2020年10月31日

シーズン開幕!

いよいよ気温も下がってきまして、虫は出なくなる、汗はかかなくなる、キャンプ場の人出も落ち着いてくる、とうわけで私のキャンプシーズンも開幕であります。

さて、今年の一発目はどこに行こう?

例によってキャンプブームは依然としてますます隆盛。
実は昨年から目を付けていたマイナーっぽいキャンプ場に先週電話をしてみたのですが、週末は予約でいっぱいだとか。
おいおい、あのキャンプ場ですらそうかよ?
こりゃもっと寒くなるまで待つか?

ところで私の職場は今、コロナ禍の影響で半休態勢が続いています。
まぁ休業日であってもメールや電話は遠慮なくくるわけで、実質、休んでいる場合ではないのですが、それも昼過ぎになれば落ち着いてくるのが通常。

うーむ、金曜日の遅めに出発するという手はあるな。
何か急ぎがあっても多少のことならiPad持って行ってればどうにかなるし。

というわけで、金土と変則パターンで決行することに。
今回はdocomoのLTEエリア内が必須ですから、実体験でプルーフされた場所でなければなりません。
お気に入りの蛇喰は12月以降ヘビーローテーションするつもりですし(蛇喰だけに)、せっかくこの時期なら秋までしか営業していないところに行っておくべきかも。
となると、やはり土師ダムファミリーキャンプ場が筆頭候補ですか。
休日は人多そうだけど、まぁ金曜日なら大丈夫かな。

ということで、午後も遅い時間に八千代湖に到着。
20103101.jpg
先週も来たばかりだけど。
 続きを読む
posted by Kei at 18:55 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

素材の重要性

先日の日曜日、久しぶりにいつもの八千代湖までお散歩ツーリングに出かけました。
20102601.jpg
いよいよ風景も秋らしくなってきましたね。

もうすぐ11月。
さぁこれからが俺のタームだ。
今シーズンは何回キャンプに行けるかな?

などと考えつつ、稲刈りの終わった大好きな田園風景を眺めながらのんびり走りまして。

今回は帰路に一つ目的があります。
それは湧き水を汲んで帰ること。

北広島方面から市内に帰ってくる途中、2カ所ほど、湧水の看板が出ているのです。
いつも気にはなりながらも素通りしているのですが、今日こそは少しいただいて帰りましょう。

今回立ち寄ったのは、可部峠の御神水。
20102602.jpg
幹線道路から離れ、集落の道を山の方にグングン分け入った先にあります。
道は細いですが、舗装されているので特に危険もなし。

ではさっそく。
20102603.jpg
ナルゲンのオアシスに約1リットルだけ。

家に帰り、この水でコーヒーを淹れてみたところ、これがまぁビックリ。
いつも水道水でやっている通りに淹れただけなのに、味も舌触りも全然違います。
それはもう、口に含んだ瞬間からハッキリわかるほど。

ここまで違うとは思わなかった。
おじさん脱帽。

やっぱりね。
一番大事なのは素材なんだよな。

こんなこと書くと平等主義者の方々に怒られそうですが、人間だって素材が大きくものを言うんですよね。
私の好きな言葉に「gifted」というのがあります。
何かを神から与えられた者、と私は解釈していますが、要するに先天的に備わった資質や才能(もちろん外観も)って、やっぱり努力のみでは勝ち得ない強い力を持っているんですよね。
いや、もちろん努力も重要なんですが。

なんてことをコーヒー一杯で思い知らされた秋の夕暮れ、あなかしこ。
posted by Kei at 19:22 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

一泊二日温泉ツーリング第2弾(2日目)

2020年10月18日。
湯布院での2日目は7時過ぎ起床。
ちなみに私はロングスリーパーで、余裕があればいくらでも眠っていられるタイプだったのですが、最近になって5〜6時間も眠ったら目が覚める様になってきてしまいました。
これも老化の一つなんでしょうね。

ともあれ、買っておいた軽い朝食を摂りながらiPadでニュースをチェック。
身支度を整えて宿をチェックアウトしたのは8時半前です。

早めに起きたのに出発を遅らせたのは、行きたいスポットがあったから。
それは岩下コレクション
ここの開館が9時だったので、それに合わせて出発したわけです。

まぁ宿から近いのであっという間に到着しましたけどね。
20102102.jpg

まだ時間があるので、機関車の前で記念撮影などしつつ。
20102101.jpg

で、オープンと同時に入館です。
 続きを読む
posted by Kei at 17:23 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

一泊二日温泉ツーリング第2弾(1日目)

前回の旅で一人での温泉ツーリングも楽しいということに気がつきましたので、GoToがまだあるうちにと先週末、第2弾を決行しました。
行き先は四国と悩んだのですが、できれば四国は四国カルストでのキャンプを絡めて最低2泊で行きたいという気持ちもあり、今回は九州の湯布院に決定。
ちょうど山口県と四国・九州を結ぶフェリー航路で使える4千円のチケットが半額で売り出されておりますので、これを利用して今だけ限定の節約旅にございます。
観光業や旅客業は大変でしょうからね。
微力ながら少しでもお金を落としましょう。

ま、うちの会社もこの先どうなるやらわからんけどな…。

事前に天気予報を調べてから宿の予約をしたのですが、出発当日の土曜日は朝から雨。
雨中の走行はテンションが下がるので、ギリギリまで雨雲レーダーとにらめっこしながら出発を遅らせたものの、結局どうにもならずカッパを着用して高速へ。
まぁほとんど止んでましたけどね。
しかしながらそのせいで時間にはあまり余裕がなく、とにかく一心不乱に走って周南市の徳山港になんとか到着。
乗船手続きにも予想外に手間を食ってしまい、バイクのところに戻った時にはもう乗船開始で、グローブを着ける暇もなく車両甲板に滑り込みます。
フェリーの写真すら撮れなかったよ。

甲板で緊縛プレイ固定中のYZF-R3。
20102003.jpg

デッキに上がってカッパを脱ぎ、一息ついていたらもう出港です。
20102001.jpg
 続きを読む
posted by Kei at 17:10 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

毎年恒例

どうも私の思考ルーチンは、この時期になると尾道ラーメンを強く欲するようにプログラミングされているようで、10月になってからあの背脂の浮いたスープが頭から離れなくなってしまい、これはたまらんと天気の良い今日を選んで行ってきました。

往路は美しい瀬戸内の風景を楽しみながら下道でのんびりと。
いや〜、爽快でした。
途中でカフェイン補給のために道の駅たけはらで小休止しただけで、後はノンストップで尾道市街へ。

みなさん、コロナ疲れが限界にきているのでしょうか、今日の尾道市街はいつになく観光客が多かったです。
そしていつもバイクを停める無料駐輪スペースが取り壊しで立ち入り禁止になっていて、仕方なく別の場所を探すことに。
この街はあちこちにバイク用の無料スペースがあるのですが、今日はバイクの数も多く、しばらくさまよってしまいました。

着いたのがちょうど12時頃だったこともあり、毎度行くお店がものすごい行列で、今回は初めて別のお店に飛び込みます。
20101101.jpg

さあ、待望の尾道ラーメンだ!
20101102.jpg
ミニ焼肉丼とのセット。

美味かったっす。

これで目的は果たしたわけですが、早々に帰路に着くのももったいないので、しばし海の写真などを撮りつつ。
20101103.jpg

せっかくですからサイクリストの聖地、ONOMICHI U2にでも寄って帰りましょう。
少し距離があるので、一旦バイクのところに戻りまして、バイクで移動です。
で、U2に到着してバイクを降りようとした時に、何やら「ドサッ!」という音が。

ん?
俺のシートバッグが路上に落ちているぞ?
げげげ。
ベルトのバックルを固定していなかった!

私のシートバッグは、バイクから取り外した時に簡易的なバックパックとしても使えるタイプなのですが、ラーメンを食べに行く際に外した後、ベルトで固定せずにリアシートに載せただけの状態でここまで走ってきていたのです。

あぶねーな!
よく走っている最中に落ちなかったよ。

バッグの中には財布やミラーレスカメラなどが入っていますので、これを紛失していたら大ごとでした。
いや〜、助かった。

気を取り直して、U2の周りを散策。
20101104.jpg
ここはサイクリスト向けのショップや宿泊施設、カフェやレストランなどが入っている複合施設なのです。

暑くて喉が渇いたので、ミルクセーキで一息。
20101105.jpg
このミルクセーキは美味かった。

その後、U2の駐輪場で島根からのXJR乗りの方と少し会話をしてから帰路へ。
帰りは別ルート&高速を通りまして、夕方前には自宅に到着。
それにしても、昨日今日と山陽地方は暑いです。
家では冷房を入れているぐらいですからね。
早くキャンプ行けるくらいに気温が下がるといいのですが。
posted by Kei at 17:16 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする