2020年06月21日

竹原へ

本日の部分日食。
皆さまはご覧になられましたでしょうか?
私もさっきからサングラス3枚重ねで見ているのですが、あいにくと広島市は薄い雲に覆われていて、なかなかハッキリと分かりませんな。

しかし夏至に日食とか、偶然とは言え、なんだかちょっと不気味だ…。
天変地異でも起こらなければ良いのだが。
ああ、天変地異ならもう起こってるか。

さてさて、昨日に引き続き、本日はお気に入りの竹原まで行ってきました。

竹原と言えば、やはりここからの写真。
20062101
もはや定点観測です。

やはり観光客は多くはないです。
まぁここは以前から割と静かな観光地ですが。
20062102.jpg

以前、ちょっとお世話になった方がやっているお好み焼き屋さんで食事して行こうかと思っていたのですが、コロナの影響で客席を離しているためか、店先に順番待ちの人が結構いたので諦めました。
まぁお客さんが来ているなら結構なことです。

帰りに日の丸寫眞館の前にて。
20062103.jpg

帰路は途中まで国道2号を走り、東広島でお気に入りのうどん屋さんに寄ってから高速に乗って帰りました。
さあて、日食観測の続きをしよう!
posted by Kei at 17:00 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

三瓶山へ

土砂降り続きの今週でしたが、週末は晴れ予報の中国地方。
たまにはいつもよりちょっとだけ遠くに足を伸ばしてみましょう。
県またぎの移動も解禁されたことですし。
(何をどういう根拠で禁止していたのか、今一つ腑に落ちませんが)

ということで、去年も行った三瓶山へ。

もう夏でしょ。
ってことでメッシュジャケットで出発したのですが、午前中は曇って日差しもなく、走行風を浴びている間は寒いという落とし穴が。
北上するにつれて高度も上がりますので、気温もさらに下がります。

くそー、革ジャンで来るんだった。

梅雨時の服装は難しいですな。
なので予定していなかったトイレ休憩を一回挟み、2時間半ほどで三瓶山の麓に到着。

遠く日本海を望むの図。
20062001.jpg
この頃になると少し雲も薄らいできました。

三瓶山高原道路は、去年来た時よりも通行が少ない印象でした。
すれ違うバイクも少ないし、やっぱコロナの影響なんでしょうかね。
なんていまいましいウイルスだ。

西の原の休憩スポットに到着。
20062002.jpg
新緑が美しいですな。

昼を過ぎるとだんだんと日差しが戻り、気温も上がってきました。
が、私の方はそろそろお腹が空いてきた感じ。
前回はコーヒーを淹れて楽しみましたが、今回は何の用意もしていませんので、素直に帰路に着きます。

また来るぞ!
20062003.jpg

帰りは北広島のいつもの道の駅でビーフカレーを食べてから帰還。
この650円のカレーが食える日が戻ってきたのが実に嬉しい。
色々ありますが、腐らず、他人を攻撃せず、前向きにいきましょう。
posted by Kei at 19:03 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

梅雨が来る前に

いまいましいコロナのおかげで私の勤め先も出勤が一日おきとなりまして、下手をすると週に5日も休みとなってしまいました。
週休5日とはなんて優雅な!とお思いでしょうが、さにあらず。
1日休んで次の日は溜まった仕事をガーっと片付けて、また次の日は休み、なんて繰り返しているとバイオリズムを保つのが難しく、思った以上に体がだるいです。

消防士さんの気持ちが分かるよ。

しかも平日は「休業」とは言いながら、結局はメールや電話への対応、下への手配など頻繁にしなければならないわけで、うかうかと遊びに出かけるわけにもいきません。
そもそも給料が減るので、遊ぶ原資もないんですけど。

そんなことで、心おきなく遊べるのは結局週末になるわけでして。
梅雨に入る前にバイクに乗っておきましょう。

本日、訪れたのは「井仁の棚田」。
20060701.jpg

家で使っている中国電力のカレンダーの今月ページで紹介されていたのに興味を惹かれて、ちょっと前から行こうと思っていたのです。
本当なら田植え直前の、水田に水が張っただけ、の時がベストだったんでしょうが、まぁそれでも新緑が映えてなかなかの景色でした。
山がちな日本には棚田が多くて、ここに限らずツーリング途中には春夏秋冬、美しい風景を楽しませてくれます。
原風景ってやつですな。

しかし、こうやって山の斜面に苦労して田んぼを作らなければ生活できなかったなんて、やはり日本は平らな土地の少ない国なんだなぁと思い知らされます。
今ある平野部も、多くは干拓や埋め立てによって作られた土地ですしね。
そりゃ土地代も高くなるよ。
posted by Kei at 17:01 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする