2010年06月12日

地獄の業火

いやはや暑いですな…。

ここ、岡山県南部では、連日最高気温が30度オーバーにございます。
こちらの梅雨入りはまだの様ですが、いよいよ夏に突入ですな。

そんなこんなで、私のバイク装備も先週末から夏用に衣替え。
と言っても、メッシュジャケットにメッシュグローブになっただけですが。

さて、実家に間借りしている私のお部屋。
二階の東側の狭い和室なんですが、ここがまた暑いのなんの。

今頃の時期ですと、6時ぐらいからでしょうか。
まず痛烈な直射日光による眩しさで叩き起こされます。
窓には障子が付いているのですが、そんな薄い和紙一枚では、もうすぐ夏至を迎えようかという太陽の力を遮ることはできません。
田舎ですから周囲に高い建物もありませんので、陽当たりは抜群です。

そこから室内の温度はうなぎ登り。
だいたい15時ぐらいがピークで、さすがにその時間は窓全開でも部屋にとどまっておくことはかないません。
昼間たっぷりと熱せられた屋根と壁の熱は、日が沈んでもなかなか冷えませんから、部屋が快適になるのは夜も22時近くになってから。
6月の半ばでこれですから、この先が思いやられます。

もちろん、部屋にはエアコンがあります。
ただ、そのエアコンの取り付けが少々無理矢理チックな感じでして。
私の部屋にはコンセントが一カ所しかなくて、そこから電源をとってるんですね。
そのコンセントには、当然パソコンやテレビも繋がっているわけです。

すなわち。

「テレビ+エアコン」または「パソコン+エアコン」の同時使用は、ブレーカー遮断による突然の停電の可能性と常に背中合わせ、という魔のコンボとなっておるのです。

家自体ももう古いですから、他の部屋でエアコンや電子レンジなんぞ使っていたら、それこそ薄氷を踏むような状態。
家電製品を使う際には、慎重の上にも慎重を期さねばならんのですよ。
そんなことで、エアコンの使用には二の足を踏んでいるわけです。

まぁ昼間家にいても本当にすることがないので、とっととバイクに乗って涼しい喫茶店に避難するのが日課ですがね。
これで夜の気温が上がってくるかと思うと、別の意味で震えがきますな。。。
posted by Kei at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック