2019年11月03日

秋キャン第二弾

私の大好きな11月がやって来まして、ここぞとばかりにキャンプ行って来ました。
19110301.jpg
 
今回の目的地は土師ダムファミリーキャンプ場。
このブログをよく見る方ならお分かりのように、土師ダム(八千代湖)は月に何度も走りに行っている、いわば私のホームグラウンドでして、当然、ここにキャンプ場があるのは知っていました。
しかしそのネーミングとアクセスの良さから、多分、私の指向するタイプのキャンプ場ではないんだろうなぁという先入観があって、これまでなんとはなしに利用せずにいたのです。
実は今回、もっと別の『マイナーキャンプ場シリーズ第二弾』を考えていたのですが、意外にも前もって予約の電話をしてみたら団体が入っているとかで断られてしまい、次善の策としてこっちのキャンプ場を試してみることに。

通い慣れた八千代湖ですから、地図も何も不要。
19110302.jpg
で、さくっと到着。

いつもは素通りするサイクリングターミナルで利用手続きを行います。
19110303.jpg
ちなみに利用料は一人一泊二日で600円。

隣にR25があったので記念に一枚。
19110304.jpg

土師ダムファミリーキャンプ場は入り口に有料駐車場の様なゲートが設置されていて、受付でもらったこれまた駐車券の様なカードを差し込むことで入場できるシステムになっています。
一応、セキュリティ的にはある程度担保されますが、悪いこと考えるグループが1枚のカードを使い回せば何台も入れてしまうというリスクもあるような…。

まずはバイクでとろとろと場所探しを始めますが、既に場内はかなりの混雑ぶり。
まだ14時前なのに、やはり予想は当たりだったか。
このキャンプ場は川に沿った細長い敷地にテントサイトが点在する形式で、駐車スペースも随所に点在。
うまくいけばサイトに横付けも可能です。

かなり奥の方まで進み、ミニマムながらも何とか候補地を発見。
木の真下というのが気に入りませんが、他に場所がないので贅沢は言えません。
木の真下は樹液が雨や夜露で垂れて来て、テントの撥水加工に悪影響を与えるので、あまり良くないのです。
(ちなみに車のワックスにも良くない)

ここを本日のキャンプ地とする!
19110305.jpg

テントを張ってみれば、そこそこのサイトだと思います。
19100306.jpg
上の画像の左側を川が流れており、水の音もなかなか良い感じ。

川はこんな感じで、川原で遊ぶこともできそう。
19110306.jpg

炊事棟は2棟。
19110307.jpg

そして炊事棟の裏にゴミ箱があり、自由に捨てて良いとのこと。
19110308.jpg
親切ですな。

トイレは1カ所。
19110309.jpg
和式ですが、水洗でなかなか綺麗でした。

私にしては珍しくかなり早めに着いてしまったので、チェアに座ってコーヒーを飲みながらiPhoneで音楽を聴きます。
陽が落ちるまでは寒くも暑くもなく、ちょうど良い感じ。
そしてたっぷり2時間、ボーッと時間を過ごしました。
ま、たまにはこんなのも良いでしょう。

そろそろ夕暮れの気配です。
19110310.jpg

ちなみに受付の時に焚火について聞いてみたら、やんわりと「やって欲しくない」的なニュアンスのことを言われたので、今回はやらないことにしました。
私は焚火は好きですが、別にやらないならやらないでそこまで執着もないので。

キャンドルランタンあるし。
あれも“マイクロ焚火”と言い張れば言えないこともない。

でもみんな結構盛大にやってるけど?
19110311.jpg

さて、夕食の準備でも始めるか。
フッフッフッ、今夜は火にかけたままグツグツいってるすき焼に生卵を付けながらつつき、締めにはうどんを投入するのだ!
いや〜楽しみだな〜。

…って、あれ?!

しまった!!
前の日に買って準備しておいたカット野菜を冷蔵庫の野菜室に忘れて来てしまね県!(←キャンプあるある)

ぐおお、痛恨の大失策だ。
いったい俺はどうすりゃ良いんだ?

…まぁどうするもこうするも、選択肢はほぼなくて。

ただの肉うどんになっちまったよ。
19110312.jpg

ま、温まったし、美味しかったから良しとする。
ついでにデザートの梨も忘れて来たよ、ベイビー…。

食後はiPhoneでradikoを聴きながら、シュラフに半身突っ込んでまたしてもダラダラタイム。
予想では夜はもっと冷えるかと思ったのですが、テントの中にいる分には全くそんなこともありませんでした。

ちなみによくキャンプをする私は、テントでもぐっすり眠れていると思われるかもしれませんが、実はそうでもなく、いつも深夜まで眠れずに困っています。
おそらく、普段寝る時は横を向いてまゆの様になるクセがあるのに、シュラフにスリーピングマットだとなかなかその体勢が取りづらいからだと思います。
今回も眠れたのは2時過ぎだったかなぁ。
そして起きた時に首や肩が痛いのもいつも通り。

うむ、今日は天気が今ひとつだ。
19110313.jpg

まずはトイレに行って、その後朝食だな、と思って歩き始めると、私の隣にいたテントの撤収跡がこんな酷いことに。
19110317.jpg
おい、おっさん、これはないだろ。
(焚き火跡、ビニール、ペットボトル、氷、なんかの説明書、ティッシュ、薬の空き殻、etc.)

画像には写っていませんが、他に生の鶏肉とか長ネギ1本とか転がっていました。
ここまでのは久しぶりに見たなぁ。
そう言えばここにテント張っていたおっさん、昨夜、電話しながら「キャンプと言えば俺に講師の依頼が来るから…」とか何とか偉そうに大声で講釈垂れていたが、いや、お前は講師をやる前に小学校に行って道徳教育を最初からやり直せ。

人の多いキャンプ場は、たまにこういう低級な輩に遭遇して不愉快な思いをするから嫌いなんですよね。

さて、トイレに行って戻って来ると、何やらダムを管理しているらしき作業着の人がやって来て、アンケートへの協力を頼まれました。
特に断る理由もないので協力すると、お礼にとダムカードを。
19110315.jpg
私自身は集めていないので、今度友人にあげることにいたします。

さっきの怒りが収まらないせいか、顔が汚れているせいか今日は何だか力が出ず、朝食は思い切り手を抜いてカロリーメイトとコーヒーのみ。
19110314.jpg
食ったら撤収作業だ。

テントにへばりついていたクモ。
19110316.jpg
なんだか『宇宙戦争』に出て来そうなデザインですな。

帰りはいつもの道の駅でコーラを飲んでから帰還。

で、このキャンプ場、どうかな〜。
ロケーションは良くて設備も良し。
だた、私にはやはり人が多く、あと道路のすぐそばで夜中でも通行車両の音が結構気になる。
朝っぱらから旧車○とか言う集団がウォンウォン騒いでたし。
もっとオフシーズンにもう一度試してみたいけど、残念ながら通年営業ではなくて11月まで、ってのもネック。

うーむ、またマイナーキャンプ場探しを続けるか。
posted by Kei at 20:42 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。