2009年06月21日

その日、悪魔は「払え」と言った

数日前に来た、身を縮み上がらせる様な恐怖の通知。

市県民税の納税通知書。
09062101.jpg

194,000円だとー!?
俺を低額所得者と知っての狼藉か!?


まぁ。
冷静に考えてみれば、うっかりしていた俺も悪いんだけどね。
1月に転居、転職して以来、給料から住民税引かれてないのはうすうす感じてたわけ。

「まーそのうち税額が決まって引かれるようになるわいな。」ぐらいに考えていたのだが、まさか前に住んでいた市からダイレクトに「払え」と言われるとは予想していなかった。

だいたい春日市は税金高ぇよ。
良い街だけどよ。

いたしかたない。
国民の義務であるから素直に払わねばなるまい。
なになに?
今月末までに50,000円払えって…?


払えるかー!!




いや、そりゃ無理してでも払うけどさ…。
あまりにもご無体ですがな、お代官様。。。
って言うか、俺、こんなに住民税払ってたんだ。
そりゃ貯金もできんわけだよ、ぶちぶち…。
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック