2019年12月15日

冬キャン出撃

あっという間に12月も半ばですので、今年のキャンプ納めだとばかりに冬キャンに行ってきました。

今回の行き先は『プレイパーク蛇喰(じゃぐい)』。
19121501.jpg

「蛇喰」と言うと、なんだか蛇をとっ捕まえて頭から喰い散らかす、みたいな禍々しい絵図を連想しがちですが、そんなベア・グリルス的な怖い言い伝えがあるわけではありません。
まぁ蛇にまつわる伝承は残っているらしいですけど、基本的に日本では蛇は雨乞いとか治水に関係する話が多いですからね。
近くには蛇喰磐という県の天然記念物に指定されている岩があるみたいです。

以前からこの横はよくバイクで走っていて、キャンプ場があることも知っていました。
で、先週、ソロツーの途中でふと立ち寄って話を聞いてみたら、キャンプ場は凍結がない限りは通年で営業しているということで、それならばと今回行ってみたというわけ。
 
道から広い駐車場に入ると喫茶店があり、シーズンオフのキャンプの受付はここで行います。
(ちなみに下に降りたところにシーズンのみ営業している売店があり、シーズン中はそっちで受付)
19121502.jpg

猫さん2匹による熱烈歓迎。
19121503.jpg

写真には撮っていませんが、喫茶店の中にも、これまた人懐っこいシェットランド・シープ・ドッグがいます。
毛並みなんて、ふわっふわですよ。
そのまま抱っこして一緒に昼寝したいぐらい。

先週もお会いした喫茶店のマスター兼管理人さんに利用料2千円を支払ってお手続き。
その時点でキャンプ場利用者は私一人ということで「どこにテント張ってもいいですよ〜、バイクもお好きな場所に〜」的なノリでした。
このキャンプブーム真っ只中の週末に貸し切り状態とは実に素晴らしい。
(夕方遅く、もう1組来ました)

ということで、広いメインサイトのど真ん中にテント設営。
19121504.jpg

さて、例によってコーヒーで一服しましょう。
19121505.jpg
12月なのに特に寒くもなく、野外で飲むコーヒーは最高ですな!

と空を見上げると…。

なんじゃ、このどんより空は?
19121506.jpg
実は来る途中もパラパラっと雨に降られていたので、若干天気は心配だったのです。
結局、本降りとはいかないまでも夜にも何度か雨に見舞われました。
天気予報、晴れだったのに。

せっかくなので場内を散策してみましょう。

通常は上の道沿いにある大駐車場から、この入り口を通って徒歩でサイトに降りるみたいです。
19121507.jpg

階段の途中から見下ろすとこんな感じ。
19121508.jpg

今回張ったメインサイト以外にもサイトは点在していまして、この様な林間サイトもありました。
19121509.jpg
バイクでは直接アプローチできない場所ではありますが、雰囲気良いですね。

そして下に降りていくときれいな小瀬川が流れています。
19121510.jpg

ここいら辺は川遊びスポットなので、夏はさぞかし賑わうんでしょう。
19121511.jpg
うむ、やはり川の風景は好きだな。

そして今回、新しい焚火台を投入しました。
19121512.jpg
Amazonで1,800円ナリ。
吾輩は武士ナリ。

わざわざ有料のキャンプ場にした理由は焚火が可能だったから、というのも大きいのです。
せっかくなのでテストしたいですからね。

そんなわけですから、場内をうろついて焚き木探しをいたしましょう。

…って、おやおや?

前のキャンパーが置いて行ったらしい薪を発見!
19121513.jpg
これ、完全に売ってる薪だわ。

ラッキー!
ありがたくいただきます!

太いものを数本ナイフでカチ割るだけで、労せずして焚火の用意も完了。
では、いざ着火!
19121515.jpg
おお、いい感じではないか。

今回の焚火台はメッシュ式なので空気の通りが良く、太い薪もキレイに燃えていきます。
何よりサイズが充分なので、40センチクラスの薪でもそのままくべてしまえるのが助かる。
メッシュの耐久性がどうか、というところですが、使用後にチェックしたところではまだしばらくは大丈夫そうです。
ちなみに足は継ぎ足し式になっていて、分解してたたむとコンパクトに収納できる点も優秀。

安いのに結構使えるな。

夕食はステーキと玉ねぎ炒め。
19121516.jpg
久しぶりにご飯も炊きました。

昼は12月とも思えない暖かさでしたが、夜はそれなりに冷えてきます。
実は前回のキャンプから冬用のシュラフも新規導入しているのですが、使う前の期待値が高かった分、あまり満足できていないのが正直なところ。
もっとぬくぬくだと思っていたのに、やっぱり寒いのは寒いのです。

発熱性インナーの厚手のものにスポーツブランドのジップアップトレーナー、さらに薄手とは言えダウンジャケットまで着込んでいるのになぁ。
やはりケチらずに、もう少し無理してでも、あと一段ヘビーなシュラフを選んどくべきだったか。

…蛇喰だけに。

起きるとテントは霜でビッシリ。
19121518.jpg

例によってYZF-R3も凍り付いています。
19121517.jpg

少し気温が上がってから外に出て朝食。
ゆで卵を作り、フライパンで軽く温めたマーガリン入りのロールパンと一緒に食べます。
19121519.jpg
パンの上から小コッヘルのもう一つのフライパンで蓋をして、軽く蒸し焼き風にすると全体に熱が回ります。
コゲがカリカリと香ばしくて美味い。

プレイパーク蛇喰、良いキャンプ場でした。
また来るぞ!
19121520.jpg
posted by Kei at 19:25 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。