2008年05月07日

これは分からん

「iPod課金を提案へ HDD録画機器も対象に。補償金制度見直しで文化庁」

じゃあブルーレイはどうなるのだ?
最も複製に使われるであろうパソコンが対象ではないのはなぜだ?

私はちゃんと著作権者に対して利益になるのであれば、わずかな出費は厭わない考えだが、今回の提案は内容に矛盾が多過ぎて賛成する気にはならない。

インターネット上に溢れている著作権無視のコンテンツをどうするのか?
デジタル写真やテキストデータはどうなるのか?
どこまでが個人利用で、どこからが商業利用なのか?

もっと包括的な議論と対策が必要なのである。
こんなちまちましたことでお茶を濁している場合ではないのである。
posted by Kei at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ipod課金 wiki
Excerpt: “小市民”「iPod課金」 なるものを考えているんだとか… おいおい…俺みたいな弱者のささやかな楽しみからも搾取しようというのか。課金されるのはメーカーって事でいいのだろう...
Weblog: 明日の話題に
Tracked: 2008-05-09 02:45