2015年01月05日

大和魂

年末、ファミリー劇場で『宇宙戦艦ヤマト2199』をやってましてですね。
リメイクですが、個人的に凄く好きな作品なんですよ。
元の作品の良いところはしっかりと残しつつ、最新の科学考証を踏まえて本当にマジメに作り込んでいると思います。
アラフォー世代の方にはもっと広く観て欲しい。

それが理由って訳でもありませんが、昨日、呉の大和ミュージアムに行って来ました。
ついに初です。

ババーン!
15010501.jpg
この模型、想像以上に大きいですね。
iPhone6のカメラだと全体が収まりません。
“個人的に乗り物が一番格好良く見える”斜め後ろからも撮ろうと思ったのですが、やはりスケールが大きすぎて断念しました。
これは行く機会があれば肉眼で楽しんでください。

展示自体はかなり濃密で、2時間3時間は普通に過ごせる場所でした。
私、子どもの頃は旧日本海軍のウォーターラインシリーズを30鑑くらい作った軍国少年ですから、1日いても飽きないと思う。
まぁしかし、戦艦ならやっぱり金剛型が一番だな、中でも「榛名」。
空母なら「瑞鶴」、重巡なら「最上」、駆逐艦なら「島風」、潜水艦なら「伊401」。
なに、なんのこっちゃ分からない?
良い子のみんなはそれでよろしい。

見学が終わったら展望デッキに出て、海自のてつのくじら館に展示してある「あきしお」を眺めます。
15010502.jpg
なんか、普通の街の陸上に潜水艦がある絵は不思議ですな。
やはり平和が一番。
posted by Kei at 04:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜なかなか面白そうな所ですね。
でも島風とか榛名とか、
旧帝国海軍の兵器って
あまり詳しく無いから
なかなかピンと来ないのです。
Posted by WIDEOPEN at 2015年01月06日 06:45
>WIDEOPENさん

いやいや。
それが清く正しいまともな大人の反応です(^^)

「利根のカタパルトが…」とか言ってる大人になってはいけません。

でも大和ミュージアムは機会があれば行って損はないですよ!
Posted by Kei at 2015年01月07日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック