2013年05月18日

春季例祭

私の住む地域では、田植え前のこの時期、今年の豊作を祈って各地の神社で春祭りが執り行われます。
取り立てて私には関係無いし興味もなかったのですが、今年は町内の私の地区が当番に当たっておりまして、近くの鎮守の森に立つ小さな神社でのお祭りの雑務に参加することになりました。

まぁ祭りと言っても常駐の神主もいない小さな近所の神社ですから、露店が出て人で賑わうこともありません。
他所の神社から神職の方を呼んでお祈りをするだけの軽い神事です。

なのでやることと言えば境内の掃除と神事の手伝い、それに当番で詰めて初穂料の受付、お札の手渡しぐらい。
で、今朝は8時過ぎから雑巾持って神社へ集合です。
正直、町内のなんたらとかは煩わしくてあまり気乗りはしなかったのですが、実際に境内の掃除を始めてみるとやはり気持ち良いもんですな。
自宅の庭も掃除せんのに。

夜は当番として神事に立ち会い。
こういうの、初めてです。
子どもの頃だったら退屈で死にそうだったんでしょうが、今だとなかなか興味深い。
夜の神社で人が集まって何かするっていうのは非日常ですな。
総勢10人ぐらいですけど。

祭りは明日も続きますが、私は母親の施設での家族会に参加するのでこれでお終い。
なんか天気悪そうですけど、片付けは大丈夫かしら。

画像は夕方の待ち時間に撮った境内の片隅にある祠。
13051801.jpg

自分の幼少を過ごした場所ならもっとノスタルジックな気分になれたかなぁ。
posted by Kei at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック