2008年09月01日

コンディション・レッド<

昨日の日記で、「お守りのチェーンで首がかぶれた」と書いたが、どうもそれは誤りだったらしい。

ベッドに入ってから、妙に身体が熱っぽく、なかなか寝つかれなかった。
それどころか、シャワーを浴びて寝たというのに、身体がかゆくて何度も目が覚める。
浅い眠りしか得られなかった。

で、今朝になってみると、下半身を中心に赤い斑点が…。
これってジンマシン?
思い当たる節は一つしかない。

昨晩のこと。
巨人×阪神戦をテレビで観戦していた私は、8回の表にウィリアムスが大道に走者一掃のタイムリーヒットを打たれた直後にテレビを消し、気晴らしに最寄りのスーパーに食糧の買い出しに出かけた。

時刻は21時。

この時間になると、売れ残った弁当が全品3割引で処分されている。
そして、私が上機嫌で購入して食べた幕の内弁当の中に入っていたのが、サバの塩焼きである。

あいつだ…。

食べ物にあたってジンマシンが出るのは数年前にプサンでユムシを食わされて以来だが、今回のはかなりヘビーである。
何しろ今日になっても一向に消える気配がないどころか、時間が経つにつれてどんどん酷くなる一方。
面積はますます拡大するわ、斑点どころかブツブツができるわ、しまいには皮膚が腫れてブヨブヨになるわ。

なんか、軽い象皮症みたいになってるんですけど…。

鏡で自分の姿を見ると、我ながらあまりのおぞましさに鳥肌が立つぐらいである。
もちろんかゆくてたまらないし、場所によってはかゆさを通り越してヒリヒリと痛みすら感じる。
これはたまらん。
明日は、朝一に薬局に行って、坑ヒスタミンの錠剤でも買わなきゃいかんな。

教訓。

「処分品弁当の青魚には手を出すな!」
posted by Kei at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック