2017年05月28日

初陣

YZF-R3での初キャンプに行ってきました。

装備よし!
17052801.jpg
(実は急遽思い立ったので忘れ物が不安)

積載確認!
17052802.jpg
(実はぶっつけ本番なので固定が不安)
 
当日は午前中から肝心のR3の初回点検がありまして、それから用意して出たものだから出発は14時。
目的のキャンプ場は決めていたものの、どうも人気のある場所らしく、あまり遅く到着するとテントを張る場所がないかも、とかなんとか。
そんなわけでとにかくキャンプ場目指してひたすら走ります。
ここしばらく広島は暑い日が多かったので、今回は半袖Tシャツの上に薄手の革ジャンを羽織っただけで来たのですが、この日に限って市街地を抜けた途端に急に冷え込みまして、ヘルメットの中で「寒い〜」と泣き言を連発しながらの道程です。

冷えると生理現象も、てなわけで止むを得ず道の駅「来夢とごうち」でトイレ休憩。
17052803.jpg

ツーリングバッグの固定だけチェックし、何も食わず、何も飲まずで再び走り出し、ようやく着いたキャンプ場。
17052804.jpg
聖湖キャンプ場。
なんと無料ですのよ、奥様。

このキャンプ場は場内をぐるりと周回する一方通行の小道に沿って芝生や林間のサイトが点在しておりまして、みんな当然の様に車を乗り入れてテントを張っております。

ダートはともかく、芝生はホントに大丈夫かよ?

なかなか適当な場所が見つからず、小道を2周もしてしまいましたが、なんとかバイクも乗り入れられて平坦な場所を発見。
早速テント設営です。
17052805.jpg
ふい〜、なんとかなった。

時間も時間ですから、荷物の片付けもそこそこに食事の準備。
17052806.jpg
テントに寝転がって自分の愛車を眺めながら飯を炊くって最高ですな。

ディナーはチルドの豚の角煮with半熟目玉焼き、フリーズドライの豚汁。
17052807.jpg
いやぁ、美味かったなぁ。

キャンプの夜はすることがなくて暇なのが定番ですので、買っただけで読んでいない文庫本を持参してきました。
さて、では読書タイムを…。
ん、あれ?

先生!本忘れました!

…読書タイム終了。
こりゃもうシュラフに下半身突っ込んでまどろむしかありませんな。

しかしこのキャンプ場、人が多くて少々騒がしいです。
学生らしき団体や、ギター弾きながら熱唱しているグループとか。
(しかしキャンプでギターとか、いつの中村雅俊だよって感じですが、まぁ大きなお世話ですね)

特に一組、23時過ぎまで大声でダベっているグループがあって、さすがにこれにはムカつきました。
夜陰に乗じて一人づつ背後からナイフで始末してやろうかと。
他のキャンパーのいるキャンプ場では21時、遅くとも22時には宴はお開きにするのがマナーというか、常識的な社会人としての気配りでしょう。

夜は思ったほど冷えず、薄着でトイレに行った時にもさして寒いと感じることもなく綺麗な星空をずっと眺めておりました。

翌朝は7時起床。
そういえば、聖湖とか言いながらまだ湖を見ていなかったな、と思って500メートルほど離れた湖畔まで散策に出かけました。
17052808.jpg
なんか、かなり干上がってますな。

朝食はインスタントラーメンに卵を落としたものをかっ喰らい、モーニングコーヒーで締め。
そして嫌な嫌な片付けです。

そうそう、テントの裏も風を通しておきましょうね。
17052810.jpg

このテント、買ってから10年以上経つだけあって、グランドシートがかなり傷んできました。
まぁ山岳用で軽量化されていますから、素材も薄いんですよね。

そして未舗装の場所にサイドスタンドでバイクを停める時の必需品。
17052809.jpg
よく忘れずに持ってきた。
えらいぞ、俺。

キャンプ場を出たのは11時。
後は寄り道せずに自宅まで一直線でした。

実はキャンプ場を出て何十キロも快走路が続き、本当に爽快なのです。
今日は昨日よりずっと気温も上がり空も雲ひとつない晴天。
その中を初夏独特の軽い草いきれに心地よく鼻をくすぐられながら、鮮やかな新緑、のどかな農村、きらめく渓流などを横目に信号のないワインディングをずっと走るのです。

停まって景色を眺めたい、写真を撮りたい、でもこのまま走っていたい。

このジレンマ、バイクならではですな。
とにかくそんな帰路でした。

さてさて、聖湖キャンプ場。
個人的にはリピートはないと思います。
ロケーションも設備も素晴らしくて、さらに無料という言うことのないキャンプ場なのですが、それだけ素晴らしければそりゃ大勢来るよね、って感じで、私のように自然の中での静寂を求めてキャンプをするソロのキャンパーにはちょっと向かないかなあ。
逆にソロでも、一人でキャンプは怖いし心細い、って人にはいいキャンプ場かもしれません。
なんせ常に人の声や人の立てる音が聞こえていますから。
(深夜にヘッドライトを煌々と照らして車で乗り入れるヤツまでいるんだぜ? あとそこのアメリカンバイク、早朝からやかましいマフラーで暖機してんじゃねーよ)

さて、また新たなキャンプ場を試してみますか!
posted by Kei at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは! 夜の煩わしい賑わいを除けば、充実の 新車旅だったみたいですね。 ワインディング快走のくだりは、 静止棒かざした オッサンが 出て来たんじゃないかと 勝手にハラハラしました(;^_^A
以前 野営したおり、 深夜0時過ぎ いきなり ドラムセットの爆音が鳴り響いた事 ありましたわ(^^;
Posted by 松竹 at 2017年06月01日 23:11
>松竹さん

これがまた、あの辺りは地元の軽トラ含めてえらい飛ばすんですよ。心配になるぐらい(^^;。
本当にサイン会されたら入れ食いでしたね。

そう言えば、昔、しまなみ海道のキャンプ場で出会った原付キャンパーは、悪ガキにテントにおにぎりを投げつけられたことがあるって話してましたっけ。
すごい嫌がらせですよね。
Posted by Kei at 2017年06月02日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック