2010年03月08日

ザッツアメリカ

私と直接知り合いの方は、私がアメリカ嫌いだというのはご存じかもしれません。

いや、嫌いっていうわけじゃないんですよ。
好きな所はあります。
広い国土、小さな事にこだわらない大らかさ、自己防衛の哲学。
それに、コカコーラ、Mac、レイバン、ジッポー、マールボロ…。
私の大好きな物をたくさん産み出してくれました。
(レイバンはイタリアに叩き売っちまいましたが)

しかし、昨今のトヨタいじめはどうですかね。
ちょっとあからさま過ぎやしませんこと。
私はトヨタ好きじゃありませんが、自国の企業がここまでやられると、さすがに腹立ちます。
お前らアメリカが、どんだけ立派で安全な車作りをやってるのか、と。

あと、なんですかね。
イルカ漁を盗み撮りしたエセドキュメンタリーにアカデミー賞ですか。
本当、くだらない話です。

だいたい、ハリウッドのパニック映画なんて観てごらんなさい。
主人公の周りの人間はバッタバッタ残酷に死んでいくのに、飼い犬だけはひょろっと無事に生還したりして。
んで、エンディングでは、死んでいった人達の冥福を祈ることもなしに、主人公とヒロインが笑ってハッピーエンド。
なーんて偽善の極みなんでしょう。

ま。
トヨタの件は、某特定アジア友愛政権の責任も大きいと思いますがね。
その件については、またいずれ。

ともあれ、アメリカって国は、つくづく怖い国ですよ。
未だかつて、人様の頭の上に原爆落とした国は、アメリカしかありません。
それに特定産業を守るためには、自国の大統領まで殺す国ですから。
あ、これって、アメリカ人にとっては触れられたくないところでしたっけ?
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック