2009年12月15日

常套句

例えば、革ジャンを見にお店に行くとする。
品定めをしていると、店員が近寄って来て「どうぞ、試着して良いですよ〜」とにこやかに話しかけてくる。
ちょっと気になるのがあったので、試着してみる。

ふ〜む。
ちょっと窮屈だな。
今はワイシャツだけだけど、下に厚手のトレーナーとかフリースとか着たら厳しいかな?
もう一つ大き目のサイズないの?
なんて思っていると、必ず店員が言うセリフがある。

「革ジャンはタイト目がカッコ良いですよ! それに革は伸びますからね!」

そう、そこのアナタ。
言われたことありませんか?
ありますよね?

いやいや、でもそんなに伸びるわきゃねーだろ、と。
馴染んで柔らかくなることがあってもさ。

タイト目が良いっていうのは、まぁ言っていることも分からんでもないが、それは人それぞれ。
真冬でもやせ我慢してでも「革ジャンの下は白いTシャツしかありえねーよボーイ」ってパンクな人もいるだろうし、「ただでさえ断熱性の低い革ジャンに重ね着しないで年が越せるか」って人もいる。

そこんところ、店員には個々のニーズに合わせて的確なアドバイスが欲しいと思うわけである。
その言葉に乗せられて高価な革ジャンを買ったは良いが、後になって激しく後悔ってなパターンは意外に多いんじゃないかしら。
特に革って、なかなか融通の利かないヤツだからして。

なんでこんなこと書いてるかと言うと、昨日、ふらりと立ち寄ったお店で前述のセリフを言われたわけ。
それがね、これまで革ジャンを見に行った全てのお店で、だいたい同じ様なセリフを聞かされた経験があるのだ。

頼むから、服ぐらいは自分の感性で選ばせてくれよ。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック