2013年08月04日

先行き不安だぜ

昨夜、「さぁ寝ようか」とベッドに入ってからのこと。

ほとんどの人がそうでしょうが、よっぽど疲れている場合を除いて、横になってすぐに眠りにつくわけではないと思います。
大抵は明日の予定だとか、その他どうでも良い様なこと、過去の思い出なんかをぼんやり考えているうちに知らず知らず眠りの世界に落ちて行くんじゃないかしら。
違ったらごめんなさい。

で、いつもではないんですが私の場合はそういった考え事を頭の中で全て文章にするクセがありまして。
それも、脳内の情景や考えをいかにして第三者に上手く伝えることができるかと真剣に作文しているんです。
大抵は起きたら忘れちゃってるんですけど。

昨日もそうでした。
で、例によって何を考えていたのかはすっかり忘れてしまいましたが、ある単語が思い出せないことが気になって一気に目が冴えてしまいまして。

「そう、こういう時に使う最適な語句があるじゃないか」と。
「思い出せない。でも違う単語を使って言い換えても文章が格好良くない。あれじゃないとしっくりこない」と。

昔はこんなことなかったんですが、40を過ぎた今では引き出しに入れておいたはずの言葉を瞬時に探り当てられないことなどしょっちゅうです。
それがまた歯がゆい。

で、さっきふとそのことを思い出して「はて?何の単語が思い出せなかったんだっけ?」となりまして。
考え事の内容すら覚えていないわけですから最終回答まで行き着くのは大変です。
過程を飛ばして着地点だけ探すんですからね。
それでも意地になってうんうん唸りながら脳細胞を絞っていたら急に出て来ました。

それは「関与」という単語。

なんでこの単語が必要だったんでしょうねぇ。
さっぱり思い出せませんねぇ。
それより「関与」が出てこないって、私の脳もかなり劣化しちゃってますねぇ。

一応、新しい仕事も文章を書くことが主体になるのですが、こんなんで大丈夫か?
posted by Kei at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック