2009年11月19日

そりゃそうだろ

ボジョレ・ヌーボーの生産地代表者が、ペットボトル入りのワインに対して苦言を呈したそうだが、それは当然だと思う。

なんか最近の日本は、何でもかんでもコスト重視、安く安くで、どんどんと文化的に落ちぶれて行っている気がするなぁ。
“豊かさ”ってのは、安く買い物をすることだけじゃないと思うんだが。

物事の価値を判断する基準が、単なる「値段」だけになってしまったら、これはもう、先進国とは言えないね。
長引く不況でデフレ・スパイラルに陥ってしまうのは致し方ない面もあるが、やはりここはメーカーも消費者も豊かさというものについて、しっかりと考え直す必要があろう。

販売メーカーは「安く提供できる」「重量減により輸送時の二酸化炭素排出が少なくなる」などと返答している様だが、私に言わせれば自分の懐しか考えない無責任な売りっぱなし商法である。
そこに「文化を守り育てよう」「生活の豊かさを消費者に提案しよう」という哲学は全く感じられない。
だいたい、使い捨てのペットボトルを使いながら環境を語るんじゃないと突っ込みたくもなる。

でも、売れるんだろうなぁ、ペットボトル入りのワイン。
悲しくなるな。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 突っ込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペットボトルに入れるくらいなら、樽で運んで店で測り売りすべきだと思いました(--;)
Posted by まさひさ at 2009年11月21日 10:05
>まさひささん

おっしゃる通り。
エコやコストを言うなら、そこまでやって欲しいですね。

しかしペットボトルにワインって。
清涼飲料水じゃあるまいしって感じです。
そりゃフランス人も怒りますよね〜。
Posted by Kei at 2009年11月22日 01:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック