2017年07月17日

インナーキャップを試す

夏は当然汗をかく、ということで、こんなものを試しに買ってみました。

RSタイチのクールライドヘルメットインナーキャップ。
17071601.jpg
ヘルメットの下に被るシーツのようなものですね。
軍用機のパイロットも、ヘルメットの下に同じようなキャップ(確かスカルキャップと言ったっけ?)を被っていたと思います。

私の主目的はヘルメットの汚れ防止。
夏場にヘルメットを被ると、どうしたって頭は汗まみれになりますから、当然内装の汚れ方も激しいわけです。
最近のヘルメットは内装を外して洗えるようになってはいますが、付け外しはかなり面倒くさい作業ですし、洗った後に乾くのも意外に時間がかかる。
それに汚れてくると匂いも気になります。
これを使うことで内装の汚れがある程度防げ、洗濯頻度が下がればいいな、と思って買った次第。

2枚入りのパッケージから取り出したところ。
17071602.jpg
特に何の変哲も無い水泳キャップの速乾素材版、と言った感じ。

ロゴが入っていますが、あまり形状に前後はなさそうなので、どっちを前にして被っても良さそう。
どのみち上にヘルメットを被るので、見えることもないですし。

何度か使ってみた感想ですが、結構いいです。
夏場はヘルメットを脱ぐと汗で内装がジメッとしているものですが、これを被ることでそれがかなり防げます。
当然、汚れの付着も軽減されているでしょう。
そして1日使った後でも、キャップ自体サラッとしていて匂いもありません。
これなら使うごとに洗濯する必要もなさそうです。
伸縮性の素材がぴったりフィットで髪の毛は当然ペッタンコになりますが、バイク乗りはそんなこと気にしちゃいけねーよ。

ただ、薄いとは言え、ヘルメットの下に一枚追加するわけですから、若干フィッティングがタイトになるのは仕方のないところ。
後、ヘルメットを脱ぐと必ずキャップも一緒に脱げます。

amazonの口コミではサイズが小さいとの意見が多いですが、ヘルメットのインナーキャップですからこんなもんだと思います。
大きいとヘルメット被った時にズレたり、はみ出したりして視界が妨げられるよ。
てか、元々amazonのカスタマーレビューって勝手な文句が多いよね。
あんま参考にならんから私は真剣に見ないようにしています。

価格は2枚入りで大体2,000円前後。
よそのメーカーからも似たようなのが出ていますが、性能的にもあまり大差はないでしょう。
posted by Kei at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする