンテというとミンクオイルが代表だが、事前に集めた情報だと、ベタ付くのであまりジャケット類の手入れには適さないらしい。
んなわけで、南海部品の革ジャン売り場にあったこれを購入してみた。

使い方は、こうやってウエス(今回は不要になったシャツ)に適量をスプレーして、わしゃわしゃと拭き上げるだけ。
09110702.jpg
直接スプレーしても良いみたいだが、それはもったいないだろう。
経験上、こういうものはごく少量で充分なはず。

100%植物由来だそうで、匂いもないし、スプレー式でなかなか使い勝手は良い。
もちろんベタ付きもほとんどない。

で、これが作業終了後。
09110703.jpg

あ、ちなみにこのジャケットは、つい最近ヤフオクで独り相撲をとりながら入手した例の物。
そこそこの年代物なのだが、割と艶などは残っている方だと思う。

1月にKADOYA福岡店で買ったバイク用の革ジャンは、まだ新しいのでオイルを入れる必要はなし。

え?
「ヤフオクで落としたもう一着の方は?」って?

そんなもんは知らん。
とっくに処分したわい。

えらい金額で買い叩かれて泣いたね。。。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

紫煙をくゆらす

コンビニの店頭でライターとセットで販売していたので、かなり久しぶりに新しい銘柄の煙草を買ってみた。

ウィンストン・ライト。
09100601.jpg

ウィンストン自体は、何度か吸ったことがある。
恐らく、『リーサルウェポン』でメル・ギブソンが吸っていたのに影響されたんだと思う。
当時の感想は、赤いマールボロと似た感じかな、だった。

「世界トップ2の販売数量」と付属のリーフレットに書かれているが、日本ではあんまり売れていない。
と言うか、この銘柄自体を知らない人も多いんじゃないかな。

で、早速ライトの方を吸ってみたら、予想した通り嫌いな味ではなかった。
どちらかと言えば好きな味。
ファーストコンタクトでは「ちょっと甘い?」と感じたが、それは私がマールボロ・ライトをいつも吸っているからだと思う。
(マールボロ・ライトって、普通のマールボロよりも辛いんよね)

まぁでも、銘柄をチェンジするまでには至らんかねぇ。
黄金のマールボロをこよなく愛してますのよ、わたくし。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
喫煙は、肺がんの原因の一つとなります。
喫煙は、心筋梗塞の危険性を高めます。
喫煙は、脳卒中の危険性を高めます。
喫煙は、肺気腫を悪化させる危険性を高めます。

妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の
一つとなります。
人により程度は異なりますが、ニコチンにより
喫煙への依存が生じます。
喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないように
注意しましょう。
未成年者は、周りの人から勧められても決して
吸ってはいけません。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

手のひらのキャンバス

私が愛用しているカメラは、パナソニックのFX01。
広角28ミリや光学式手ぶれ補正といった、昨今のコンパクトデジタルカメラのトレンドを産み出した“はしり”とも言える機種である。
09092701.jpg

このカメラは良く使っているなぁ。
買ってから、もう3年半以上だもの。

私は携帯電話のカメラ機能を使うことがほとんどないので、仕事中も含め、大抵このカメラは身の傍らにある。
ブログの画像も、ツーリングを含めて7〜8割はこれで撮ったものだ。
パナソニックのコンパクトが吐き出す画像は、色味がややこってりとしている感じで、Web上に載せるには単純に見栄えが良い気がする。

ちなみに画素数は今となっては寂しい600万画素だが、それで困ったことはない。
よっぽど琴線に触れる機種が出るか、これが壊れるまでは買い換えることはないと思う。


いっちょまえに一眼レフも持っている。
ペンタックスのK10D。
09092702.jpg

…考えたらこれも3年近く使ってるのか。
それ以前に、なんで3年前の俺はそんなにバブリーだったんだろ?

たまに室内で撮影した物をブログに載せることがあるが、それはこのカメラで撮影したもの。
常用しているレンズは、シグマの17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO。
と言うか、レンズはこれしか持っていなかったりして。
値段の割に明るいし、かなりまで寄れるところが気に入っている。

やはり一眼レフで撮った画像は、コンパクトとは全く違うものである。
本当はツーリングにも一眼レフを持ち出したいのだが、いかんせん重いし嵩張るしで、ついついコンパクトで済ませてしまう。
値段が高いから、振動などにも気を使うしね。

一眼レフの方は、新しい機種が欲しい。
同じペンタックスのK7。
でも、さすがに中級一眼レフをホイホイ買えるほどの経済的な余裕はない。

デジタルカメラは便利なのだが、性能の向上が早すぎて、あっという間に旧機種が陳腐化してしまうのはツライなぁ。
フィルム式の良いカメラなら古くなってもそれなりの魅力があるものだが、今現在のデジタルは、やっぱり新しいほど良いもんね…。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

独断と偏見の腕時計考-2

前回のエントリで時計のベルトについて書いたが、じゃあ「理想のベルトは何だ?」と言うと、私は間違いなく金属ブレスレットだと答える。
布製は汚れや垢が染みこみやすく、ちょっと使うとみすぼらしさ全開だし、下手をうつと悪臭まで漂ってくる。
革製も手入れが難しい上に、同じように汚れる。
耐久性重視で長く使うとなると、やっぱ金属だなぁと。

野外用の時計を探した時にも、ここは結構重要だったわけですよ。
実はプロトレックにはチタンバンドのモデルもあり、これなら相当理想に近い。

だけど、プロトレックのチタンモデルは高いんよね。。。
実売で5万以上とかするのだが、前にも書いた様にプロトレックはデザインが好みでない。
妥協して買う時計に5万は出せん。
で、ある程度価格を抑えつつ、見た目もそこそこなのを、と探しているうちにライズマンに行き着いたわけ。

ところで。

私は腕時計が好きで、これまでにも色々使ってきたが、そのどれもがミリタリー系だったりアウトドア系だったりのテイストを持っている品ばかり。
購入価格もマックスで5万程度であり、いわゆる宝飾品的な香りがするブランド物の時計にはあんまり興味がない。

メーカーで言うと、実はセイコーが一番好きだったりする。
やっぱ日本人だし、時計として正確なのだ。
昔、G-SHOCKが湾岸戦争や映画『スピード』の影響で流行りだした頃、セイコーもALBAのブランドでハイパーテックという似た様な商品を出していた。
(記憶が確かなら、ELバックライトを初めて搭載した時計だったと思う)
私も持っていたが、これがまぁ正確で。
全然狂わない。
今仕事で使っている同じALBAのストップウォッチも、もうかれこれ2〜3年は時刻合わせをしていないのに、これまたまだ1分と狂っていない。
セイコーデジタルのクォーツの精度は素晴らしいですよ。

ま、電波時計が広まってきた今となってはあんまり関係ないのだが。
続きを読む
posted by Kei at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

独断と偏見の腕時計考-1

ストレスが溜まると浪費の衝動が抑えられない。

…というわけで、新しい腕時計を買ってしまいました。

カシオのG-SHOCKシリーズのライズマン。
09071101.jpg

実はこのオレンジ色、昨年の限定色だったので、探すのに苦労した。
海外版のは安くて豊富にあるのだが、それには電波受信機能が付いていない。
電波受信がないんならいらないな〜と諦めかけていたところ、福井の時計屋さんのホームページでようやく見つけましたよ。

ライズマンというモデルは、何と言っても気圧高度計が内蔵されているところがウリである。
これで山にも使えるぜ、と。
山と腕時計と言えば、プロトレックが定番なのだが、私はどうしてもあのデザインが好きになれないんですなぁ。
機能的には文句ないのだが。

で、これまで山で使っていたのはこれ。
09071102.jpg

TISSOTのT-TOUCH。

続きを読む
posted by Kei at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

Appleだね

最初に断っておくが、私はMacユーザーであり、“信者”とはいかないまでも、結構なAppleファンである。
(というか、アンチMicrosoft派である。…使ってるけど。)

まぁ、それにしてもですよ。
今日から公開されたMac OSの標準ブラウザであるSafari4.0の出来が実に素晴らしい。

09060901.jpg

何が素晴らしいって、これはもう使ってみなければ分からないからいちいち説明はしないが、とにかく見た目と言い、機能性と言い、もはや感動すら覚えてしまうダニ。

こういうことされると、おじさん弱いんだよな〜。

新しいiPhone 3G Sもなんか良さそうだし、いよいよ禁断の奥義『ソフトバンク買い増し』に手が出てしまいそうになるな〜。

罪だよな〜。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

新しいiMac

でまぁ、先日の記事にも書いた通り、パソコンを新しくした訳なんですが。

いやぁ〜、やっぱ新型は良いね。
(まぁ、前のマシンがeMacだしね…)

なんつっても速いし、ディスプレイでかいから気分が良い。
複数のウインドウを開くアプリなんかも快適さが全然違う。
新しいキーボードにはキー配列も含めて違和感があるが、これも慣れの問題だろうし。

キーボードと言えば、個人的にデスクトップマシンにデフォルトでテンキーの設定がないのはどうかと思うのだが。
私はテンキー信奉者なので、BTOにてテンキー付きキーボードに換えてもらったが、これがないと作業効率が悪くならないか?
画面(本体)がデカイんだから、キーボードを省スペース化してもあんまり効果が無いように思ったりして。
まぁ、iMacだから良いのか。

今のところ、環境移行に付きものの目立った不具合も起きてない。
ただ、Mailの動作がイマイチ怪しい。
(迷惑メールフィルタがなんかちゃんと働いていない様な気が…)

さあて、今日も夜っぴいてお仕事しますかね。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

昼食はMRE

お正月にキャンプをした際に知り合いになった方に、米軍の戦闘糧食であるMREをいただいた。

今日は三連休の中日。
天気も悪く、寒くて外に出かける気がしないので、昼食はいっちょコイツを食してみよう。

メニューは「ビーフラビオリ」。
09011101.jpg

開封すると例によって中身は相当な品数。
09011102.jpg
メインディッシュのラビオリに、それを温めるヒーター、クラッカー、チーズスプレッド、ポテトスティック、チョコチップ入りブラウニー、粉末グレープジュース、インスタントコーヒー(砂糖、ミルク付)、塩、タバスコ、ガム、ウエットティッシュにティッシュ、マッチ、スプーンという陣容である。

先ずはメインディッシュをヒーターで温める。
ヒートパックにラビオリのレトルトを入れ、後は少量の水を注いで斜めにして待つだけ。
09011103.jpg

その間に、他の物をどんどん食べる。

クラッカーにチーズを載せた物。
09011104.jpg
MREと言えばピーナッツバターが入っていることが多くてチーズは初めてだったが、これはなかなか美味い。

ポテトスティックは市販のスナック菓子と同じ様なものであるが、今一つ馴染めない風味がした。
09011105.jpg

メインディッシュのビーフラビオリ。
09011106.jpg
どうも温め方に失敗したみたいで、ほとんど常温のままである。
数口食べてみたが、生タイプのドッグフードを食べているみたいでどうにも食が進まない。。。

仕方がないので、ぐつぐつと湯煎にいたしませう。
09011107.jpg

で、こうなりました。
09011108.jpg
温め終わったビーフラビオリは、トマトの酸味が強いものの、結構イケる味。
クラッカーと一緒に食べるとちょうど良い。

デザートはブラウニー。
09011109.jpg
MREのデザートは激甘の品が多いのだが、これは中でもずば抜けて甘い。
何と言うか、脳幹を直撃する甘さ。
甘い物好きの私でも途中でギブアップである。

とまぁ、こういった感じ。
MREは随所で「マズイ!」という定説が唱えられているが、私個人からすると、携帯食料としてはそこそこのものであると思っている。
だいたいメニューの数なんていくらあるんだっけ?
自衛隊の缶飯は確かに美味いが、何十種類もバリエーションがあるわけではない。
戦場で安心安全、しかも手軽にこれだけの食事が楽しめるのはアメリカならではだろう。
posted by Kei at 17:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする