2008年03月09日

ヘッドライト換装

VTR250のヘッドライトを念願のマルチリフレクターに換装した。

新しいライトはPIAAの製品。
バイクの後付けマルチリフレクターと言うとRAYBRICがメジャーなのだが、私は車の時代からなぜかPIAA派なのである。
まぁ、値段もほとんど一緒だし、好みの問題であろう。

取り付け作業の前に、まずは乗車した状態で付近の柱にライトを照射し、その上限をビニールテープでマーキングしておく。
これで後が楽になる。

取り付け作業は少々てこずった。
というのも、私のバイクにはホーネット250用のメーターバイザーを取り付けてあって、先ずはそれを外さないとヘッドライトユニットのネジが回せないのである。
最初はバイザーのステーはそのままにしておいて、ポリカーボネイトのスクリーン部分だけを外そうとしたのだが、ここのナットがえらく固く、無理にやるとスクリーンがたわんで割れそうだったので、ステーごと外すことに変更。
で、ステーはヘッドライトケースとボルトで直付けされているので、これを外すと当然ヘッドライト全体がハーネスだけで“ぶら〜ん”とぶら下がる格好に。
で、ケースからユニットを外して、ようやくそこから本来の作業が始まるわけである。

説明書を見ながら、新しいユニットにリムを取り付けたり、古いユニットからステーを外して新しい方に付け替えたりと、まぁ、このあたりの作業は思ったよりも工程が多いものの順調に進行。

問題は、ヘッドライトケースを車体に戻す時である。
ヘッドライトケースとメーターバイザー両方を一気にボルトで取り付けるため、一人でやっているとなかなかうまくいかない。
片手で押さえながら片手でボルトを入れようとするのだが、バイザーがバランスを崩してガターンと落っこちたり、間に入れるスペーサーがころころ転がって行ったり、果てはヘッドライト内のナットがズレてまたユニットをバラすはめになったりと、往生の連続であった。
誰かもう一人いればこんなには苦労はしなかったと思うのだが。

ようやく取り付けが終わったら、さっきの柱のマーキングに合わせてライトを照射し、光軸調整をして終わり。
前は光軸がちょっと高いかな、と感じていたので、心持ち下に調整した。

結局2時間はかかっただろうか。
疲れた疲れた。
で、肝心の使用インプレッションなのだが、まだ夜間走行を試していないので、画像とともにまた後日ということで。。。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック