2008年05月06日

いざ帰還

…それにしても、400キロ以上の一気ドライブは少々堪える。

実家では、いつもの様にブッシュ君と定例の野外活動。
今回は、米と塩と水だけ持参して、後は現地調達のワンデイキャンプ。
以前にも同様のルールで挑戦して結局敗退したこともある、いわく付きのミッションである。
ちなみに今回はブッシュ君の娘さんも同行することになった。

8時半頃には最初の釣り場に到着して、早速、投げ釣りを開始したのだが、全くのノー感じだったので、早々に移動。
なにしろ、獲物が獲れなければ塩味だけのご飯しか食べる物がないのだ。

あっはっはー、坊主だったー(^^)
では済まされないのである。

08050601.jpg
次の釣り場で再開。
多少の当たりはあるものの、こちらも同様にお寒い状況。
リミットの12時がどんどん近づき、こっちの背筋も寒くなる。
しかし、ど外道のフグが2匹という危機的状況に諦めムードが場を支配し始めた頃、救世主が現れた。

08050602.jpg
セイゴ(スズキの子ども)1匹ゲットー!!

やった!
待望のたんぱく質が!
風向きが変わったぜ!
この勢いに乗ってガンガンと…。

【以下、大本営発表】
・30センチ級カレイ、2
・20センチ級カレイ、3
・その他、アイナメ、キス、セイゴなど多数
・当方の損害軽微ナリ




…まぁ、実際の戦果はあの1匹だけだったのは言うまでもあるまい。

意気消沈していてもしょうがないので、食事の準備を開始する。
本来なら豪勢に火を熾して串刺しの塩焼きを並べて、などという光景を描いていたのだが、なんせ獲物が1匹だけなので、炊き込みご飯にすることに。
ナイフで丁寧に身を削いで切り身にし、塩を振ったものを米の上に載せて炊き上げれば完成。

08050603.jpg
これで、大人2人、幼児1人の胃袋を満たすのだ〜!

魚の量は絶対的に不足しているものの、味自体は非常に美味い。
スプーンで切り身を一口含み、それでご飯を5口ぐらいかき込むという、戦時省エネ体制でガツガツと食べ、それでも残ったご飯には塩をかけて喰らう。

塩ご飯かぁ。
貧しいの〜。

ま、しかしだ。
いくら努力しても結果が伴わなければ何事も良い目は見られないのである。
それは現実であるから致し方ない。

ところでブッシュ君の娘は、帰ってから「楽しかった!行って良かった!」と言ってくれたので、まぁ良かったのかな。
posted by Kei at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック