2008年01月10日

時事放談モード突入

オーストラリア政府が、日本の調査捕鯨団に対し、軍を動かして監視行動を行うとかなんとか。。。

捕鯨に対する是非のコメントは一応置いておくとして。

ちゃんと国際的にも正式な手順を踏んだ上で条約上与えられた権利である調査捕鯨に対し、一国の政府が口を出すのみならず、手まで出そうとするのはどうなんだろう。

いっそ、日本も海上自衛隊の護衛艦隊を出して、捕鯨船団をガードすれば良い。
そうすれば、『力の伴わない外交』として国際舞台で総スカンを喰らっている日本を見る目も多少は変わってくるんじゃあるまいか。

ま、インド洋に給油艦を出す出さないでまだグダグダやってる様な国だから、絶対に有り得ない話だろうけど。
ちなみに、こういうことに反対してるヤツってのは、原油高で物の価格が上がっても文句を言わないで欲しい。
黙って権益が手に入れば誰も苦労はしないのである。

話は戻るが、せめてサミットのお昼ご飯にクジラのフルコースを出すとか、そういうウイットに富んだことぐらいはやってくれないかなぁ。

あ、肝心のオーストラリアは参加しないんだった。
posted by Kei at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック