2010年07月30日

むきーっ!(続報2)

…入院しました。

VTR250が。。。

今朝、バイク屋に持って行ったんですよ。
ハンドルが曲がってますから(右側が上にねじれた状態)、乗りにくいったらありゃしない。
ミラーも明後日の方向を向いてますし。
暑い中、汗を垂らしながら、それをだましだまし乗って行ったんですね。

で、途中気が付いたんですが、なんか車体が右側に引っ張られる。
特に停車直前の極低速時にはハッキリと感じられるぐらいに。

元々VTRのフロントブレーキは右側シングルディスクですから、超厳密に言えばブレーキング時に右側へのモーメントが働くのは知っています。
しかしそれはそれ。
製品として売られている21世紀のバイクですから、普通の走り方で、しかも私の様なヘナチョコライダーが乗ったところで感じ取れる様なものではありません。
それが今日はずいぶんと右への力を感じるんです。

最初はハンドルが曲がっているから無理な力が入って、それでそうなるんだと思っていました。
ところが、信号待ちの時に若干後ろから眺めてみると。

な〜んか、フロントフォーク自体が正面向いてないよ〜な気がする…。

で、バイク屋へ行って診てもらうと案の定ですよ。

「これ、前輪が右向いてますね〜。」

あ、やっぱり。
ということで、一度バラしてチェックしてみなければならないということで、バイクは預けて帰ることになりんした。

て言うか、これ、事故じゃねーの?

ここからは私の想像なんですが、「車でこづけた」って程度じゃないんじゃないかと。
駐車中のVTRは、左いっぱいにハンドルを切ってハンドルロックをかけて、左のサイドスタンドで立たせてあるわけです。
その前輪にバイクから見て左前方から意外な勢いでヒットされたのでわ。
当たったのがタイヤなら、傷も付きませんからね。

だいたい、考えてみれば「こづけた」程度で倒れはせんわ。
私のVTRはリアサスのコンプレッションを締めている関係上、車高が少し上がり、サイドスタンド時の傾きも大きいのです。
余程の力じゃないと右には倒れんよ。

で、バイクは右後方にはじかれて右側にドシャン。
その際にハンドルが曲がり、前に書き込んだあちこちの傷が発生。
フロントフォークは、タイヤにヒットされた時に歪んだか、後方にはじかれた時に盗難防止のディスクロックが激突して歪んだか。
いずれにしても軽傷ではありません。

…本当にやってくれたな。
これはもう、完全に被害弁済請求コースですよ。

って言うか、見積もりが出るまで数日。
そっから部品発注して修理して。
帰って来るのは盆前かなぁ。

や〜れやれ。
お詫びに就職先でも世話しやがれい!
posted by Kei at 17:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいおい・・・・
当然、相手に請求するんだろ?
Posted by オルテガ at 2010年07月30日 19:44
>オルテガ君

当然、俺は一銭も出す気はない。
ただでさえ、いらぬ時間とか今日は交通費まで使わされたからな。

ただ、その相手方は親父の知り合いらしいんだよ。
だから変に事を荒立てるのも考え物なんで、全ては親父に一任だ。

そうは言ってもフロントフォーク交換となると、もう事故車も同然だからなぁ。
下取り価格は一気に下がっちまったな。
Posted by Kei at 2010年07月30日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック