2010年12月12日

バイク乗りとダムの関係

日本の国土の7割は山地と言われています。
バイクで楽しく気持ち良く走りたい場合、日本だと海岸線か山を走るのが道理。
日本の山にはダムがあちこちにありますから、自ずから、バイク乗りとダムとは切っても切れない強い縁で結ばれることになるわけです。

などという前置きをしつつ、私も今日はダム湖へ行って参りました。
10121201.jpg
出かけたのは、旭川の上流。
なんか、対岸の岬に建っている家が気になる…。
 
これは別角度から。
10121202.jpg

いや〜、今日は寒かった。
日が照っていなかったこともあるとは言え、もうそろそろ県北へのツーリングは限界かな。
一応、発熱性アンダーなどで武装していたのですがね。

ガタガタ震えつつ、ようやく旭川ダムに到着。
10121203.jpg

ここには、旭川第一発電所が設けられています。
本当は反対側から見た方が高低差があり、ダムとしての迫力も感じられるのですが、もう寒くてこれ以上は行く気がおきません。

それにしてもなんですな。
ダム湖沿いの道路って、なんでみんなこう、アドレナリン全開の走りをするんでしょう?
道も狭いんだから、もう少しマージンとって走れば良いのに。
こっちは単車。
はみ出してきた対向車とゴッチンしたら、一発であの世行きですよ。

帰路、なんだか味のある郵便局発見。
10121204.jpg
NEX-3はバリアングルモニター搭載なので、こういう低いアングルからの撮影も楽です。
こりゃ楽しいわ。

あまりの寒さに、途中、道の駅かもがわ円城にてうどんをすすってから帰還。
そろそろ本格的に冬に突入の気配ですな。
posted by Kei at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック