2010年10月04日

ただのやっかみ

今日からせめてブログだけでも通常営業に戻りましょうかね。
くさくさしても始まりませんし。

さてさて。

私はバイクが好きで、例に漏れずヒマがあれば色々とバイク関係のブログを徘徊しております。
色々とキーワードで検索してみたり、リンクを辿ってみたりのパターンですな。
で、中には興味ある車種にお乗りになっているユーザーさんのブログとかあったりすると、その詳細なインプレッションなんかを楽しみにブックマークしたりするわけなんです。

が。

数ヶ月で愛車を乗り換えるってのはどうかね〜?

これは、いわゆる中年以上の方、それも「リターン」とか「ビギナー」とかゆう接頭語が付くバイク乗りの方に多いですな。
新車で買った中型車をさっさと売って、早々に大型に乗り換えちゃう。
いや、別にバイクの楽しみ方なんて人それぞれですから、私が文句を言う筋合いなど微塵もありませんし、そうやって次々に新車を購入してもらえれば停滞気味のバイク業界も少しは活気づいてくれようというものです。

でもですよ。
たった数ヶ月でそのバイクの特性なんて分かるもんですかね?

私がそうでしたが、入門したての頃は、自分自身のバイクという乗り物に対する感性とか価値観とかが固まっていませんから、その時々でバイクに対する印象が随分変わったものです。
ある程度、「自分にとってのバイクとはこうあるべし」なんて考え方が見えてきたのは2年ぐらい経ってからでしょうか。
そうなると、次に欲しいバイクってのもだいたい分かってくる。

でも前述のパターンの方々のブログを見ると、乗り換えの理由ってのがなんかこう。
「周りが大型ばかりで引け目を感じる」とか「駐車場で中型だと気恥ずかしい」とか。

どうにも後ろ向きな感じがしていけませんなぁ。
バイクの楽しさに対する価値観が、私とは全然違う。
「いつかはクラウン」みたいな感じでね。

「バイクというのはもっとこう、自由な乗り物ではなかったのか!」

…なんてベトナム戦争時代のヒッピーばりに叫びたくなってくるわけで。

例えば「あのバイクに一目惚れしたから乗り換えた」とか「今のバイクは私の使い方に合っていないことが分かったから乗り換えた」とかなら至極納得なのですがね。
確かにバイクという物は格好良さってのも大事な要素ですから、全くその気持ちが理解できないってことではないですし、現在の中型ラインナップの少なさってのもね。

まぁしかし。
楽しみに見ていたブログがそんな方向に行ってしまうと、寂しいのは確かですよ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック