2009年08月16日

土産熟考

長いこと、実家と九州を往復しているので、お土産もだんだんワンパターンにならざるを得ない。
09081601.jpg

岡山と言えば、やはり『きびだんご』が定番なのだが、これは定番過ぎて既に面白味がない。
それに『きびだんご』は個別包装されていないので、職場で配るのには少々都合が悪い。
味は良いんだけどね。

そういうわけで良く買うのが、右の箱の『大手まんぢゅう』
いわゆる“破れ饅頭”の類だが、個別包装されているし、アンコが苦手な人以外にはおおむね評判も良い。

真ん中のは『むらすゞめ』
私の故郷、倉敷の銘菓として知られている。
(※画像のは、正式な『むらすゞめ』ではないのであしからず。リンク先の橘香堂のが正統なヤツ)

が、私は子どもの頃から、この『むらすゞめ』の味があんまり好みではない。
そもそもカステラ的なお菓子がそんなに好きではないので。
『もみじ饅頭』とかね。
そうは言っても、実家は倉敷だから、たまには買って帰る様にしている。

実は倉敷には、私が自信を持ってお勧めする美味いお菓子がある。

それが『藤戸饅頭』(注:リンク先は音が出ます!)。
先の『大手まんぢゅう』と似ているのだが、私は『藤戸饅頭』の方が好み。

美味いんだな〜、これ。

残念ながら、岡山駅をはじめあまりあちこちで売っていないので、なかなか入手する機会がない。
たまに藤戸の工場直営店まで行く機会があると買って帰る。
(ちなみに私が通った高校がこの近く)

余談だが、藤戸には有名なたい焼き屋があって、私が子どもの頃は道路際の小さな屋台だったのが、今や立派な建物がで〜んと建っていたりして。
まさに“たい焼き御殿”である。

左のサイダーはまぁ。
実家の近くの自販機に売っていたので、自分用に買った物。
「復刻版」と書いてあるが、さすがの私でも、復刻前の姿は全く記憶にない。
posted by Kei at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この前、長崎に行った時、岡山を通過してキビ団子食べました。
キビ団子も八つ橋も、あんこが入っていないほうが好みです。

Posted by TK at 2009年08月19日 00:13
>TKさん

きびだんごって、知名度は高いんですけど、意外に食べたことのない人っているんですよね。
あっさりしていて、万人に受けるお菓子だと思います。
特にアンコ嫌いな人がいる場合は好都合なお土産ですね。
僕は家にきびだんごがあると、2日ぐらいで1箱食べてしまいます(^^;
Posted by Kei at 2009年08月19日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック