2012年06月03日

オジサンは庭へ草刈りに

数ヶ月前から庭の雑草が気になっていました。
いや、本当はもっと前から気になっていたのですが。

なにせ母親が家を出てから約1年。
それ以降、ほとんどほったらかしですから、雑草のヤツらときたら、ここぞとばかりに勢力を拡大しやがるのです。
「憎まれっ子世にはばかる」とはよく言ったもんですね。
頭に来たので、いっそ、ベトナム戦争の時の米軍の様に庭中に除草剤でも撒いたろうかしら、なんて考えもふと浮かんだりしましたが、それはさすがにねぇ。
一応、ちゃんとした植物もあるわけですし。
やはり地道に手作業で排除するしかありません。

しかし私は自他共に認める怠け者。
気にはなっていても、手を付けるのをずっと先延ばしにしていました。
しかしこれから夏になると、雑草を取るにもヤブ蚊対策や熱中症対策などの余計な面倒が増えますし、気温が上がってヤツらが勢いづき、家中がラピュタ化してもよろしくありません。
そんなわけで、ようやく今日、重い腰を上げることにしたのです。
やれやれ。

準備は以下の通り。
12060301.jpg
草刈り鎌に草取り器、それに作業用革手袋。
手袋は軍手でも良いのですが、軍手だと細かいトゲなどが入り込むのであまり好きではありません。

さて、これらにて不埒な雑草どもに戦いを挑むことにいたします。

ちなみに庭はこんな状態。
12060302.jpg
玉砂利を貫いてウニウニ生えとります。

でもこっちはまだマシな方でして、酷いのは家の側面。
12060303.jpg
画像の右側は本来花壇なのですが、カオス化が進みすぎてもう何がなにやら。

作業は基本的に手づかみによる根こそぎ作戦。
また伸びてきても困りますから。
手で引っ張っても抜けない頑固なヤツは草取り器で抉り抜き、そういった草が群生している場合に限り鎌で伐採します。

ちなみにこの鎌、昨日ホームセンターで買って来たのですが、ギザギザのセレーテッドエッジが良い仕事してくれます。
12060304.jpg
少々太い茎でも一刀両断。
値段は300円ぐらいだったかなぁ。

そんなこんなで一段落。
だいぶスッキリしました。
12060305.jpg

ここまで約2時間。
2年ほどろくに運動もしていないので、後半はヒザが笑って大変でした。

排除しただけでは寂しいので、ヒャクニチソウの種を花壇に撒いておきます。
12060306.jpg
ヒャクニチソウは手がほとんどかかりませんし、仏花として活用できますから昨日買っておいたのです。

伐採した草はまとめてゴミ袋に押し込んで作業終了。
いや、疲れました。
でもまた数ヶ月したら伸びて来やがるんだろうなぁ。
日本経済もあやかりたいもんですな。
posted by Kei at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック