2007年12月24日

バイザー装着

私のバイク=VTR250はフェアリング(カウル)の類いが一切ないので、走行風はダイレクトに全身に当たる。
バイクに乗る前は、走っている時の風というのがどんなものなのか全く見当がつかなかったが、実際に乗り始めると結構キツイというのが分かってきた。

市街地走行程度の速度であれば、風はちょうど気持ち良いぐらい。
それが郊外の幹線道路を車の流れに乗って走るレベルになると、かなりキツく感じ始める。
ましてや高速道路ともなれば、車体の軽さやパワーの非力さも加わって、飛ばされそうな恐怖感を伴って襲いかかってくる。

bizer.jpgそこで取り付けたのがこれ。
同じホンダ車であるホーネット250純正のメーターバイザー。
VTR250とホーネット250はメーター周りが共通なので、問題無く装着できる。

社外品でビキニカウルなども売っているのだが、価格が高いし、何よりVTR250は素のままが一番カッコ良いと思っているので、あんまり大仰な部品は取り付けたくなかった。
その点、このメーターバイザーは控えめで、なかなか車体にマッチしていると思うし、値段も安い。

早速走ってみたが、明らかに装着前に比べて風は軽減されている。
もちろん、フルカウルやハーフカウル車に比べれば全然だとは思うが、この小ささにしては良く機能している。

今日はイブかぁ。
寒くもないし、バイクでどこか出かけるかな。

posted by Kei at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック