2017年11月25日

筒賀の大銀杏

そう言えば、広島県には日本でも有数の銀杏の樹がありまして。
「筒賀の大銀杏」がそれで、私がよく通るワインディングの脇に立っています。
50メートル近い巨木でして、秋には黄色く染まった葉で観光客の目を楽しませているとか。

…よく通るのに、しっかり見たことないな。

てなわけで行ってきました。
まずはいつもの加計を経由しましてですね。
17112501.jpg
加計はいいなぁ。
住んでみたいなぁ。
ま、実際住むと色々大変なんだろうけど。

道の駅「来夢とごうち」でトイレ休憩の後、国道186号でしばらく山に入ると到着です。
ババーン!
これが筒賀の大銀杏だ!
17112502.jpg

あらま。
残念ながら既に葉っぱが落ちてしまっていますね。
ちなみに推定樹齢1,100年。
幹周りは8.2メートルだそうです。

地面にはこの通り、銀杏の葉が絨毯のように。
17112503.jpg

付近の建物の屋根に積もった葉を、関係者の方が登ってブロワーで吹き飛ばしていました。
ご苦労様です。

筒賀の大銀杏は大歳神社という神社の境内にありますので、私もお賽銭をあげてお参りしておきます。

手水にも葉が浮かんで…。
17112504.jpg
って、これは紅葉の葉じゃねぇか。
誰か意図的に入れたな?
(俺じゃないよ、ホントだよ)

さて銀杏も見たことですし、山を越えて帰りますか。
と、再び国道186号を走り始めますが、とにかく寒い。
途中の温度表示は4度。

うわ、そりゃ寒いはずだぜ。

なんて思っていたら。
17112505.jpg
雪かよ!

峠を進むにつれてさらに道路左右の雪の量は増え、路面は雪解け水で完全にウェット。
寒さで身体がこわばっているのに加えて路面がこれではスムーズな走りなどできやしません。
途中、真っ白になった棚田の良い風景があったのですが、もう寒さで気力が萎え萎えだったので、止まって写真を撮ることもしませんでした。

そんなこんなで歯をガチガチ言わせながら峠越えを果たして無事帰宅。
もう県北はそろそろ打ち止めかなぁ。
posted by Kei at 18:59 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

紅葉の悲劇

広島もそろそろ紅葉が見頃。
では、ということで、私もR3さんで紅葉見物に出かけました。

いつもの加計方面へ。
17111201.jpg

そこから国道186を北上し、温井ダムの貯水池周辺で見物です。
17111202.jpg
真っ赤、とまではいきませんが、多彩な色が入り混じって、これはこれできれい。
やはり多様性とか個性というのは世界を豊かにしますな。

展望台から貯水池の眺め。
17111204.jpg
うむ、美しい。

こちらは反対側。
17111203.jpg
下の方にR3さんが。

さて、紅葉も堪能したし、日が陰って冷えてくる前にそろそろ帰りますか。
その前にコーヒーブレイクでも…。
と思って湖畔のサイクリングセンターの駐車場に入ったことで、ちょっとした悲劇が。

日曜日ということで駐車場はいっぱい。
二輪専用の駐車場もないし、うーんどうしよう、と二速アイドリング近くのトロトロスピードで駐車場をぐるりと回っておりまして。
あちこちよそ見をしていたのがいけなかった。
知らぬ間に上り勾配に差しかかっていて、不意にストンとエンジンストール。
ちょうど右にリーンしていたものだから、ガクンとフロントフォークが縮んだ反動もあってバランスが一気に崩れ、あれよあれよと右にバターン!

げげ、立ちゴケかよ。
しかもまさに絵に描いたような立ちゴケ。
教習所を卒業してから初めてだ。

R3は軽いのですぐに起こすことができましたが、なんせ初めてのことだわ観光客はたくさんいるわで滝汗。
こりゃもうコーヒーどころじゃないからさっさとズラかろう、と思うのですがエンジンがかからない。
3回セルを回すもダメ。
え?どっかダメージ受けた?

あ、そうか。
今のバイクは転倒した時はセンサーで燃料供給が自動的にカットされるから、一旦メインスイッチを入れなおさないといけないんだった。
てなことを思い出し、キーをオフにしてから再度オン、そしてセル始動。

キュイン、ドドドゥ!
やった、偉いぞR3!
さあ、とっとと逃げるんだ!

右のミラーがあさっての方向を映しているのもガン無視し、何事もなかったかのように装いながらフンフンフーン♪と駐車場を後に。
いや〜、ヘルメットがフルフェイスで、しかもスモークのバイザーで良かった。

とは言え、R3さんの状態は気になるので、最寄りのコンビニの駐車場に滑り込み、各部を詳細にチェック。
まずは右ハンドルのバーエンドとブレーキレバーに小傷が。
17111205.jpg

そして一番大きな傷はマフラー。
17111206.jpg

幸いにしてカウルは無傷。
右のフロントウインカーのゴムのステーが飛び出して全体が軽く曲がっていましたが、指で押し込んだら元に戻りました。
後はミラーの先端にも軽い傷。
ま、ごくごく軽傷で済んだと言えるでしょう。

ふう、助かったぜ。

ちなみにバーエンドは軽くペーパーをかけて必殺の油性マジックで塗ったらほとんど目立たなくなりました。
ブレーキレバー先端もペーパーで磨いて、まぁよし。
マフラーはさすがに油性マジックというわけにはいきませんから、耐熱ブラックのスプレーを買ってきて軽く吹いておきました。

好事魔多し。
油断しちゃいけませんね。
次から気をつけよう。
posted by Kei at 18:40 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

ケツがちいせえんだよ

私もバイク好きの端くれですから、それにまつわるニュースは当然興味を持って見ています。
最近ですと東京モーターショーやEICMAでの新車種発表はワクワクもんですね。
しかし、ここ最近発表の新車種を見ていてちょっと気になることが。

なんでそんなにリアが小さいんだよ?

私がバイクを見る時、それにまたがって北海道かどこかの自然豊かな土地をツーリングしているシーンを想像するのですが、最近のバイクはどれもこれも後ろに荷物が積めなさそうなデザインばかり。
跳ね上がったテールにちょこんと乗った薄っぺらくて面積の小さなシート。
キャリアやグラブレールどころか、荷かけフックすら見あたらないリアフレーム。

どうやったらキャンプ用品が積めるんだ?

もちろん、純粋なスポーツモデルやカフェレーサーみたいな、車両としてのコンセプトがそういうヤツなら文句はありません。
でもネイキッドやストリートみたいに明らかに汎用モデルだろ、っていうバイクまでが積載を考慮されていないのには萎える。
それに乗って新しい世界を見るんだ、というイメージが希薄なんですな。
どいつもこいつも「旅の友」と言うより「ちょっと散歩する相棒」みたいな感じ。
これじゃ買い物もできやせんよ。

そりゃもちろん、デザインがカッコいいに越したことはない。
でもテールをコンパクトにするだけがカッコいい、じゃないと思うんですよね。
メーカーさん、もうちょっと考えて。

ま、キャンプに行くことが分かっているのにR3を買った俺もどうかとは思うが。
posted by Kei at 23:57 | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

空港一つで文句だらけ

そう言えば、まだ広島空港には一度も行ったことなかったな、とふと思い立ち、連休最終日の今日、行ってみました。
呉から竹原を経由して空港着。
17110501.jpg

しかし岡山空港も大概ヒドい場所にありますが、広島空港にいたってはもう単なる“広島県にある空港”でしかありませんな。
何を考えてこんな場所に空港作ったんでしょうか?
地方都市の発展とか利用者の利便性とか、ほんの1ミリも考慮されていない。
まぁ、どこかの誰かの懐が大きく潤ったんでしょうけど、こういう真っ黒な公共施設を見ると腹が立って仕方ありません。

バカじゃねえの。

腹が立ったと言えば空港内で食事をしたんですが、あの料金、あのクオリティ、あの接客でよくやれているな、と思います。
市場の競争原理が働かないと成長がないものの見本ですよ。
前世紀、社会主義国家が軒並み停滞したのも頷ける。

さて、文句ばかり垂れても仕方がないので高速道路を使ってさっさと帰りましょう。

温暖な瀬戸内とは言え、11月ともなると夕刻はかなり冷えてきます。
そろそろバイク乗車時の防寒体制も整えないといけませんね。

広島高速のPAから沈みゆく夕陽を眺めるの巻。
17110502.jpg
夕陽を見ると焼き芋食いたくなるんだよな。
posted by Kei at 19:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

秋キャン堪能

うむ、準備よし!
17110401.jpg

ということで、秋のキャンプツーリングに行ってきました。
続きを読む
posted by Kei at 15:19 | Comment(0) | YZF-R3ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする