2016年02月22日

500キロ(ようやく)突破

マジェスティSの走行距離が500キロに達したので、点検とオイル交換に行ってきました。
それにしても500キロまで到達するのに2ヶ月以上ですよ。
この調子だと、1年で何キロいくやら…。
ま、暖かくなってきたら少しは距離も伸びるでしょう。

点検は購入したバイク屋さんで。
作業待ちの間に色々と見て回っていましたが、やっぱYZF-R25は格好良いですね。
もう少し予算があったら買ってたんだが。
(本当はR3が欲しい)

点検・交換費用は、購入時にショップの会員になっているので、800円ちょっと。
安い!
そして交換後は、一気にエンジンがスムーズになりました。
何と言うか、これまで時々感じられた角が取れて、スーッと穏やかにつながった感じ。
あまりの心地よさに、寒さを忘れて50キロほど走ってやりました。
16022101.jpg

500キロを超えたので、回転数の上限を上げました。
これでバイパスの速い流れにも乗っていけます。

155ccのくせによく走りますよ、こいつ。
特に60キロから70キロの気持ちよさは特筆モノ。
車格からは想像できないほど、ピタッと安定していて、なおかつエンジンの活発に回っている感も感じられる。
それ以上の速度域になると、やはり車体が軽いので横風の影響を強く受けますが、スクリーンの効果もあるので正面からの走行風自体には飛ばされそうな怖さはありません。
多分、VTRに乗っていた時より快適。

乗り心地はまぁ相変わらず良いとは言えません。
でも考えてみたら、ホイール径がたかだか13インチなので仕方ないのかな。
その割に足着きは悪いのだが…。

ブレーキは良く効きますし、コントロール性も良いです。
たまにネットで「リアがロックしやすい」なんて意見を目にしますが、私はロックさせたことはありません。
(クラッチと間違って思い切り握ってしまった時を除く^^;)
制動力はフロントをメインに、リアは姿勢を安定させるため、というセオリー通りのブレーキングをしていればそうそうロックはしないと思います。

ブレーキと言えば、意外だったのは、エンジンブレーキが結構効くこと。
スクーターだから効かないと思っていたら、スロットル戻すだけで「ひゅーん」ってみるみる速度が落ちます。
で、回転が落ちると当然、自動的にクラッチが(突如)切れるので、駆動力を失ってヨタってなったり、再加速がワンテンポ遅れたり。
そういう点では、やはり駆動力を自分で操作できるマニュアル車の方が断然コントローラブルですね。
こればかりはどうしようもないので諦めるしかありませんが。

さてさて、実家からシートバッグも持ち帰ってきたし、春になったらテント積んでキャンプツーに行くぞ!
posted by Kei at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック