2009年11月08日

虫が知らせる日

今日、いつもの様にぷらっと和布刈の方へ走りに行ってみたら。

事故現場に遭遇しました。

和布刈の観光列車の踏切を渡ってすぐの所。
軽四が1台、路肩に突っ込み、もう1台は吹っ飛ばされた感じで後ろから歩道に乗り上げていた。
これって、正面衝突じゃないか?

私が通りかかる直前に発生したらしく、歩道に乗り上げた方の運転者が、両脇を抱えられながら降りてくるところだった。
結構ダメージありそう。

こういう場面に出くわすと、一気にテンション下がりますな。。。
とりあえず気分を落ち着かせる為に、西海岸のいつもの場所にバイクを停めて、海を見ながら黄昏れることに。

今日も西海岸は人が多かったけど。
もう護衛艦はいないですよ。

さてさて。
こういう気分の乗らない日は、大人しく帰るに限ります。
経験上、こういう時に限って何かが起きるのです。
そんなことを思いながら帰路を走っていると。

交差点を曲がった瞬間に前方からチャリが突っ込んできました。

いや、幸いぶつかりはしませんでしたが。
そのチャリ、オバちゃんが乗ってたのだが、500mmlの缶ビール片手にフラフラしとりました。
昼間っから酔っぱらい運転かよ。

こういう日があるんだよな。
気を付けなきゃイカンな。
posted by Kei at 22:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは。  
 ありますよね。。虫の知らせ。
こういう 第六感的感覚。 私も大切にしております。

  まずは、大事に至らず よございましたね〜。^^



Posted by インドの怪人 at 2009年11月09日 22:25
>インドの怪人さん
ありがとうございます。
良い予感は当たらず、悪い予感に限って当たるのが世の常でございます。
(それは私だけ?^^;)

まぁ、これも動物として持って生まれた生存本能の欠片なんでしょうかね?
Posted by Kei at 2009年11月10日 01:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック