2010年11月14日

晴天の日曜日

いや〜、毎度毎度、画像のない真っ黒な記事ばかりで申し訳ありませんな。
最近、カメラを持ち出す機会がめっきり減りましてね。
と言うか、気合いを入れて外出するってこと自体がなくなってしまいまして。
バイクに乗る時は、革ジャンの内ポケットに財布だけってスタイルが定番化しとります。
いや、もちろん携帯電話も持ってるんですけど、携帯で画像を撮るという習慣が、ね。

さてさて、そんなことで。

今日もブラリと備中国分寺付近を軽く流して来たのですが。
さすが、行楽の秋&晴天の日曜日ですな。
車の数がたいそう多うございました。
いつも寄る喫茶店の駐車場も満杯に近く、諦めてスルーしたぐらい。
まぁ私の場合は、平日に幾らでも行けるので別に良いんです。

結局、同じ道を二度も走ったりして、軽くグルグルと走行距離を稼いでから帰りました。
バイクはまぁ、そこそこ見かけましたかね。
この時期にしては気温も高く、なかなかに気持ちの良い午後でしたよ。

…って、いやだから、そこのCB1300。
流れている車の間を強引にすり抜けて走るんじゃないよ!
こっちの肩身が狭くなるんだよ!
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バイクのすり抜けな。
信号待ちの時に脇をすり抜けて前に出るのは別に構わんのだよ。
後ろに居られるくらいなら前に出てくれた方が巻き込んだりせんで済むからな。

ただ、右に左にぐりんぐりんしながら強引に行くのは勘弁して欲しいよな〜。
車線変更しようとしたら合図も無しに突っ込んで来る馬鹿者には参る。
ちゃんとウィンカー使って正規の手順で先に言って欲しいものだ。
Posted by オルテガ at 2010年11月15日 20:26
>オルテガ君

いや〜、中には酷いのがいるからな〜。
60キロで流れている片側二車線の真ん中をこじ開けるようにぶち抜いて行ったり、渋滞しているからって対向車線をかっ飛んで行ったり。

そういう輩だから血気盛んな若い兄ちゃんかと思ったら、結構いい歳こいた中年も多かったりするからあきれるよ。
Posted by Kei at 2010年11月16日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック