2008年11月02日

ここで一句

秋の海

雲垂れ込めど

涙(なだ)落ちず



【意味】
秋の海に雲が垂れ込んでいるけれど、雨はいつまでたっても落ちてこない。
まるで涙をぐっとこらえている様だ。
秋の天気はなかなかしぶといものだなぁ。


081102.jpg

久しぶりに海に走りに行ったのだが、三連休の中日ということか、どこをどう走っても車だらけ。
「え?こんなところでかい!?」というぐらいにあっちこっちで渋滞に巻き込まれて、えらく時間を食われてしまった。
帰りには(また)道を間違えて妙な場所に迷い込むし。
ま、久しぶりにたっぷりとバイクに乗れたので良しとしよう。

ちなみに今日はマナーの非常に悪いバイクに2台も遭遇した。
その2台ともが、タンデムをした大型バイク。
後ろに恋人なり家族なりの大切な命を乗せてるんだから、もう少し考えた運転ができんもんだろうか。
一人で自爆するなら勝手にどうぞだが。
ま、その程度の相手に命を預けてるんだから、後席の方も五十歩百歩か。
posted by Kei at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのマナーの悪いタンデムの大型バイク、車種やヘルメットはどんなのでした?
東京近辺だとソロ、タンデムを問わず半キャップヘルメットで中型・大型スポーツバイクに乗る輩がいて呆れています。

考えようによっては、その手の○○が車ではなくバイクに乗ってるだけまだマシかもしれませんね。車だと事故の際に他者に与える被害がずっと大きくなりますから・・・・
(バイク乗りとしては、そういう輩見ると腹が立ちますけど)
Posted by まさひさ at 2008年11月03日 09:25
コメントありがとうございます。

1台は、車種は分からなかったんですが、黄色のSSで、狭いトンネルの渋滞の中を対向車線を吹っ飛んで行って対向車に迷惑をかけていました。

もう1台はZZR1400で、これまた狭い片側1車線の流れている道路の右左から前走車をパスしまくってましたよ。
僕もいきなり左側から抜かれてビックリしました。

意外に装備は両方ともちゃんとしてたんですよ。
フルフェイスに革のジャケットって感じで。
普通、こういう装備の大型って割と大人の運転をするんですけど、例外もいるみたいですね。

あ、でもケツ番は上げてましたね(^^;
いやはや。。。
Posted by Kei at 2008年11月03日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック