2007年05月20日

人のフリ見て…

一昨日、電車を降りて改札に向かった時の事。
金曜夜の終電なのでかなりの乗客がいて、自動改札も混雑していた。
皆、無言で列に並ぶ。

私が1台の改札機の列に並んで順番を待っていた時、私の3人前で、改札機が「ぴぽ〜ん!ぴぽ〜ん!」と警告音を発し、ゲートが閉じた。
こういうことはたまにある。
定期の期限が切れていたり、切符が料金オーバーだったりするのに気が付かずに改札を通ろうとする人だ。

その人はちょっと恥ずかしそうに引き返して来て、駅員のいる方へと向かった。
しばらく時間を置いてゲートが開き、今度は私の2人前の人が改札機を通ろうとする。

「ぴぽ〜ん!ぴぽ〜ん!」

またかよ!
ひょっとして故障なのかと思ってちょっとのぞき込むと、「乗り越し精算をしてください」との表示が出ている。
故障ではない。
その人も、ばつの悪そうな表情をして引き返して来た。
私のすぐ前の人は少々いらついている様子だ。
おそらく「ちゃんと確かめて通れよ!」ぐらいに思っているのだろう。
気持ちは分かる。

で、またゲートが開くまでしばらく待たされた後、私のすぐ前の人が切符を改札機に入れた。

「ぴぽ〜ん!ぴぽ〜ん!」
「乗り越し精算をしてください」

おおい!
お前もか!?

それにしても、3人も続くと笑ってしまいそうになる。
黒い三連星のジェットストリームアタックを見ている様だった。
みんな、前の人の様子を見て、自分の切符なり定期なりを確かめたりはしないのだろうか。

私?
私はちゃんと無事に通過。
実はちょっと緊張したのは内緒ですが。。。
posted by Kei at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック