2007年05月19日

普通二輪免許取得への道-1

今日が教習所の入校日&技能教習1回目。

入校にあたっては、お決まりの事前説明とか写真撮影、適性検査の類いの細々としたものを淡々とこなす。
会社に行くよりも早い時間に起きなければならなかったが、これはまぁ、今日だけのことなので仕方がない。

そしていよいよ昼からが技能教習。
1回目は、生徒全員が入校したばかりの人のみの一斉教習である。
指導員の方々はみんな揃ってガタイが良いのが目に付く。

まずはゼッケンを身に付け、ヒジとヒザのプロテクターを装着し、グローブをはめる。
なんだかサバイバルゲームを始める前の様な錯覚を覚えるが、それはおそらく私だけだろう。
それから自分に合ったサイズのヘルメットを探して被るのだが、これはちょっと汗臭くて不快である。

そしていよいよ、指定されたバイクの所へ行き、いきなしスタンドを上げてコース内側の広場まで引き回す。
教習車はホンダのCB400。
400ccとは言え初めての身にはやはり重く、こかさない様に緊張しながらえっちらおっちら押して行くと、この時点で既にガマガエルの様に脂汗が大量に浮かぶ。
それから左右にわざと倒して、引き起こしの練習。
教習車は前後に太いパイプのバンパーが付いているので何とか起こせるが、ここで腰に鈍痛が…。
大丈夫かぁ。。。

それからセンタースタンドを起こした状態でバイクにまたがってエンジンをかけ、クラッチ操作やギアの操作を一通り試す。
それにしても400でも十分デカイ。
特に足の間のタンク。
圧倒されそう…。

そしていよいよスタンドを上げ、クラッチをつないで短い距離を進む。
想像していたよりも低回転のトルクがあり、アイドリングでスタートできるのだが、私は低速のバランスが全然とれない。
フラフラして安定せんぞ。
やはりもうちょっとアクセルを…。
ああっ、イカン!速度が出過ぎた!
即座にクラッチを切ってブレーキ。
ヨタヨタヨタ…。

ゴトリ…。

転倒。。。

ありゃあ、いきなりやってしまった。
スマンCB…。

その後、メインスイッチを切って、痛い腰をおして引き起こし、再度エンジンをかけてトロトロ進んで停まり、またニュートラルに入れて跨がったままズリズリ後ろに下がり、また前に…。
を繰り返すが、どうもうまくいかない。
他の人は2速に入れるとこまでできている人もいるのに、私はクラッチレバーを全部離すのも一苦労。

いかんなぁ、このままでは。。。
と思って焦っているところでタイムアップ。
げげげ。
全然できんかった。。。

という訳で、初日から若干凹み気味の教習は終了。
もう一時間、キャンセル待ちをしていたのだが、空きが出ずに無念の帰宅となってしまった。
明日の日曜日も予約がいっぱいだったし、来週は土曜出勤なので、次は来週の日曜日しか予約ができない。

ん〜、最初は少し詰めてやりたかったのになぁ。
1週間以上も空くと不安だぞ。。。
ま、ゆっくりとやりますか。
posted by Kei at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 普通二輪免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック