2009年06月01日

折檻されました

昨日、職場の健康診断があって、生まれて初めて『胃透視』というヤツを受けたのだが、あれはちょっとした拷問ですな。
経験者の方には笑われるかもしれないが。

まず最初からしてきつい。
粉末の重曹を少量の水で飲み下すと、すぐさま胃で炭酸ガスが発生してこみ上げて来る。
「ゲップはしてはいけない」と厳命されているので、なんとか我慢しながら今度はバリウムを飲む。

よく「バリウムは不味い」と言われるが、私の場合は正直、味なんてどうでも良かった。
胃から出て来ようとする何かを涙目になりながら押し戻すのに必死である。
(ゲップどころか、液体がこみ上げそうであった)
学生時代、上級生から寿司桶になみなみ注がれたビールを飲まされた時の事を思い出すぜ…。

その状態でレントゲン室へ。

人間ターンテーブルの様な変な機械に乗せられて、横を向いたり下を向いたり、挙げ句の果てには頭を下にして逆さに吊るされたり…。
その間中も、胃から飛び出そうとする何かを必死に押さえつけなければならないのに、今度は「お腹を膨らませてくださ〜い」「息をはぁ〜っと吐いてくださ〜い」と言葉攻めである。

う〜む。
これはまるでハイテク風味なSMプレイですな。。。


絶対、頭の血管切れてるよ。
あれから一日、ずっと頭が痛かったもの。

で、検査が終わると「下剤」という名の劇薬を投与されて、身から栄養と水分を搾り取られる。
なんて恐ろしい。

健康体でこれだから、本気で体の調子が悪い人が受けたら、どうにかなってしまうんじゃなかろうか。
posted by Kei at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ぼく、2004年かなぁ、体調が相当悪くて(Keiさんにも仕事で色々ご迷惑をおかけした年です)胃透視やったんですけど、その数ヶ月後にやった胃カメラの方がずっと辛かったですよ。あれは生き地獄でした(改善されてるらしいですが)
Posted by コアラ王子 at 2009年06月03日 09:27
ふふふ・・・
バリウムはもう10年以上続けて飲んでおります。
これが快感に変わってくるですよヾヾ(*^▽^*)〃〃
Posted by みかん at 2009年06月03日 21:29
>コアラさん
胃カメラは想像するだけで嫌ですねぇ。
できれば一生受けたくない検査の一つです。
鼻からカメラ入れて声帯を診た事はあるんですけどね。

>みかんさん
10年以上ですか!
それはもうベテランですね。

「快感」…。
まさにプレイ化してますね(^^;
Posted by Kei at 2009年06月04日 13:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック