2007年06月24日

普通二輪免許取得への道-8

今日は2時間。
前回と同じく、検定の1コースをずっと練習する。
このあたりになると新しい課題は特になく、これまで習ったことが充分にできる様になることが目標となる。
上手い人はあまり注意もされず、私の様にヘタな人は色々と注意がある。
この辺の対比は、自分のことながら結構面白い。

今日新しく言われたのは、加速する所は加速する、徐行する所は徐行する、いわゆるメリハリの部分。
狭い教習コースでこれをやるのは、合図とか確認もあるのでかなり忙しい。
バイクの操作を身体が自然にできる人は楽だろうが、私みたいにいちいち頭で反すうしながらでないとできない人は意外に難しい。

それと、コースを回ること自体は段々とできつつある気がするが、代わりに個々の課目が徐々にヘタになっていってるのも気になる。
特にスラロームは、どんどん遅くなってる気がするぞ。
一本橋も落ちたし。

ともあれ、雨に降られることもなく、無事1コースは終了。
次回からは2コースである。
本当にこんなんで良いのだろうか。。。

ところで、私は教習の合間とか終わった後にはコースが見渡せるバルコニーに出て、コースを復習したり他の教習生の走りを見たりすることにしている。
まだ一段階の人でも、スラロームや一本橋がメチャメチャ上手い人もいるし、そういうのを見ると結構凹むんである。

あと、今日は一人の小柄な女の子が相当苦労していた。
どうやってもバイクが引き起こせず、見かねて125ccのバイクで練習させられていたが、それでも上手くいかない。
まだ来始めたばかりだと思うが、発進も相当不安定で、またすぐにこかしてしまう。
しまいには泣いていた。
まぁハンデもあって可哀想だとは思うが、公道に出る以上は決められたことができなければいけないし、仕方ないね。
あの子は今後、どうするんだろう?
このまま頑張り続けるか、小型限定から始めるのか、あるいは諦めてしまうのか。
せっかく決心して入校したんだから頑張って欲しいけど、ま、何事も女性の方が根性あるから大丈夫かな?
posted by Kei at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 普通二輪免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック