2010年10月30日

変な夢

今日は、父親の四十九日の法要がありまして(正確には三十五日なのですが、そうすると三月またぎになってしまうので)。
で、無事に納骨も済ませ、家に帰ってから横になっているうちにウトウトしてしまい、その間に変な夢をみました。

舞台設定は何かの卒業式。
私はクラス委員で、格好良く号令などかけているのですが、なぜか私だけ割烹着にエプロンという変態なコスチューム。

そして、式の途中でサプライズゲストとして、突如、元プロ野球選手の新庄剛志が登場とか。

で、新庄さん、やたら似てないモノマネを連発するのですが、それがこことごとく私のツボにはまり、場内どっちらけの中、私だけが床に這いつくばって爆笑という次第。
それが気に入られて、新庄さんに「飲みに行こう!」と式の途中で強引に連れ出されるという展開で終わりです。

いや〜。
何の意味がある夢なんでしょうね〜。

て言うか、卒業式って。
高校以来ですわ。
(大学の卒業式は寝過ごしてぶっちぎったという酷い学生生活の終焉だったり…)
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック