2008年08月10日

250復権?

今月発売の『オートバイ』誌。
この巻頭に、“ホンダが出すかもしれない”次期車両の予想図が出ていた。

VFRがリッター化されたり、XR250が水冷で復活したり、というネタの中に、私の愛車VTR250復活の話題も。
その名もVTR250F。
予想図を見る限り、旧型をベースにしつつ、跳ね上がったお尻にショートマフラー、デジタル&アナログ併用式のメーター、異形ヘッドランプ、という昨今のトレンドを取り入れたデザインでなかなか格好良いのだが、本当に出るのか?

250ccのクラスって、カワサキのNinja250Rが相当売れているとは言え、やはり商売的にそんなに美味しいところではないはず。
さすがにホンダぐらいの大メーカーで、250ロードスポーツモデルがゼロじゃあ恥ずかしいのかも知れないが…。

今の若者はバイクなんか乗らないし、乗るとすればビッグスクーターばかり。
かと言って、若き日をバイク世代で過ごした私の様なオジサンはすぐ大型に乗りたがる。
それをどうこう言うつもりは全くない。
私だって、もし次に買い替えるとしたら400だと思うし。

そんな中で250のスポーツバイクはやっぱり厳しいんじゃなかろうか。
ま、もし出たら楽しいけどね。

それにしても、予想図で見たVFRののエクステリアはスゴイ。
カッコいい〜♪
スズキが混じってる気がしないでもないが…。
posted by Kei at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
250と言えばスクーターかストリート系ばかりというこのご時勢に、Ninja250Rが相当売れたことが凄いことだと思います。このような「健全な250ccスポーツバイク」の潜在市場があるとホンダも考えたのでしょうか。
私は「250ccでバイクという物に慣れてから大型に行った方がいい」と考えているので、VT250Fのようなバイクが出るのは歓迎しますが、その前に「健全な250ccネイキッド」であるVTR250を再生産しては?と思います(^^)
Posted by まさひさ at 2008年08月11日 09:29
まさひささん、こんばんは。

予想図では新型VTRはネイキッドになってました。
個人的にはカウル付きで出て欲しかったんですが、やはりそれではあからさまにNinjaを意識し過ぎと思われるからでしょうかね。
フルカウルの方が騒音規制には有利だと思うんですが。

どうせならCBR250RRみたいなヤツが出れば楽しいんですが、今の排ガス・騒音規制だと250でマルチはきつそうですしね。
Posted by Kei at 2008年08月11日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック