2013年05月16日

地獄のハイウェイ

知らぬ間に5月も半ばを過ぎまして。
いやいや、もう少しで今年も半分ですよ。
怖いですねぇ。

そして私は相変わらず無職です。
怖いですねぇ。

怖いと言えば。

岡山・倉敷エリアに住んでいる方はご存じでしょうが、国道2号という道路がありまして。
この国道2号の岡山市東部から倉敷市にかけての区間、以前はバイパスだっただけあって車線が多く信号も少ない。
一部は高架道路で制限速度も70キロという、下手な都市高速よりも流れが速い道です。
夜中なんて100キロほどで走る車はザラ。
倉敷から岡山方面へ行こうと思ったら、この道を通るのが一番手っ取り早いんですな。

でも私はこの道がとても苦手。
全体的に流れが速い割に基幹道路ということでトラックも多く車による速度差が大きいのも怖いのですが、なにより恐ろしいのは、この道を走る車の大半が「なんで?」と言うぐらいにみんな殺気立っておること。
右に左に車線を変えながら少しでも前に出ようとするヤツ、前が詰まっているのにもかかわらず前走車の数メートル後ろにビッタリ着いて走るヤツ、一番右の車線から真ん中の車線を飛び越えて左の車線までウインカーもなしで一気に“八艘飛び”するヤツ。
しかもこの道は交通量が多く、したがってそんな血気盛んな連中が軽トラから大型タンクローリーまで入り乱れながら70キロや80キロ、下手すりゃ100キロ近くでびゅんびゅんやり合っている状態。

まさに交通戦争。

私は何度かバイクでこの道を走ったことがあるのですが、このカオスの中では250のバイクなんて紙切れも同然ですからね。
70キロで走っているすぐ横を大型トラックが弾道ミサイルの様に抜いて行き、かと思えばいきなり前に入って来てブレーキとか。
んですぐ後ろのミニバンは車間を詰めてたり。
これまで走った道で、これほど恐怖を感じた道はない。

なんでこの道、そんなにアドレナリンを分泌させながら走る車が多いんでしょうか。
多分、なにかしら人間行動学的に理由があるとは思うんですがね。
でもみんな、もっと冷静に運転しましょうよ。

うるさいことは言わん。
せめて“車間距離3秒ルール”は守れ。
命に直結するぞ。
posted by Kei at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック