2010年07月06日

俺の嗅覚

久々の更新です。
色々と家の方がバタついておりまして、なかなか書き込む余裕がありませんでした。

「ひょっとして就職でも決まったんじゃ?」

と、お思いのそこのあなた。
残念ながらそれは間違いです。
いや本当に残念なことですが。

さてさて。
本日は、色々と金融機関に用事があったので、このところまったく放置状態だったVTR250で出かけることにいたします。
さすがにこの季節のバイクは暑いですな。

私の実家は、倉敷マスカットスタジアムの近くにあるのですが、途中、その前を通るとたくさんの警備員が。
球場正面の垂れ幕を見ると、おお!今日は阪神vsヤクルト戦が開催される模様。
行きたいわ〜。
ま、残念ながらチケットはもう手に入らないでしょうがね。
と言うか、星野監督時代は倉敷での試合が年間何度かあったような気がするんですが、今年は今日の一試合だけ。
もうちょっと岡山のファンも大事にしてもらわんと。
 
などと思いながら走っていると、100メートルほど前方に白いクラウンが。
トランクにはポール式アンテナ。
左サイドミラーの上にもう一つミラー。

間違いありません。
覆面レスラーパトカーでございます。
警察車両を見つけるのは何気に得意なんざーますのよ、わたくし。

やがて交差点に差し掛かり、パトカーは私の前で信号停車。
二輪車は交通警察に目を付けられやすいので、私もすり抜けなんぞせずにパトカーの後ろで大人しく信号待ちをします。
(まぁ元々すり抜けなんてあんまりしないのですがね)

やがて信号が変わり、こちら側が青になった刹那。
交差する道路の右から右折車が。
ここは矢印信号が設置されているので、ま、ありがちっちゃありがちなんですが、でもまぁ完全にアウトですな。
当然、私の前のパトちゃんは、赤色灯をルーフから飛び出させて意気揚々とダッシュして行きました。
私は左折だったんで、見送るだけでしたが。
まー、信号は守らないとね。

そう言えば、姫路にキャンプに行った時も、途中の高速で危ない目に遭いましたかね。

私が追い越し車線を走って追い越しをかけていると、後方からデリカが一台、猛烈に迫ってまいります。
経験上、下手なミニバンは下り坂だと随分調子こいて走って来るんですよね。
普通に140キロとか150キロとか出す感じで。
で、上り坂に差し掛かると途端に100キロを下回ったりして。
いくら重い車体でも、もうちょっと一定のスピードで走れるだろうと。
少しはアクセルでの速度コントロールを学んだらどうなんだろうといつも思いますが。

まぁ、そんな感じで後方から迫って来るので、鬱陶しくて左に避けたわけです。
どうせすぐに追い付くから面倒なんですがね。
右側をズキュンと抜いていくデリカ。
その後方、一定の距離を置いてグレーのクラウン。
んで、白いヘルメットを被った乗員2名。

あ、あんたヤバイよ。

そう思った瞬間、私のすぐ右で赤色灯点灯。
これは速度計測が始まったサインです。
デリカも気付いたのでしょう、すぐにブレーキランプが光ったのが見えましたが、時既に遅し。
「うぅー!」というサイレンが。。。

確かここ、80キロ制限区間なんだよな〜。
多分、デリカ130キロは出てたと思うんだよな〜。
免停だな〜。

なんて思いながら、すぐ先のバス停留所スペースに入って行く2台を見送ったわけですが。
ぶっちゃけ、私もその時、そこそこ出してましたからね。
デリカがいなかったらこっちがヤバかったかと。

まぁ、そんなことで。
皆さんくれぐれも順法精神に則った安全運転を。
posted by Kei at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック