2014年01月31日

厄の最後っ屁

今週の月曜夕方から火曜まで寝込んでしまいました。

昼過ぎぐらいから胃が痛くなり始め、その後、熱も出て来たみたいで頭がグラグラする。
で、これはマズイと会社にわがままを言って早退させてもらったのですが、もはや自転車を漕ぐ元気もなく、代わりにバスを待つ間に立っているのもやっと。
数年前の、あの出来事を思い出させます。
あの時は下痢で始まりましたが、今回は胃痛。
そして案の定、その日の夜は高熱で唸り続ける結果に。

でも今回は前ほど酷くはありませんでした。
次の日の昼過ぎには少し歩ける様になったので、すかさず病院に行きましたよ。
病院は嫌いなんで行きたくないんですが、他の人に感染する様な病気だと大変ですし。
そしたらこのご時世ですから、ノロの検査を受けさせられるんですね。

これがまた。

いわゆる私の尻のホールに綿棒をぶっ刺すんですよ。
2回も。
それが終わったら採血をして1時間の点滴。

げそ〜。

で、目の前には一見して「あなたノロでしょ?」みたいな人が首からゲロ袋ぶら下げて同じ様に点滴受けているんです。
大丈夫かよ、おい。みたいな。

まぁ結果的に私はノロではなく、なんか細菌に感染して胃にきていたとかなんとか。
次の日には微熱になって会社にも行けました。

私は今、後厄でして、この節分で晴れて明ける予定なんですが、いや〜、油断しちゃいけませんな。
これで最後と思ったら、イタチの最後っ屁のごとく、まだ後ろにもっと酷い厄災が控えているとも限りません。

残り一里をもって道半ばとす。

気を引き締めましょう。
posted by Kei at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック