2009年06月22日

スパルタンXに寄せる

今日、日テレG+で、プロレスリング・ノアの後楽園ホール大会の中継をやっていた。
こうして改めて見ると、三沢光晴という稀代のプロレスラーがこの世を去ってしまったことが、現実としてズシリと感じられる。
なんとなく、「俺の青春も少しずつ消えて行ってるんだなぁ」なんて感傷的になったりして。

三沢選手、素晴らしいレスラーだったよ、本当。
ジャイアント馬場さんと言い、ジャンボ鶴田選手と言い、なんで「全日のエース」と呼ばれた人物は夭折してしまうんだろう。
テレビのニュースなどでは、三沢選手の話になると必ず「二代目タイガーマスクとして」というフレーズが出てくるが、そんなものは上っ面だけの話題に過ぎない。
私にとっての三沢選手のピークは“全日四天王時代”に他ならない。

ここは完全に個人的な考えだが、四天王プロレスは最高だった。
馬場さんの下、“鎖国プロレス”と揶揄されるほど、他団体との交流をしなかった当時の全日本プロレスは、だがしかし、非常に高い人気を誇っていた。

理由は幾つかあるが、まず反則や場外などで不透明な決着を着けず、必ずリング上で分かりやすく勝敗を決めたこと。
そして、三沢光晴、川田利明、田上明、小橋建太の素晴らしい素材を持つ4人が、それぞれレスラーとしての円熟期をほぼ同時に迎えていたこと。
同一団体内での試合しかしないので、自ずから相手選手に対する理解が進み、阿吽の呼吸の下、試合のクオリティがどんどん上がっていったこと。
そういうものが合わさって、純粋に勝負として面白かった。

私は川田選手のファンであった。
今でもそうである。
えげつない攻めを繰り返したかと思えば、相手の怒りの反撃であっけなく形勢逆転される脆さ。
相手の必殺技を受けに受けた挙げ句、渾身のクリティカルヒットを食らい、半失神状態で敗れる悲壮感。
そんな“浪花節プロレス”に惹かれたのであるが、今思えば、三沢光晴という強大なハードルが無かったならば、川田選手の魅力も完全には活かされていなかっただろうと感じる。

当時、三沢選手は憎らしいほど強かった。
ちなみにスーファミで『スーパーファイアープロレス』という名作ゲームがあるが、そこに出てくる三沢選手(ゲーム内では氷川選手)もエルボー一発で相手を即流血させてしまうほど反則的な強さだった。
彼の凄いところは、とにかく相手の全ての技を受けきるということにつきる。
そして必ずフェニックスの様に蘇ってくる。
そんな三沢選手に目ん玉ひんむいて立ち向かっていく川田選手が、また何とも言えず良い味を醸し出すのである。

その二人を軸に、ナチュラルなパワーで飄々と戦う田上選手、暑苦しいほどのエネルギッシュさではじける小橋選手が絡むと、それはもう“四天王劇場”と呼べるほどの実に完成された世界が繰り広げられたものだ。
馬場さんが解説中に感涙したのも至極ごもっとも。

記憶にある限り、当時の三沢選手がボロボロにされたのは、たった一度きり。
スティーブ・ウィリアムスとの三冠戦だったと思うが、ともかく最初から最後まで外国人レスラー特有の勢いで押されっぱなしになった試合だけである。

やがて馬場さんが亡くなり、ジャンボ鶴田さんが亡くなり、三沢社長と馬場元子夫人との確執から、全日本プロレスからの選手大量離脱が起こる。
川田選手は、三沢選手と袂を分かち、全日に残留した。
私のプロレスは、ここでほぼ終わりを告げる。
「四天王プロレスこそ真のプロレス」と盲信していた私は、以降、本格的に関心を持ってプロレスを観ることはなくなってしまった。

後年にノアの試合をテレビ観戦した時には、もう三沢選手もピークを過ぎてしまっており、さすがにキレを欠いていた。
その後、三沢選手と川田選手との再戦も一度だけ行われたが、もはや心を熱くさせるだけのものでもなくなっていた。

ノア旗揚げ後の三沢選手は大変だったと思う。
馬場さんも社長をしながらエースを張っていたが、当時はプロレスも興業として立派に成り立っていたし、娯楽として子どもから大人まで多くのファンがいた。
それに後年はセミリタイヤ状態で、前座で“明るく楽しいプロレス”をやっていて、肉体的な負担も軽かったと思う。

一方、ノアは2000年の旗揚げ。
プロレスというジャンルは、バブル崩壊とともに下り坂になっており、経営的にも相当な苦労があったはずである。
しかも観戦に来るファンは30代以上が中心で、未だ三沢光晴の名前に惹かれて来る層ばかり。
僚友である小橋選手は度重なる膝の故障に加え、ガンを患って長期欠場。
休むに休めない状況だったであろう。

今日のメインイベント。
KENTAや塩崎豪といった選手は、それはもう、実に素晴らしい試合を見せてくれたが、だからと言って、彼らの名前で会場が満席になるかと言えばそうではあるまい。
そんな状況だからこそ、社長自らが常にトップに立ち、衰える肉体を酷使しなければならなかったのかと思うとやるせない。

リーダーとして、カリスマ性があったことは選手としての三沢光晴を大きくしたが、逆にそれが人間としての寿命を縮めてしまったのは皮肉である。
本当にどうにもならなかったのか。

謹んでご冥福をお祈りします。
私はあなたの打たれ強さを忘れないでしょう。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日テレ 馬場
Excerpt: スパルタンXに寄せる 今日、日テレG+で、プロレスリング・ノアの後楽園ホール大会...
Weblog: りつこの出来事
Tracked: 2009-06-27 07:56

日テレ 馬場 エヴァ
Excerpt: 世界のバカサイト1〜2ヶ月ほど前に、でじたるのバカ2(水曜深夜;日テレ)の馬場アナのコーナー「世界のバカサイト」で紹介された、下記のようなサイトを教えて下さい。・2次元平面上に任意の..
Weblog: 仕事で使えるビジネスニュースダイジェスト
Tracked: 2009-06-29 13:13