2018年12月09日

どんより土曜日

YZF-R3に召集令状が。
18120903.jpg

まぁ事前にネットのニュースで内容は知っていましたけどね。
18120901.jpg
この該当箇所、私のR3にとっては既往症でございます。

なんだ、結局リコールになったんかよ。

そんなことで今日はバイク屋へ部品交換に。
他にも数台、リコール対象車が入庫しているとかで、4時間ほど預けることになってしまい、仕方ないのでバイク装備でトボトボと家に帰ったのですが。

あら?
ライディングブーツの踵が剥がれてる!
18020902.jpg

おいおい、買ってまだ2シーズン目(寒い時期にしか履かないブーツ)だぞ。
そりゃ確かにキャンプとかでややハード目には使うけどさ。

瞬間接着剤で応急修理しようとしたのですが、どうも凸と凹が合っていないというか、ソールの方がサイズが大きくなってて全体的に浮いている感じというか。
こりゃ修理不可ですな。

新しいブーツが欲しいけど、今月はマイカーローンのボーナス払いなどで何かと入り用なので、しばらくは節約しなければなりません。
また来年、余裕ができたら新調しよう。
でももう、シンプソンは買わん。

そして夕方遅くにR3を引き取って帰ってきてみたら、今度は右のフロントカウルがキチンと装着されていないのを発見し、仕方なく薄暗く寒い中、カウルのバラシと再装着作業を自分でやる羽目に。

まったく、なんて土曜日だ…。
posted by Kei at 02:47 | Comment(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

新型YZF-R25/R3正式発表

ヤマハのYZF-R25/R3の次期モデルが海外で正式発表されました。

現行モデルのオーナーとしては正直、心穏やかではありませんでしたが、率直な感想は「あー、良かった」というところ。
実車を見ないと本当のところは分かりませんが、ネットの画像や動画を見る限り、デザインの第一印象は現行モデルの方が断然好み。

なんじゃ、新型のあの変顔は。
ラムエア過給もしないくせに大口開けちゃってさ。

見よ、現行型のこの美しいデザイン。
18101201.jpg
ホンダもパクった影響を受けた逆スラントノーズから、わずかに膨らみを持たせつつ左右のカウル端に繋がる優美な曲線。
ホオジロザメのような精悍さ、そして見方によってはレッサーパンダのような愛らしさも同居する素晴らしいフロントマスクじゃありませんか。

趣味で公道を走るバイクなんざ、しょせんは見た目が好みかどうかだよ。

別にサーキットを走る身分でもありませんから新型の倒立フォークなんて本当にどうでもいいですし、一番気になっていたスリッパークラッチも搭載されないということで(というか中身どこか変わったのか?)、いやいやこれなら全然嫉妬せずに済みますわ。
まぁLEDヘッドライトは少し欲しいな、とは思いますけど、それぐらいかなぁ。

もう少し思い切ったモデルチェンジをしてくるかと思ったんですが、このクラスはコストもシビアでしょうから色々妥協もあるんでしょうね。
でもこれ、売れるかな〜?
posted by Kei at 00:59 | Comment(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

冬の装い解除

今日の広島市内は暑かった。
昼時、なんと20度まで上がったみたいです。

そんな中、私は自動車の登録に向けて役所に行ったりディーラーに届けたり、はたまた買い物をしたりと、ハツカネズミのようにクルクル走り回っておりました。
天気が良いのでR3さんで動いていたのですが、こんなに気温が上がるとは思っていなかった。
出発時の服装は極暖ヒートテックの上に半袖Tシャツ、そして革ジャンにはインナー装着。
しかし走り出して数分で背中に汗をかき始め、すでに後悔です。

そこでまず繁華街の有料駐輪場にバイクを停めた時点で、革ジャンのインナーを引っぺがしてデイパックに収納。
役所の休日窓口に行ったり不動産の管理会社に行ったりと歩き回ったのでさらに暑くなり、半袖Tシャツも脱ぎます。
休憩でカフェに寄り、駐輪場に戻った時には革ジャンはとっくに脱いで脇に抱えていましたので、バイク乗車前に極暖ヒートテックを脱いで半袖Tシャツにチェンジ。
そこからバイクでディーラーに行く道中、やっと快適な温度となりました。
Tシャツに革ジャンで快適って、ゴールデンウィーク並みじゃないか。

若干の買い物を済ませたら用事も全て終わりましたので、R3さんで近場をブラリと。
18030401.jpg

やはり気温が上がるとバイクも乗りやすく感じますな。
グローブも薄手になるし。
さて、このまま春も本格化するのでしょうかね?
posted by Kei at 00:14 | Comment(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

プチッとトラブル

年が明けてから仕事が妙に忙しく、年度末までなかなかハードな日々が続きそうです。
これで儲けがあればいいんですが、儲からない忙しさというのは虚しいばかりですな。
まだ今年も始まったばかりだっていうのに。
皮膚科にも行けていないので薬がなくなってしまったぞ。

さて。
今日も先週に引き続いて休日出勤で現場に直行。
やっと昼過ぎからフリーな時間が取れたので、帰宅するなりR3さんに昨年取り付けたミラーライザーのボルト交換作業に取りかかります。
キットに入っていたボルトの長さが、ライザーの高さに比して短いのが前々から気になっていたので、先日ホームセンターに寄った際についでに買っておいたのです。

天気が良くて気温もまずまず。
こんな冬の日のお外は気持ち良くて大好きです。
えーっと、ではまずバイクカバーを外して駐車場の広めの場所に車体を引っ張り出してですね…。
って、ん?

18012001.jpg
うげ。
R3さんがご失禁なさっていらっしゃる!!

この緑色の液体は完全に冷却水だな。

18012002.jpg
あー、やっぱホースの付け根あたりから痕跡がしっかり残ってるわ。

失禁といってもダダ漏れというわけではなく、時間をかけて徐々に、という感じなので、とりあえず走行に支障はなさそう。
今日は疲れていて、ボルト交換だけ済ましたら速攻で昼寝に突入するつもりでいましたが、仕方ないので準備をしてバイク屋さんまでレッツらゴーです。

すいませーん、冷却水が漏れているんで診てもらえますか〜?
はーい。

てなやり取りがあって約15分後。
やはり原因はホースにあるそうで、ただし今日は交換部品がなく、メーカーに発注して届いてからの修理となることに。

ま、予想はしてたけどね。

やはりインドネシア製。
細かいところで信頼性はまだまだって感じですかね。
さて、明日はお休みなので、気力が回復すれば手負いの(そんな大げさでもないが)R3さんでどっか行きたいところですが、さあて。
posted by Kei at 18:10 | Comment(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

やっとエンジン始動

広島市内。
今日の午後になってやっと雨が上がりました。
もう3週間、シートを被せっぱなしだったR3もようやくエンジンを始動できます。

とは言え、まだ路面はハーフウェット。
時刻も遅かったので、近場をぐるりと走ってガソリンを補給しただけで帰還です。

いつもの海浜公園にて。
17102901.jpg
この公園は犬を連れてきている人が多く、たまに遊ばせてもらっています。
犬好きの私にとっては密かな癒しポイント。

ちなみに今日無理して走ったのは、チェーンのメンテをやりたかったから。
少し走ってチェーンが暖まった状態の方が汚れが落ちやすいのです。

R3にはセンタースタンドが付いていませんから、チェーンメンテの時、私はこういうものを使います。
17102902.jpg
いわゆるローラースタンドとかいうもの。
これの上に後輪を乗せると後輪だけクルクル回せるわけですな。

でもこれ、あんまり使い勝手が良いとは言えません。
まずタイヤの回転がスムーズではありませんし、回しているうちにどんどん位置がずれて、また降ろして再調整ってなことが何回も必要。
あと、高さが上がるので、サイドスタンドに下駄を履かせる必要もあります。
私はホームセンターで買ってきた木片をサイドスタンドにかませて使っています。

ま、安いしお手軽だからあまり文句は言えませんけどね。
素直にメンテナンススタンド買った方が効率は良いんですけど、どうするかな。
posted by Kei at 18:24 | Comment(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

丹下段平

現代のバイクは走行中、ヘッドライトは常時点灯です。
ちなみに前のマジェスティSだと、キーを回してメインスイッチをオンにした時点で既に点灯していたのですが、YZF-R3はエンジンが動いていないと点灯しません。
バッテリー保護のためでしょうか。

で、エンジンがかかるとこうなります。
17092501.jpg
片目です。

右と左でロービームとハイビームを分けているんですね。
当然、ハイビームにすると両目が光ります。
17092502.jpg

これ、バイクだと割と普通なんですが、あまり興味がない人はそんなこと知るわけもないので、結構頻繁に「片方切れてるんじゃない?」的なことを言われてしまいがち。
日曜日の御手洗ツーリングでも、橋の料金所のおばちゃんに言われました。
もちろん親切心なのでありがたくお聞きし、「片方しか点かないんですよ」と返事しておきましたが。

思えば昔はデュアルヘッドライトでも両方点灯が普通でした。
今はバルブの性能がいいからか、一灯でも十分な光量が確保できるんでしょうね。
まぁ恐らくは電力の節約が理由なんでしょうが、これもLEDがさらに一般的になってきたら、また両目点灯が普通ってな時代に戻るんじゃないかな。
バランス的にも両方点いている方がやっぱりいいよね。
posted by Kei at 23:20 | Comment(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

お盆前の静謐

今日から私もお盆休み突入ですが、今年は実家に帰って色々とやらないといけないことが山積みなので、あまり休みという感覚がありません。
あー、早く落ち着いて心置きなくキャンプにでも行きたいもんですな。

今日だけは一日フリーでしたので、昼まで寝て睡眠不足をガツっと解消し、洗濯や掃除を終わらせ、夕方前から少しR3さんに乗ってきました。
河原で佇んでいると、先日までの身を炙るような熱気も角が取れ、空気はもう秋の気配ですよ。
17081101.jpg

そうそう。
先日交換したPROGRIP、なかなかいいです。
まだ高速道路走行はしていませんが、以前よりも手に伝わる振動の質が丸くなった感じです。
(誰だ?プラシーボ効果なんて言うのは!)
ますます楽しくなったR3、今度はブレーキレバーとクラッチレバーをアジャスター付のに換えたいなぁ。
posted by Kei at 21:01 | Comment(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

2ヶ月経過-2

2ヶ月経過、とか言いながら、ボーッとしていると3ヶ月経過になってしまいそうなので急ぎます。
今回は箇条書きで細かいところをば。

●ウインドプロテクション
スーパースポーツライクな低く構えたカウルは、ネットでは「風防効果は期待しない方がいい」なんて意見もたまに見かけます。
もちろん、大型のツアラーやアドベンチャーモデルのそれに比べれば劣るでしょうが、元ネイキッド乗りからするとやはり全然違いますね。
特に下半身のプロテクションに関しては「こんなにも違うものか!」と感心しきり。
これなら真冬でも相当楽だと思う。
ちなみにノーマルスクリーンの効果は、身長172の私でちょうど首元ぐらい。
もう少し上端が長くて外側に反った形状なら高速ももっと楽だと思いますが、まぁ社外品は沢山あるのでそういう人は付け替えればいいと思います。

●高速道路走行
排気量が320しかないので決して楽勝というわけではありませんが、かといって苦しくてたまらないということもありません。
普通に法定速度でブーンと走る分には動力性能に絶対的な不足は感じませんし、そこから追い抜きにかかってもシフトダウンなしで充分安全に加速します。
前にも書きましたが直進安定性はかなり高いので、多少の横風でも怖さはありません。
ただし90キロ近辺から、高周波のビビビビビッとした微振動が、シート、ステップ、ハンドルに伝わり始めます。
長時間走ると手足が痺れびれびれ。
なので、あまり積極的に長距離を高速で走りたくはないかな。

●ミラー
これまたネットでは「真後ろが見えない」と悪評が高い部分ですね。
正直、確かに見づらいです。最初の頃は、後続車に気づかなかったこともあるくらい。
カウルマウントだからある程度は仕方ないとも言えますが、もう少し角度が上なら違ったのに、とか思ったり。
ミラーの足を伸ばす社外品のパーツもあるんだけど、そうすると幅が広がるので一長一短。長くなっても一短です。
左肘をクイッと内側に畳みながら顔を少し左に傾けてミラーを見る。
これがR3/R25乗りの正しい後方確認動作ってこってす。
(って、面倒くせえよ!)

●発熱
排気量が排気量ですから発熱は大したことありません。
でもファンはすぐ回ります。
真夏でもないのに信号待ちをちょっとしているだけで、すぐブーンと。
やはり最近のバイクは排ガス規制や燃費対策で、相当燃料を薄く燃やしているんでしょうね。
(燃料はエンジンの冷却作用がある)
それ考えると温暖化の昨今に大型乗っている人って、夏はかなり大変なんじゃないかな。

●排気音
騒音規制下の最近のバイクですから、さぞかし静かなんだろうなと思っていたら、実際は結構威勢のいい排気音でした。
最初にエンジンをかけた時は「あら!?」と思わず呟いてしまったぐらい。
250と比べるのもあれですが、前乗っていたキャブレター時代のVTRの方が静かだったような。
マジェスティSも意外に活発な音でしたから、ヤマハのバイクはそうなのかもしれません。
あとセルの音、うまく説明できませんけど、なんか独特です。
タイトに噛み合ったギアの軋む感じというか。
まぁどうでもいいですけど。
posted by Kei at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2ヶ月経過-1

YZF-R3が納車されて2ヶ月経ちました。
今日までの走行距離は約1,300キロで、慣らしも完全に終わり、人間の方もだいぶバイクに慣れてきたところです。
で、このタイミングで備忘録的に、一度私のR3に対する印象に少しずつ触れてみましょう。
ちなみに私のバイク歴はVTRとスクーターのマジェスティSだけですから、あまり情報として良質とは言えないことは事前に申し添えておきます。

まず全体の印象ですが、一言で言うとライトウェイト・ツアラーですね。
車体は軽く、フラットで扱いやすい動力性能、よく切れるハンドル角含めて優しい操作系、前傾すぎないライポジ、そしてフルカウル。
まぁツアラーを名乗るには積載性が全くダメですが、それは個人でキャリア付けるなりパニア付けるなりで工夫しなさいってことでしょう。そもそも原産国のインドネシアではプレミアムなスポーツバイクという立ち位置ですし。
それでいくと、国産のこのクラスのフルカウル車って、みんな似たような素性だから性格も似てるよな。
R3の兄弟車であるR25しかり、カワサキのNinja250しかり、スズキのGSX250Rしかり。途上国では高級なスポーツバイクではあるけれど、同時に日常の道具としても使われるから、そこも重視した設計というか。ホンダの新しいRRはちょっと生い立ちが違うけど。

ライトウェイトと言えば値段もライトなのですが、実際各部を仔細に見ていくと、あちこち安っぽいのはご愛嬌。若干隙間が垣間見えるカウルの継ぎ目とか、表面に出ているネジ類の頭の愛想のなさとか。
特にブレーキペダルは、いかにも「プレスでブチ抜きました」感丸出しで、バーベキューセットのトングを連想させます。スーパーカブでももっと良いのが付いてるんじゃないか?
ま、実際安いから仕方ないんでしょうな。

320ccという排気量についてはネット上でも様々意見があるようです。
R25の250ccからたった70ccアップで車検がありますからね。中途半端と言われても仕方ないでしょう。
逆に私は昔からこの感じが好きなんですよね。悪く言えば中途半端ですが、良く言えばマルチパーパス。戦闘機ならホーネット。モビルスーツならガンキャノン。
で、実際の70cc差ですが、私はR25に乗ったことがないので正確なところは何も言えません。
ですが昔乗っていた規制前のキャブ仕様VTRの記憶と比べても、全ての回転域で当然力は上に感じます。
街中なら、「250ならここは2速だろうな」というシーンでも横着して3速でどうにかなったり、5速のまま40キロぐらいから何事もなくスルスル加速できたり。とにかく良くできたエンジンで、本当に運転が楽です。
もちろんパワーウエイトレシオやトルクウエイトレシオに関しては、大型はもとより400ccクラスにも劣っていますから過度な期待は禁物ですが、長時間の高速道路走行以外なら私には特に不満もありません。

ハンドリングは予想以上にスタビリティ重視と言うか安定志向。
見た目からしてもっと軽快にヒラヒラするかと思ったら、車線変更やコーナーの切り返し時、多少「よっこいしょ」という感じが無きにしも非ず。
じゃあダルなのかと言えばそんなことはなく、旋回率自体は悪くないと思います。そしてコーナリング中に怖さがあまりない。まるで「もっと曲がれまっせ」とバイクが言っているように。
ま、私はあまりワインディングが得意ではないので、ここらあたりのインプレはあまり参考になりますまい。
ちなみに低速でのコントロール性は抜群。
Uターンも楽々で、知らぬ間に自分が上手くなったような錯覚を覚えます。

てなわけで全体の大まかな印象はこんな感じ。
次の機会は細かい点を拾っていきましょう。
posted by Kei at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

晴天の土日

世の中はゴールデンウィークに突入。
業種によっては昨日から9連休、なんて羨ましい人もいるんではないでしょうか。
私はズバリ、カレンダー通りです。

広島は晴れて気持ちのいい週末でしたので、私も今日はR3さんを駆り出して勇躍走ってまいりました。
17043001.jpg
キャンプ場探訪はまだ続きます。
見てないでキャンプしろ、って話もありますが。

さて、納車されて3週間、500キロ近く走った平均燃費がこちら。
17043002.jpg
29.2km/l。

ほとんどツーリングベース+慣らし中で7,000回転までしか回していない、という条件ではあるものの、思ったより良いですね。
VTRの頃で大体30km/lでしたから、ほとんど変わりません。
これなら充分でしょう。

ちなみに昨日は(車で)尾道にラーメン食べに行ってました。
17043003.jpg

私はラーメンでは尾道ラーメンが一番好きなのです。
やっぱいつ食べても美味いなー。
家の近くに店があれば良いのに。

尾道といえば細い路地坂風景とそこに溶け込む猫たち。
この猫、良い表情してるぜ。
17043004.jpg
posted by Kei at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする