2017年10月08日

ミラーライザーその後

先日、YZF-R3のミラー視認性アップのためにミラーライザーという部品を取り付けたことは書きました。
あれから数百キロ走っての感想ですが、ズバリ、いいです。
3千円以上の価値があります。
完全とはいかないまでも真後ろの様子が分かり、後続車の存在もしっかり把握できます。
もちろん、前乗っていたマジェスティSと同等の後方視野というわけにはいきませんが、私の場合はこれにてミラー問題は解決した、と言っていいでしょう。

あえてネガ要素にふれると、やはりオリジナル状態より車幅が広がるので、狭いスペースへの駐輪やすり抜けには若干気を使わないといけなくはなります。
それと少しブレるかなぁ、という感じ。
例えば巡航中、6速80キロぐらいまでは何の問題もないのですが、90キロ近くなってくるあたりから小刻みに視界が震えだし、後ろの車が番場蛮の分身魔球みたいに見えてきます(言い過ぎ?)。

でもこれ、正直、オリジナル状態がどうだったのかサッパリ覚えていないので、ミラーライザーのせいだとも言い切れないところが。
実際、90キロ近辺になってくるとハンドルやステップやシートにも細かな微振動がハッキリと出始めるので、そりゃ末端部のミラーもブレるわな、という感じがしないでもない。
何より「後ろに何があるか?」は分かるので、安全上は多少ブレようが今の方が断然よろしい。

うむ、まずはこれにて一件落着じゃ。

え?見た目?
そりゃ多少はオリジナルとは変わりますが、そんなに違和感もないですよ。
それに乗っている側からは見えやしませんし、3千円で贅沢は言えません。
posted by Kei at 21:12 | Comment(0) | YZF-R3カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

シークレットブーツ

YZF-R3に乗り出して約3,000キロ。
特に大きなトラブルも不満もなく、というか走る度に幸せな満足感に包まれるオートバイライフ。
うん、こいつはいいバイクだ。

…ただ一点を除いて。

前にも書きましたが、R3はミラーの視認性が悪い。
普通に乗っていると自分の腕で真後ろが見えないんです。
これまでは左腕を畳んだり首をぐいっと曲げたり、といった涙ぐましい努力をしながら後方確認をしていました。
しかしだんだんとこれがストレスに。
てか、それ以前に安全上よろしくない。
カウルマウントとはいえ、これはあんまりじゃないか?

やっぱミラーだけはどげんかせんといかん。

ちょいとググると、R3(R25の方が圧倒的に多いが)のミラーの視認性の悪さについては幾らでもヒットします。
で、対策としてはやはりミラーそのものを換えるのが手っ取り早い。
割とメジャーなのがタナックスのカウリングミラーで、これの6番に交換すると見やすさは多少改善されるらしいです。
アームそのものが長い上に調整可能部分が豊富なので、なんとか最適な位置に鏡面を配置できるからだとか。
で、最初はこいつを買って交換しようかと思ったのですが、バイク用品屋で見ると価格がなんと8千円以上とな。
しかも片方で。

おいおい、ミラーに1万6千円かよ!
(通販だと少し安い。それでも7千円以上はする)

しかもR25に取り付けた人のレビューを拾い読みすると、結構ブレについての指摘も多く、導入は見送ることに。
で、どうするかなぁ、と悩んでいた時に、以前amazonからのメールで知ったある商品を思い出しまして。

それがミラーライザーというもの。
要するに純正ミラーの根元に大きめのスペーサーをかましてかさ上げし、ミラー位置を外側にオフセットしたら自分の腕をかわして後ろが見えるんじゃない?というアイデア商品ですな。
改めてレビューを読むと、見た目はさることながら結構効果はあるらしい。
しかも2個セットで価格が3千円。

これなら試す価値はあるか…。

ということで速攻でポチり、休日の今日、取り付けてみました。
余談ですが、最近は通販の受け取りをコンビニでするようにしています。
これならどんなに残業しても仕事帰りに確実に受け取れる。
便利な世の中になったもんですな。

これがミラーライザーの同梱物全て。
17093001.jpg

どこの国で作られたものやらさっぱり分かりませんが、思ったほど質感は悪くはありません。
では早速、オリジナルのミラーを一度取外して…。

なんだこれは?
17093002.jpg
ミラーの根元内側に、スーパーの値札のような部品番号シールが。
さすがインドネシア製。

取り付けはミラーライザーとミラー本体の間に付属の防振用(?)ゴム板を挟んで、これまた付属のボルトで締めるだけ。
ボルトの頭にオリジナルのボルトにはまっていた樹脂カバーをはめ込んで見栄え良くして終わりです。
まずは左側完了。
どれどれ。

あら?
思ったより違和感ないぞ。
17093003.jpg

ちなみにこちらがオリジナル状態。
17093004.jpg

言われないと分からないかもね。
ただ、やはり車幅は広がっているので、一旦左側だけで様子をみます。
すり抜けうんぬんよりも、個人的な駐輪環境の問題で右側はあまり広げたくないので。

では試走に出発。
100キロほどね。
17093005.jpg

視認性ですが、確かに良くなりました!
「完璧に」とか「劇的に」解消されたわけではありませんが、ともかく真後ろの後続車が全く見えなくて気づかない、ということはなくなりました。
具体的に言うと、直線道路を走行中、後続車の左側のヘッドライトは大体常に見える、くらいの後方視野。

これ、外側にオフセットしたことももちろんですが、取り付け部自体が斜めなので、必然的に上にもオフセットしているのが大きいと思います。
個人的見解ですが、R25/R3のミラーって、元々はもっと低いハンドル位置に合わせて設計されたんじゃないですかね。
その後、やっぱ快適性を重視してハンドル少し持ち上げようよ、ってな話になって、結果ミラーとの位置関係がおかしくなったんじゃないかと。
ま、当て推量ですが。

ともあれ、やはり左側だけでは心許ないので、帰宅してから右側も取り付けました。
これでだいぶ後方確認のストレスがなくなったぞ。

道の駅舞ロードIC千代田の移動販売車で買った『よもぎ鯛焼き』。
17093006.jpg
150円と少しお高い鯛焼きですが、よもぎの風味が効いてなかなか美味かったです。
posted by Kei at 20:16 | Comment(0) | YZF-R3カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

グリップ替えた

R3さんのハンドルグリップを交換してみました。

交換したのはこれ。
17073101.jpg
PROGRIPのスーパーバイクグリップ。

R3は2気筒にしては振動がかなり少なくスムーズなエンジンだと思いますが、ある程度回すと高周波のビリビリがハンドルやステップを通して伝わり始めます。
特に固定されていない右手のグリップはその傾向が顕著で、ハイペースで長時間走ると右手の感覚がおかしくなるくらい痺れてくるのがネック。
その感覚を例えるならば、肘の角を何かにこづけてジーンときた時の、電気の走ったようなあの状態です。
左なら時々ハンドルから離して休ませることができますが、アクセルを操る右はさすがにそうはいきません。

で、ネットで調べてみると、グリップを交換することで多少ながら改善するという情報が。
特に耐震ゲルが使われたこのシリーズの評判が良かったので、それならば、と試しに買ってみた次第です。
グリップなんぞ左右で2千円程度ですから、ダメでもダメージ少ないですしね。

まだ交換して長時間は走れていないので、効果のほどは不明です。
これで良くなればいいんですが、どうだろう?
posted by Kei at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

リアキャリア装着

R3積載量増加計画に従い、リアキャリアを装着しました。
買ったのはエンデュランスのタンデムグリップ付きリアキャリアって製品で、以前に私が「カウルに穴開けの必要がない」でも「在庫切れで入荷未定」と書いていたのがこれ。
予想に反してゴールデンウィーク明けにホームページを見たらちゃんと入荷していたので速攻で発注しました。
軍資金は既に底をついていますが、クレジットカードの分割技で無理矢理購入。

じゃ!
例によってよろしく頼んだぞ、未来の俺!

ということで、休日の今日、早速取り付けます。
まずは同梱の説明書を熟読。
なになに?型紙に沿ってスポンジを切れとな?
17051301.jpg
いきなり購入者にアナログな作業をさせるなぁ。

切るのはハサミでバッサリいけますが、スポンジに上手に穴をあける道具など持ち合わせておりませんので、ヴィクトリノックスのマルチプライヤー付属のリーマーでグリグリ。
17051302.jpg

ま、こんなもんでしょ。
17051303.jpg
続きを読む
posted by Kei at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | YZF-R3カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする