2007年09月09日

初ツーリング 〜糸島半島一周〜

バイクを買って、はや2週間。
これまでまともに距離を走っていない。
ものぐさ野郎の私でも、さすがにこのままではイカンと思い、今週末は絶対にどこかへ行くつもりでいた。

ちなみに、行き先は糸島だとすんなり決めていた。
同じ会社の子が勧めてくれたし、距離も、初心者にはちょうど良さそうな感じだったからだ。
また、地図で見てみると、あんまり難しそうな道ではないのも行く気にさせた。

そういうわけで、身支度を整えて朝の10時に出発。
だが早速、のっけからつまずくことに。

うわぁ。
道に迷ったあぁぁぁぁぁ。。。


バイクで走ることの難しさの一つに、“ナビがない”ことが挙げられる。
私のクルマにはカーナビが付いており、これがもう、本当に便利なのだ。
で、ナビなしで良く知りもしない土地を走るのは久しぶりであり、案の定、ワンデリングに陥るハメに。

いったん帰ろう。。。

山でもそうだが、“道に迷った時は落ち着いて分かるところまで戻る”が鉄則である。
ということで、ようやく分かる道に出た機会を逃さず、取りあえず家に帰還。

いったい何をしに出かけたんだ、俺は?

家で麦茶など飲み、気を取り直して再度出発。
タンクバッグに収めた地図を入念に確認しながら、道を選んでいく。
走り出してしばらくは市街地なので、面白くもなんともない。
私は運転技術に自信がないから、すり抜けもほとんどしないし、ゆえにスピードは車と変わらない。
まぁ、しばらくはこのスタイルで良いと思う。

たまに横を他のバイクが追い抜いて行くが、それには目もくれない。
でも中には、相当ヒドイ運転をする原チャリも結構いる。
あれはイカンね。
四輪のドライバーから二輪が憎まれる原因を作ってるよ、あれは。

市街地を抜けて、潮の匂いがヘルメット越しに感じられる頃になると、道も随分と走りやすくなる。
車も信号も少ない。
潮風を全身に浴び、横目で海を見ながら、快適なライディングを楽しむ。
ようやく“バイクで走っている”という感じになってきた。
半島をぐるりと一周する道をひたすらマイペースで走る。

meoto.jpg本日1回目の休憩はここ。
二見ケ浦というところにある夫婦岩。
アベック(死語)がたくさんいらっしゃってます。

実はここより手前に元寇の防塁というのがあって、本当はそこを見学するつもりだったのに、知らないうちに通り過ぎてしまっていた。
チンギス・ハーン。

ちなみに私は糸島半島という場所に対する予備知識があんまりないのだが、至る所にサーファー向けの施設が並んでいたし、実際、サーファーも大勢いた。
波乗りのメッカなのだろうか。

途中、別の場所でトイレに一回行って、帰りはちょっと違う道で帰宅。
この道は峠道だったのだが、いやぁ、怖かった。
Fitで走った方が数段速く走れたに違いない。
まだまだ精進が足らんのぉ。

vtr02.jpg愛機(バイク乗りの人って、こういう表現するの?)、VTR250。

今日のミッション
・出撃回数/2回
・走行距離/100キロ弱
・支出/100円(缶コーラ)※ガス代除く
・損害/左手小指、中指に血豆(峠で後続車に道を譲る際、左に寄り過ぎてガードレールに挟む)

posted by Kei at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック